鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ストーカー

 (15コメント)

ダウンロード (14)

384: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/29(日)10:05:21 ID:8By
(1/4)

吐き出し。長いので分割します。

・私…会社員・30女で独身。化粧っけが無く地味。

・おっさん上司…50歳男で独身。今年から異動してきて同じ部署の上司になった。
  去年までは違う部署だったので社内で挨拶する程度。
  正直言って容姿は良くなくテンパで口下手でメタボ。


昨日、仕事があって会社に夜10時くらいまで残ってた。
おっさん上司も、別の仕事で残ってた。フロアには私とおっさんの2人だけ。

「食事とかどうしてるの?」って聞かれたので
「あー家に帰って食べたり、食べなかったりですね」って適当に答えたら
「このあと一緒に食事でもどうですか」と誘われた。
気持ち悪くて「いや・・・家で食べるので」って断った。

これだけだと「食事に誘っただけで気持ち悪いなんて酷い」
って思われるかもしれないけど、実は4年前にも誘われたことがある。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

414

20: おさかなくわえた名無しさん 04/09/14 17:30:55 ID:MzALVye+
こっちが少し距離を置きたいって言ってるのに毎日ポストに手紙を入れていくキモイ行為。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード (72)

840: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/22(金) 11:55:33 ID:qVmCp9Ob
つきあってくれと言われて、結構可愛い後輩(男性)だったので悩んだ。
私はその後輩より3歳も年上で、可愛いけど、こちらが犯罪みたいな気もしてたから
結構悩んでますよと説明し、わかったと可愛く返事もするがイライラしてるのが伝わる。
数日後の金曜日、バス停でバスを待っていると何故か今日はタクシーで帰らねばならないような
そんな気がして、落ち着かないのでバスはやめてタクシーで帰宅。
タクシーから降りて、ふだんなら入ってすぐ電気をつけてからカーテンを閉めるのに
その日はカーテンが先じゃなきゃいけない気がして、完全遮光のカーテンをぴたりと閉め、
時計を見たら20時ちょうど、風呂入って、御飯食べて、のんびりして寝た。

休日の朝は5時起きで洗濯掃除だと決めているのでシャキシャキとカーテンを開け、
鼻歌まじりに洗濯物を分別していたら家電が鳴る、出たらその後輩だった。
「ゆうべからずっと見てました、朝帰りなんてひどいよ、僕を騙したんですね!」
やっぱり18と21ってダメだな、と丁重にお断りしたけどその後付きまとわれて困った。
しかし一晩家の外で待ってるとは、若いって体力あるのねとちょっと感動した。
携帯は会社のしか持って無かった時代、いや怖かった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

414

217: おさかなくわえた名無しさん 05/03/18 14:26:29 ID:yWG0DJIi
元カレは会社員で会社の寮住まい、土日休み。私は販売業で土日休みは絶対に無理。
学生時代から付き合っていてお互いに就職してなかなか逢えなくなった。
それでも休みや時間を何とかやりくりしてあってんだけど、元カレのほうがだんだん切れてきて
「俺と仕事とどっちが大事なんだ!」
とどなる。
「もちろんあなただよ」
と答えたら
「なら仕事をやめろ!」
はあ?とおもって仕事はやめないよというと殴られた。

そんなことがなんどもあって、それでも仕事仕事でいそがしかった私にはらをたてたのか
別れ話をもちかけられた。わたしも仕事がいそがしいし、ちょっとさめ始めていたので
あっさりOKしたら職場にストーカーされた。土日の仕事が終わる時間に社員の通用口でまちぶせされた。
気味が悪くなって職場の上司に相談したら、男の同僚に駅まで送っていくよう手配してくれた。

そしたら電話をしてきて、
いかにおまえのために俺はお前のことをかんがえているか
お前のために身を引く
という話を一時間聞かされた。それも泣きながら(会社の寮の公衆電話から)。

それで完全にさめてしまった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

no title

811: おさかなくわえた名無しさん 2015/01/23(金)05:40:48 ID:Rfu
ありがちだけども、ストーカーされて頃されかけた話
フェイク有り、私の人間性が腐ってるので胸糞注意

ネトゲで知り合った男性がいた
ラブラブの彼女が居てリアルでも同棲してるとかなんとか
年収が25で500万あるとかで自慢してたが、当時高1だったので年収何じゃそりゃ状態
彼女はネトゲやってなかったので男性とだけ仲良くなったが、そのうち彼女と上手く行かなくなってきて愚痴を聞くようになった

この記事の続きを読む >