鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ギャンブル

 (0コメント)

555

615: おさかなくわえた名無しさん 2016/04/06(水)11:20:08 ID:fWL
もう10数年前になるけど、今でも鮮明に覚えてること

義父は私と夫が結婚するずいぶん前に死去していたはずなのにいきなり本人がひょっこり現れて
「ただいま」なんて言うもんだから、義母がびっくりして卒倒した
ショックで人間が白目剥いて失神するところ初めて見た
支えようとして下敷きになって足首ひねって痛かった記憶w

義父はその20年くらい前に行方不明になって、ぼろぼろになった服だけが近くの山で見つかってた
認定死亡が使えなくて、7年待ってから失踪宣告という流れだったそうだ
いつの間にか別の土地にいってどうにかこうにかして暮らしていて、最近になってふともともと暮らしていた
住所の近所に来てしまい、懐かしさのあまり家を訪ねてみたらまだ家族が住んでるっぽい→ただいま!という
感じだそうで、息子大きくなったなぁ嫁(夫の母)も相変わらず綺麗だなぁとか、ぽろぽろ泣いてた
どうやって暮らしているか言わなかったけど、小奇麗な見た目だったのでそれなりに食べていけてるんだなと思った

義父が失踪した理由はギャンブルで作った借金で首が回らなくなってのことだったらしくて
本人がいないし遺体も見つからないから何もできなくて、たちの悪い借金取りが何年も家に来てたそうだ
それで夫と義母はとても苦労してたって聞かされてた
その苦労の元凶がのこのこ現れたもんだから、最初は生きてた喜びがあったみたいだけど、そのうち反省してない
義父を見ているうちにふつふつと怒りがわいてきて、怒鳴り合いの喧嘩みたいになってしまった
義母は数年前に良縁があって再婚してたんだけど、それも義父は気に入らないみたいで怒ってて
でも義母にしてみれば唐突に借金残して蒸発した夫をようやく忘れて、子供を育て上げてやっと自分の幸せを
つかみなおしたところだったので、元凶本人から浮気だ不倫だと責められてぶちきれてた

結局、義母夫が義父を叩き出して、以降その話題には触れないようにという空気になってしまった
多分ちゃんと失踪宣告の取り消しとかしなきゃいけないと思うんだけど、誰も何もしないまま10数年経過
生きてれば70歳近いけど、どこでどう暮らしているやら

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

105

659: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/04(月)03:09:30 ID:uGk
お恥ずかしい話いまだにギャンブルが辞められない。
稼ぎは2/3は入れて月2万のお小遣いでそのなかで遊んでる。
ひどいときは月8万使ってたのは6年前だがもうそこまでやってない。
1円パチというゲーセン感覚のお陰で増えることはあっても上限よりは使わない、一日貯玉でお金を使わず遊ぶこともある。(言い訳です)
行くのは家族の帰りが忙しいくて遅いか帰らない日だけだから数年はやってない設定。
正直、心苦しいしゲーム中もペットも心配。
でも辞められない。
一度いくと何時間も遊ぶ。
家事は帰ってからチマチマやる。

辞めたいでも辞められない。
唯一の救いは借金してないこと。
喫煙、浮気、酒飲みではないけどやっぱりギャンブルはダメですか?
株や麻雀はいいイメージなのになんでパチだとダメなんだよ。

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

63

633: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)22:48:29 ID:cMr
デキ婚のことを「おめでた婚」「さずかり婚」「ダブルハッピー婚」って言いかえる神経がわからない
デキ婚で浸透してるんだからそのままでいいじゃん?
無理やり、デキることは素晴らしいっていう価値観を作ろうとするから
無責任にでき婚するんだよ
学生時代に妊娠した人は「おめでたい!」よりも「マジかよ、これからどうすんだよ」って絶望してるしおめでたくはないだろ
普通の結婚よりデキ婚の方が離婚率高いしデキたから結婚って言うのはリスキーだと思う
いっそ、ギャンブルのごとく一回の発射に人生の羅針盤をかけた「チャレンジャー婚」でいいと思う

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

10752a-i
182: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/01 01:14:10
俺が大学生の時、親父が時計をくれた。 
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」 
そういってた。 
二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。
途方にくれていた時、ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

8574370036_f0756c571b_b
186: 名無しさん@HOME 2013/09/13(金) 14:01:13.56 0
数年まえ、競馬好きの夫が馬を買った話
馬の通販雑誌のようなものを見てて発覚
結婚前からそれが好きだったことは知ってた
でも、ギャンブルには興味ないらしく馬券には手を出さず
やることといえば日曜の午後にテレビを見るくらいだった

馬って500万で激安の部類、夫が買ったのは2000万の馬
幸い丸々1頭ってわけじゃなくて、
会社の株のように所有権と金額をいくつかに分割したもののひとつ
それでもお値段数十万、そして生き物なので生活費とトレーニング代を
負担しなきゃいけないし、クラブには年会費がかかる
子供が生まれたばかりだったので離婚することもできず
その馬が走るたびに、胃を抱えながらレースを見てた
結局その馬は、なかなかいい馬だったようで、収支はややプラス
でもこれならすぐに結果がわかる分、馬券のほうが何倍もよかった

夫はその後、自分は馬を見る目があるんだと勘違いして
「今度はどの馬にする?」
二度と馬は買わないって言った約束は?とか
ものすごく低い確率をたまたま引き当てただけだよ?とか
もう言葉もなかった、なんかこれまでの疲れがどっと出た
今は弁護士挟んで離婚協議してる

この記事の続きを読む >