鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:コミュ障

 (5コメント)

07

674: 彼氏いない歴774年 2012/03/27(火) 19:19:02.56 ID:NpiK/iw7
唯一の友人に一年分の給料を使い込まれていた事。

うちの給料は封筒に入れた現金を手渡しのため、給料日に必要分だけ財布に入れ、
残りは封筒ごとタンス貯金し一年毎に貯金、というのを毎年続けていた。
今年も年度分をまとめようとしたらすべての封筒がカラだった。
泥棒に入られた覚えもなく、家に上がってくれるような人は彼女だけ。

聞いてみたところ認め、少しずつだけど絶対に全部返す、と言う。
でもお金を盗られて怒るとか裏切られたとかいう気持ちより、
コミュ障の自分の唯一の理解者が離れていってしまう方が怖い。
収入の安定しない彼女には結構な負債だろうし、大事な友人に犯罪行為を
させてしまった一因に自分の無神経さが大きく関わっていると思うと、もうやりきれない。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

聞こえないふりをする男性
449: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/18(水) 13:29:06.80 ID:ouRCaCwt
A「ボソボソボソ…」
同僚「ごめん聞こえない、もう一回言って」
A「もう言いました」

声が低いうえにこもってて聞き取りづらいAの声
しょっちゅう聞き返されることにイラついたのか、最近は誰に対してもこんな感じ
こりゃあクビも間近かな

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

MDKafRUloxbOx7r_Qo4MX_5
21: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/19(木) 23:50:39.18 ID:jZybK/7F
友達が私のスペックで出会い系やってた>名前とか生年月日とか
そんでメアドまで私のに変更しようとして私の携帯に通知きて発覚した
絶交するって言ったら「そのくらいのことで友達やめるなんてその程度の絆だったんだね」とか言われた
近所の子だったから10年以上の付き合いだったんだよね
これきっかけで友達が0になってしまった
コミュ障だからこれからずっとぼっちかもしんない
ていうか相手がそんな風に私を見てたんなら今までもぼっちと同様だったってことなのかな
この先いきていけるか不安です

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

258

136: 1 2013/01/31(木) 15:12:39.03 0
まいった。
カメラが趣味の実兄が俺嫁の写真を撮りまくって人生初の大喧嘩になった

俺と兄は結構な年の差があって、俺夫婦20代後半、兄夫婦40初め。
兄夫婦はオタクで、若干コミュ障気味。兄は女性が特に苦手。女嫌い。
だから兄嫁も女の雰囲気が一切無い人。でも特に問題なくやってきた。
しかしここへきて兄が「人を撮りたい」って俺嫁を撮りまくる。
兄は高い機材を沢山持ってて実際写真も上手い(と思う。)
普段は鉄道とか風景撮ってるらしいんだが実は人が撮りたかったと。
で、俺嫁を撮る。確かに俺嫁は若くて可愛いが、ぶっちゃけ迷惑。
最初はそんな事無かったけど、結婚式の時にカメラ役を頼んでから
何かが弾けたらしく、その後会う度に断りも無くずーーーっと撮ってる。
今までは年に数回会うだけだったのに俺が結婚してから毎週集まりたがる
自然な仕草が撮りたいとかで食事中でも寛いでいる時でもカシャカシャ
んで俺がせわしないからやめろっつって止めさせる。その繰り返し。
だから最近はもう会わないようにしてた。
そんなある日母親が「お兄ちゃんが写真の賞取った!」と連絡してきて
それは凄いと久々に実家に集まったらなんと俺嫁の写真だった。
しかも最近の。会ってねえ時の奴。こっそり近所に来て撮っていたようだ。
完全に盗撮じゃねえか。どういう事か問いつめると、兄はおどおど、
母親と兄嫁は「奇麗に撮れてるんだからいいじゃない、アートだよ、
モデルに選ばれて嬉しいでしょ」なスタンス。呆然とする嫁と俺。
その瞬間、兄がカメラ取り出して俺嫁を撮り始めた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ios7_line_bug_0
21: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/19(木) 23:50:39.18 ID:jZybK/7F
友達が私のスペックで出会い系やってた>名前とか生年月日とか
そんでメアドまで私のに変更しようとして私の携帯に通知きて発覚した
絶交するって言ったら「そのくらいのことで友達やめるなんてその程度の絆だったんだね」とか言われた
近所の子だったから10年以上の付き合いだったんだよね
これきっかけで友達が0になってしまった
コミュ障だからこれからずっとぼっちかもしんない
ていうか相手がそんな風に私を見てたんなら今までもぼっちと同様だったってことなのかな
この先いきていけるか不安です

この記事の続きを読む >