鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ストーカー

 (6コメント)

af9920042581w-400x267
82: 名無しさん@おーぷん 2014/10/31(金)19:36:21 ID:oJtbLbCeS
彼女の修羅場
自分も彼女も大学生。彼女は見た目が清楚系(黒髪、華奢、低身長、可愛い)なせいか妙な男から好意を寄せられやすい。
鞄にコンドームを突っ込んだり、飲み物に切った爪を入れようとしたり、ハードなポルノ雑誌を渡したりと、彼女に言い寄る男は主にクズな方法で彼女にアプローチをする。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

images (34)

920: 恋人は名無しさん 2017/04/03(月) 18:02:22.97 ID:ajWGd3J10
付き合いたての彼氏からくるライン、
「今お昼ご飯くらいの時間だね、おつかれ」「そろそろ寝る時間だね、おつかれ」
こんな感じでなんか監視されてるような、ストーカーっぽい雰囲気を感じて気持ち悪いと思ってしまう
あと私が言った細かい話を覚えて「今日は〇〇する日だったよね」とか、言ってないはずなのに私の細かい情報を知ってたり…
こういうのって普通ですか?
正直元喪なのでカップルがどんなやり取りするのが普通なのかよくわからなくて戸惑ってます

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

654

96: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/24(土) 22:59:09.98 ID:3bpTbKPD
正式に婚約してた訳じゃないけどお互いの実家に行ったりして結婚の話もしてた彼女
休みの日に彼女の部屋に呼ばれていきなり「他に気になる人がいるの・・・どうしたらいいかな」と言われてはぁ?と思ってたら
○○君の事は大切だけどどうしても気になっちゃうの!とか一人で色々言い始めたのを見て冷めた
んでどうでもよくなって「そっか、んじゃその人と付き合えば?さよなら」って言ったら
(゜д゜)って顔した後にあたふたして何か言ってたけど無視して帰った

その後一年ぐらいストーカーされたうえ、最後は俺の部屋の前で待ち伏せして今カノと鉢合わせして
発狂して騒いだ挙句に俺に蹴り入れようとしてすっ転んで頭打ってのたうち回ってのを見てさらに冷めた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

no title
657: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)11:10:17 ID:xmJcplJRy
5年ぐらい前、私がまだ20代の頃の修羅場。
長いので面倒臭い人はスルーして下さい。

当時アパートで独り暮らしをしていた。
ある時、会社から帰ってくるとポストに一通の封書が入っていた。
差出人の名は無くて、中にはある有名な舞台のチケットと手紙が入っていた。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

899

163: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)14:12:44 ID:gB6
フェイク少しあり、辻褄合わなかったらすみません。

お金がなかった頃、2年間くらい学生中心の安いマンション(一応マンションの括りだった)に住んでた時のこと
ある夜、郵便受けの前で私宛の郵便とチラシなんかを仕分けてたら、いきなり後頭部を固いもので「ガンッ」と殴られ、勢いよくおでこを郵便受けに激突しそのまま横にドサッと倒れてしまった
訳が分からず、かなり痛くて泣きながら見上げると、コンクリートのブロック?を持ったままこちらも若干泣いてる若い娘さん、と言っても私と同い年くらいの子がいた
するとその子は「え?あれ…?」と狼狽えながらぺちょんと尻餅をつき、その後ろでサラリーマン風の男の人が通報してるのが見えたところで、私の記憶は途絶えてる

気づいたら病院のベッドで横たわってて、母親が横でお茶飲んでた
結果から言うと、まず怪我は本当に大したことなくて、血が大げさに出たくらいだった
また私のことを殴った女性は実は私3つほど上で、なんと1年ほど女性のストーカーによるノイローゼに悩まされていたらしい
その時髪をばっさり切った私の後ろ姿がとてもそのストーカーにそっくりで、自分の郵便受けを漁ってるように見えた為、このようなことをしでかしたと、退院後にかなりの額のお金を携えて、自身の両親と一緒に私の家に謝罪しに来てくれた
私は母親から人間違えで殴られたとしか聞いてなくて、かなりムカついていたが、その事情と、女性のやつれ具合にかなり気の毒になってしまい、お金は治療費しか受け取らず(かなりごねられたが)、母親が私に置いていった、地元の名産品を渡した
この件がきっかけで、すぐに女性は実家に帰り、私もしばらくして転勤で引っ越すことになった
殴られたことより、ショックで失禁していたらしいとコッソリ教えられたことが修羅場だった…orz

その女性が子どもが生まれたと連絡をくれたので、なんとなくカキコ

この記事の続きを読む >