鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:キッチン

 (0コメント)

ダウンロード

430: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/19(火) 22:24:39.08 ID:gKz45heL
元彼は、飲食店で料理を作っていた。
ある日、私が仕事、彼が休みの時に
「夕方、お前んちでご飯作って待っててやるよ」
と言うので、うちの鍵を預けた。
その日、会社を出る時に彼のケータイに帰るコールしていつも通り、50分で自宅に着いた。

まず、目についたのは流しに積み上げられた鍋とボウル。
それから、ガスレンジから調理台に続く細かい塩の粒と
得体のしれない液体の数々。
惨憺たるありさまで「おかえり」と言われた。

ほどなく、夕食を食べたけど
「調味料の種類がなくて困った」とか
「ボウルも鍋も足りないし」
「使い勝手悪い台所だなぁ」
と、ダメ出しばかりされて、ドン引き。

「じゃ、次はあなたの家で、心ゆくまで料理して食べさせて。
うちのキッチンを悪く言う位だから、凄いキッチンなんだろうねー
楽しみにしてる。来週くらい?どんなご馳走かなぁ」

この日は永遠に来なかったけど。

なんにしても、人んちのキッチンをあれだけ汚して
全く片付けなかった事にも腹がたった。
あれだけの洗い物を作りながら
メニューが、焼き飯と中華スープと生野菜サラダだったことも解せない。

私の作る料理をダメ出しされるのも嫌だったし
別れた後も合鍵で侵入されていたのも頭にくる。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

964

294: おさかなくわえた名無しさん 2017/03/30(木) 21:17:25.97 ID:bn4n7S0P
愚痴らせて・・・

付き合って6ヶ月、
私は一人暮らし、彼は実家住み。
2ヶ月くらい前から、彼、料理にハマる。

私は調理関係の仕事なので、調理道具が色々揃ってたのも関係してると思う。

今日、帰ったら、彼がキッチンで勝手に色々作ってた。
今回で2回目。
食材は買ってくるけど、調味料と光熱費はうちのを使い放題。
連れの家で飲むのに、つまみとか食べる系を持っていきたいと。

冷凍庫を開けたら、幾つか高級食材がない。

彼に聞いたら
「あったから使った」と。

後で、請求するわ。
そう言ったら、
「彼女なら、そういうのは、いいよいいよっていうもんだろ。
お前、頭おかしい」

休みの日、色々料理作って試して
それが職場のメニューになったら嬉しいって
試作品、作ってきたの見てたくせに・・・
なんか、もう、だめだわ。
明日、試作品作るつもりで準備してきたのに
主体の食材、使って持ってくとかないわ・・・

軽く見積もって、6000円分。
この気持ち、どこに持ってったらいいの。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

684

412: 名無しさん@おーぷん 2016/04/08(金)23:52:57 ID:HsT
たいした修羅場ではないが
ストレスがたまったらスーパーで固くて大きい肉塊を買ってきて
台所で、クソッふざけんなっ、タヒれ!!ってぶつぶつ言いながら刺して刺して発散させる
この間もファークで滅多刺し中にしていたら警察に通報された
玄関の隣がキッチンで
「この肉は何!?」って聞かれたけど豚だよ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

21

123: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/19(土) 08:00:20 ID:Y4WY3Al6
自分23、彼女22、付き合い始めて一ヶ月位で彼女の自宅にお呼ばれした
昼間は出かけて彼女の自宅で夕飯をご馳走になりそのまま泊まるって予定だったんだが、
出された夕飯は普通の和食な家庭料理(焼き魚と他におかず何品かとご飯と味噌汁)
で、さあ食べようとなった時に彼女が
「あ、お味噌汁にはネギ入れないとね、薬味薬味」
とか言って立ち上がりキッチンへ
持ってきたものは何かの景品っぽいポケモンのタッパーで、中には冷凍した刻んだ小ネギが
若い女がうちのカーチャンみたいな料理作るのもどうよって思って(しかも初めて男を招いた時に)
ちょっと引いてたところに所帯臭さ爆発の冷凍ネギ、しかもポケモン、正直トドメだった
そうなるとしっかり者に見えていた彼女は所帯じみたおばさんにしか見えなくなり、
もう行為なんかする気も萎えてそのまま適当に飯食って適当に理由つけて泊まらずに帰った
そして後日適当な理由つけて別れ話

今では当時の自分をぶん殴りたいとすら思う、もったいない事したなーーーと
ああいう事がきちんと身についているって事がどれだけ良い事か、当時の俺には分からなかった

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

0000

180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 18:01:13.24 .net
昨日夕飯を食べ終えたあと、勇気を出して言ってみた。
妻の目を見つめながら「愛しとるよ」と。
すると、満面の笑みで「うんっ!!」と答えたかと思うとキッチンに駆けていった。
戻ってきた妻の手には雪見だいふくが、、、
妻には「アイス食べよ」に聞こえたらしい。

この記事の続きを読む >