鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:コンビニ

 (0コメント)

8058
67: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/28(土) 19:15:49.67
バイトに行ってるコンビニが今修羅場 
なんか変なやつがくるようになった 
バイトやパートのおばさんにメチャクチャからむ 
特にオレら見たく大学生くらいの年の男がタゲられてる 
弁当を袋に入れる時傾けたやら 
袋に雑誌を逆さまに入れたやらでネチネチネチネチからむ 
笑顔じゃなかっただの釣りの渡し方が悪いだの 
クレームつけられたバイトは他からは別に何も言われてない 
個人じゃなくて、バイトが気に入らないらしい 
男連中の中では、バイト終わりを待ち伏せされてからまれたやつもいて 
やめたやつもいる 
コンビニバイトに恨みでもあるんじゃね?って噂してたら 
オーナーが出禁にしようかって言ってるが 
どうも前にコンビニで暴力事件起こしたらしい 
コンビニのバイト殴って裁判になったらしいと 
他のコンビニのオーナーから回ってきた 
逆恨みされたら困るしだが 
そいつが来ると他のお客さん出てっちゃうくらい 
メチャクチャなんだよ 
正直やめたいがオーナーに懇願されてるからなあ 
バイト最大の修羅場

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

085

299: 恋人は名無しさん 2014/02/01(土) 09:41:05.81 ID:cHHPOmIoI
元彼がスウェットで普通に出歩く人種で、私がコンビニ行くのに普通の服装に着替えてたら、
「コンビニ行くのに何オシャレしてんだよwだっせぇなww」みたいにpgrされたけど、スウェットのお前とはみっともなくて一緒に歩きたくないという気持ちがものすごく大きくなって別れた。
他にも他人とは違う俺カッコイイ的な発言が三十路過ぎても多くて恥ずかしい人だった。
ヤンキーというか、チンピラかぶれの小物のくせに偉そうに見下してきてたし…

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

gatag-00002052

739: おさかなくわえた名無しさん 2008/09/19(金) 22:44:28 ID:gAU90Cdt
コンビニで並んでた時、俺らの前にいるちょっと太った女の子が
アイスを幾つかまとめ買いしていて、
それを見て彼女がニヤニヤしながら
「えーあれ全部1人で食べるのかなー?」と小声で(でも周りには十分聞こえる音量)で言った時。

誰が何を買って食おうが人の勝手だし
だいたい一気に食うかどうかなんてわからんのに。
すっげー性格悪いと思った。

いつもはもっと親切で気の利く子だと思ってたんだけど
飯食ったばっかで2人とも気分がくつろいでたから本来の性格が出たんだと思う。

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

302

280: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/28(木) 19:32:16 ID:XhCiefrX
昔、私がコンビニでアルバイトをしていた時の話。
夏休みにになると連日、朝から晩まで不良中高生の溜り場となり
店の駐車場にたむろしたり、雑誌を座り込んだりしていて
毎年のように困っていた。店長も注意したり、ひどい時は
110番通報することもあった。
そんなある日の深夜、そいつらはいつもなら5人前後で店内外を
うろついているのだが、珍しくその日だけ2人だけで雑誌を
座り込んで読んでいた。私が座り読みをするなと注意するが
もちろん言うことを聞かない。いつものことだと諦めていた。
そうしたら1人の少年がもう1人の少年に向かってこう言った。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

141-4132_IMG
966: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 13:32:30.51 ID:GYyaHtRn
コンビニ夜勤中、「スマホの電池が切れたから充電させて!」と若い女が来た。
でもうちの店では禁止事項なのと、そういうことを許すと他の客にも示しがつかないので丁重に断り、公衆電話の場所を教えた。
すると女は納得した様子で引き下がった。

と、普通はこれで終わる話だったんだが…数十分後、そいつの親だというBBAから電話があった。

「娘が友達とはぐれて困ってるのに(←初耳の事情)何でそれぐらいしてくれないの!」
「震災で助け合いが重要な時期なことぐらいわかってるでしょ!」
「私の近くの店ではやってくれるのに!」
「私、(コンビニチェーンの)上の人知ってるんですよ!」
「あなたどういう教育受けてるの!」

と、自分勝手なご高説を夜中の三時過ぎにも関わらずギャンギャン捲くし立てるBBA。
とりあえず面倒なのでうわべだけ謝り倒したが、途中、

「その充電やってくれる近所の店って、てめえがキチガイだって分かってる仕方なくやってやってんじゃねえの?」

という言葉が喉まで出掛かったがどうにか堪えた。ここまでのモンスターに遭遇したのは初めてだった。

この記事の続きを読む >