鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:デブ

 (22コメント)

03

883: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/29(金) 19:46:50.33 ID:/uKvLBYO
体重を聞かれて答えたら、デブじゃねーか痩せろと罵られたとき
確かに私は160センチ55キロで、数字だけ見ればちょいぽちゃという人もいるかも
でも実際は筋トレが趣味で腹筋は縦割れしてるし、3サイズはグラビアの公称レベルの体型管理を徹底している
これまで身体を褒めまくってたのはなんだったのか
ブスと呼ばれるなら納得できた、事実ブスだから
でもプライド持って努力してきたことを貶されるとダメだね

何よりムカつくのはそれを言った元彼が175センチ90キロのデブだということ
オタク気味であんまり女慣れしてないところが好きだったけど、目の前の彼女より2次元の数字を信じる男なんかいらん

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード
809: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/04(月) 18:53:17.80 ID:FHzqf0Xy
流れは読まない。 
小学校低学年だった時、家族ぐるみの付き合いをしていた数世帯の同級生ファミリーと一緒に外出し、お昼になったのでうどん屋に入った。 
巨豚だった私はいつもえび天うどんを頼んでいたが、その日は何故かざる蕎麦が食べたかった。だから何の気なしに「私、ざる蕎麦」と注文した。 
母と同級生母sがキレた。 
曰く、人前だからって遠慮するな!食べたいものを食べろ!今はダイエットとかを気にする年齢じゃない!等など。 
私は「だからざる蕎麦が食べたいの!」と主張したが、それはデブの見栄だと一刀両断された。 
結局ざる蕎麦をたのんだけど、周りからずっとぐちぐち責められ続け、半泣きになりながら食べた。 
帰りの車中、ぐったりする私に母sは「だから言ったでしょう!お腹いっぱいじゃないんでしょう?」とおにぎりを差し出した。 
いまだにざる蕎麦がたのめない。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

shutterstock_186457184
65: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/29(火) 13:55:06.94 ID:jd8VgnJv
ダイエット食品の、「食べて痩せよう」という神経が理解できない
運動すればいいだけだし
バランスのとれた食生活なら太りもしないのに
「これを食べればオッケー!」って怠けて痩せようって根性だからデブなんでしょ

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

shutterstock_186457184
630: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)17:14:08 ID:hJtByb7tE
6年前の話。仕事の健康診断で一年前より体重が1キロ増えた。
それを何気なーく当時の同棲していた彼氏に報告したら、お前の作る料理が悪いと散々貶された。彼氏は2キロ増えており、これも私のせいにされた。(夜食にインスタントラーメンを食べているくせに)

腹が立って次の日からカロリーを抑えた質素な料理に変えたら、星一徹みたいに机を引っくり返し料理をぶちまけやがった。
こんなん食えるか!昨日までのレベルの食事に戻せ!だとよ。
体重が増えたのは私の料理のせいなんでしょ?だからカロリーオフの料理を作ったんじゃん!と言い返したら、料理のレベルを下げるのは許さない。でも体重が増えたらお前のせい。と笑いながら言われた。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

旦那浮気

476: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/05(火) 15:06:29.82 ID:68PPt5MF
理不尽冷め。
十数年前に付き合ってた元彼は、真面目で優しくて、そこそこ稼いでて、顔もカッコよくて、清潔感があって仕草も綺麗で、非の打ち所がない人だった。
私みたいな暗くて冴えないデブスには勿体無い人だった。
それでも、向こうが情熱的にアプローチしてくれて付き合えた。(どうもデブ専だったようだ)
いつもさりげなくリードしてくれて、本当に愛されてると実感してた。

ただ、時々食事中にものすごく気持ち悪い顔をする。口を開けた瞬間、片目を瞑って、もう片方の目はあらぬ方向を向いて、何故かその時だけすごく皮膚がしわくちゃになった。ぶっ壊れたゴム人形みたいな顔。
本人は全くの無意識で、指摘したら「ごめん!気をつけるね!」と素直に謝ってくれた。優しい…!

だけど、油断するとまた変な顔になる。それがどうしても無理になった。普段カッコイイのに、とんでもなく不細工になる度に冷めていった。

別れを告げると涙ぐみながら「わかった。生理的なものは仕方ないね」と了承してくれたが、その時もタコみたいな顔になった。

風の噂で、彼は今、幸せな結婚生活をしているらしくて良かった。
私はアラフォー独身。あんなに大切にされたのは人生でこれから先もないだろう。私が悪いけど、思い出だけで生きていく。

この記事の続きを読む >