鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:スウェット

 (0コメント)

12

387: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/07(木)08:40:08 ID:???
テレビに出てる女優さんやモデルさんを見て、
トメ妹「なんでこいつら程度でテレビ出てんだろwまじ顔面凶器w
あたしの方が数百倍は可愛いんですけどwww」
トメ「ほんとよね~。世の中狂ってるんじゃないかしら~。」
どこが可愛いんだよ。
最大限贔屓目で見てもコモドドラゴンとホンコンの混血種だろ。
狂ってんのはてめーらの脳みそだバカヤロー。
先月54になったんだからそろそろ!そ・ろ・そ・ろ!アホ中学生みたいに、前髪をゴムでピヨッて括るのとかピンクのスウェット上下&キティーちゃんの健康サンダルで徘徊すんの辞めろ。
お前のかーちゃん泣いてたぞ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

411

525: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/04(土) 21:21:06.14 ID:2XDfDSWp
結婚してすぐ、夫から二点ダメ出しされ改善命令を出された。
「家の中では化粧禁止、着用するのはスウェットスーツかジャージの上下のみとする」
私は休日でも朝起きたら化粧をして洋服に着替えていつでもすぐに出掛けられるよう、誰かが訪ねてきても慌てずにすむようしておきたかったのだが、夫は大の化粧嫌い(口紅すら嫌がる)でスウェットスーツ愛好家なので夫に従った。
その後、夫は仕事から帰宅するとスッピンでスウェットスーツ姿の私の顔をいとおしげに両手で包んで「俺はやっぱりスッピンの私子が好きだよ…」とうっとりしているので、「夫のためにこれからも家の中ではスッピン&スウェットスーツでいよう」と心に決めた。
半年後、夫が不可解な事を言い出した。
「私子もすっかりおばさんだね(見下したように)」
「私のどこがおばさんなの?(当時まだ21才)」
「いつもスッピンでスウェットで・・・(軽蔑したように)」
「私はあなたの命令に従ってこうしてるのよ?」
「口紅くらい塗れ!」
「口紅さえ塗るなと言ったのはあなたよ?」
「スカートくらい穿け!」
「着用してよいのはスウェットスーツかジャージの上下のみと言ったのはあなたよ?」
「あーあ、すっかりおばさんだな!」
「なにが?」
「私子が」
「だからなんでそうなるの?」
「いつもスッピンでスウェットだから!」
「だからそれはあなたが・・・」
以下、無限ループ。

離婚しますた。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

085

299: 恋人は名無しさん 2014/02/01(土) 09:41:05.81 ID:cHHPOmIoI
元彼がスウェットで普通に出歩く人種で、私がコンビニ行くのに普通の服装に着替えてたら、
「コンビニ行くのに何オシャレしてんだよwだっせぇなww」みたいにpgrされたけど、スウェットのお前とはみっともなくて一緒に歩きたくないという気持ちがものすごく大きくなって別れた。
他にも他人とは違う俺カッコイイ的な発言が三十路過ぎても多くて恥ずかしい人だった。
ヤンキーというか、チンピラかぶれの小物のくせに偉そうに見下してきてたし…

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

085

299: 恋人は名無しさん 2014/02/01(土) 09:41:05.81 ID:cHHPOmIoI
元彼がスウェットで普通に出歩く人種で、私がコンビニ行くのに普通の服装に着替えてたら、
「コンビニ行くのに何オシャレしてんだよwだっせぇなww」みたいにpgrされたけど、スウェットのお前とはみっともなくて一緒に歩きたくないという気持ちがものすごく大きくなって別れた。
他にも他人とは違う俺カッコイイ的な発言が三十路過ぎても多くて恥ずかしい人だった。
ヤンキーというか、チンピラかぶれの小物のくせに偉そうに見下してきてたし…

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

411

525: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/04(土) 21:21:06.14 ID:2XDfDSWp
結婚してすぐ、夫から二点ダメ出しされ改善命令を出された。
「家の中では化粧禁止、着用するのはスウェットスーツかジャージの上下のみとする」
私は休日でも朝起きたら化粧をして洋服に着替えていつでもすぐに出掛けられるよう、誰かが訪ねてきても慌てずにすむようしておきたかったのだが、夫は大の化粧嫌い(口紅すら嫌がる)でスウェットスーツ愛好家なので夫に従った。
その後、夫は仕事から帰宅するとスッピンでスウェットスーツ姿の私の顔をいとおしげに両手で包んで「俺はやっぱりスッピンの私子が好きだよ…」とうっとりしているので、「夫のためにこれからも家の中ではスッピン&スウェットスーツでいよう」と心に決めた。
半年後、夫が不可解な事を言い出した。
「私子もすっかりおばさんだね(見下したように)」
「私のどこがおばさんなの?(当時まだ21才)」
「いつもスッピンでスウェットで・・・(軽蔑したように)」
「私はあなたの命令に従ってこうしてるのよ?」
「口紅くらい塗れ!」
「口紅さえ塗るなと言ったのはあなたよ?」
「スカートくらい穿け!」
「着用してよいのはスウェットスーツかジャージの上下のみと言ったのはあなたよ?」
「あーあ、すっかりおばさんだな!」
「なにが?」
「私子が」
「だからなんでそうなるの?」
「いつもスッピンでスウェットだから!」
「だからそれはあなたが・・・」
以下、無限ループ。

離婚しますた。

この記事の続きを読む >