鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:エアコン

 (8コメント)

ダウンロード (7)

244: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/25(火) 11:59:46.56 ID:wetIBtON
レスしてるヤツみんなまとめてポアすればいいですか

元カレがレオパレスに住んでいた
光熱費込みのプランのレオパレスだったらしいのだが
そのせいで夜中でも日中でも電気エアコン着けっぱなしで
「帰ってきたら暑かったり寒かったりするのいややん」と平気で宣い、しまいには
「この前風呂にお湯溜めながら寝てもうて、起きたら朝やったーw
知っとる?ずっとお湯出しっぱなしにしてると勝手に水になるんやで。湯沸かし器止まるらしいわーw」
と笑っていたので、私と価値観が違いすぎてなんか色々無理だと思って冷めた

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

69

327: 名無しさん@おーぷん 2015/05/10(日)15:31:24 ID:hl7
なんか重い修羅場が続いてるから口直しがてらプチで豚切

子供の頃夏休みは毎年一週間くらい旅行に行くのが恒例だった。
私が小学5年生くらいのときの旅行。うちには猫がいたから夏だし冷房をかけたまま出かけたんだ。
そして一週間後に楽しい気持ちでウキウキしながら帰宅…
したんだけど4LDKのマンションが一面水浸しになってた。
しかも全面カーペットの家だから足を下ろす度にジワジワーって水がでてくる。

ぎゃーなんだ!?
と思えばリビングのエアコンが故障してそこから
水がポタポタと滴り続けていた。
幸い冷える機能に問題はなくて猫は無事だったけど、
一週間ずっと滴り続けたんだろうね。
エアコン真下にあるソファ(布張り)はカビがぎっしりはえて床はどこ踏んでもみずがジワジワ。
この時点で夜八時くらいだったんだけどそこから家族総出で雑巾タオルありったけつかって水吸って
カーペットにドライヤーかけて…を夜中の3時まで続けてた。
普段9時に寝る子供にとってはそんな夜更かしも辛かったし泣きそうだった一晩の修羅場。

そして数年後マンションを引っ越すときそのエアコンはもともとの備え付けだったらしくて
水浸し事件で買い換えてたんだけど(電気屋さん曰く経年劣化だったし)
それを現状復帰できてない!エアコンがちがう!ってことでエアコン代丸々請求されて母が
まだこれだって新しいし実費なのになんでよ!とずっと不機嫌になってたのも子供心に修羅場だった。
書いてて思ったけど私より両親の心情の方が修羅場だったんだろうなw

この記事の続きを読む >

 (31コメント)

4995

366: 名無しの心子知らず 2012/07/04(水) 09:49:33.07 ID:d3lSiHhA
節電したいけど赤がこのところの暑さでぐずってギャン泣きするわ、うるさいと苦情がくるし踏んだりけったり
エアコン入れたくない

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

145

853: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)21:47:24 ID:uTu
嫁は「冷房=害悪」という思考の持ち主で、とにかくエアコンをつけたがらない。
マンションの部屋が南西向きで、今の季節は部屋が地獄のように
暑くなるんだけど、それでも「電気代がかかるから」と言って、
冷房をつけようもんなら烈火のごとくキレる。
別段生活がカツカツってわけでもないんだけど、
とにかく冷房にかかる電気代を嫌がる。

嫁が暑さに我慢できなくなった場合のみエアコンをつけて、
10分ほど経ったら消す。その繰り返し。
「頻繁に電源を入り切りするほうが電気代がかかる」と言ってもきかない。
一台しかない扇風機は嫁が占有。
もう一台買おうと言っても一台で十分だと却下。

仕方がないので残業を増やしたり、夜ジョギングにかこつけて近所のコンビニや
ブックオフで立ち読みしたりして、不快指数が高い家にいる時間を少しでも減らすようにした。

で、ある日の週末。湿度も気温もやたら高い日だったけど、
嫁が「仕事が休みなら掃除でもして」と言うので、部屋に掃除機をかけることに。
冷房をつけられないのでテーブルどかして掃除機を持ってきた時点で汗だく。

終わったら風呂入って、涼しいブックオフでも行くかーとか考えながら掃除機かけてたら
急に貧血みたいな感じでめまいがして、目の前が真っ暗になった。

立ってるのが辛くなってきたので部屋の隅に座り込んだら、
今度はだんだんと意識がもうろうとしてきた。

夢うつつに嫁が「ちょっとどうしたの!!」とヒステリックに叫んでるのが聞こえた。

続きます

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

9

853: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)21:47:24 ID:uTu
嫁は「冷房=害悪」という思考の持ち主で、とにかくエアコンをつけたがらない。
マンションの部屋が南西向きで、今の季節は部屋が地獄のように
暑くなるんだけど、それでも「電気代がかかるから」と言って、
冷房をつけようもんなら烈火のごとくキレる。
別段生活がカツカツってわけでもないんだけど、
とにかく冷房にかかる電気代を嫌がる。

嫁が暑さに我慢できなくなった場合のみエアコンをつけて、
10分ほど経ったら消す。その繰り返し。
「頻繁に電源を入り切りするほうが電気代がかかる」と言ってもきかない。
一台しかない扇風機は嫁が占有。
もう一台買おうと言っても一台で十分だと却下。

仕方がないので残業を増やしたり、夜ジョギングにかこつけて近所のコンビニや
ブックオフで立ち読みしたりして、不快指数が高い家にいる時間を少しでも減らすようにした。

で、ある日の週末。湿度も気温もやたら高い日だったけど、
嫁が「仕事が休みなら掃除でもして」と言うので、部屋に掃除機をかけることに。
冷房をつけられないのでテーブルどかして掃除機を持ってきた時点で汗だく。

終わったら風呂入って、涼しいブックオフでも行くかーとか考えながら掃除機かけてたら
急に貧血みたいな感じでめまいがして、目の前が真っ暗になった。

立ってるのが辛くなってきたので部屋の隅に座り込んだら、
今度はだんだんと意識がもうろうとしてきた。

夢うつつに嫁が「ちょっとどうしたの!!」とヒステリックに叫んでるのが聞こえた。

続きます

この記事の続きを読む >