鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:イライラ

 (3コメント)

299

632: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/10(木) 16:30:01.22 ID:c1Fis9Ja
大学生の時誰にも言わなかったけど内心絶対私はこの人と結婚する!って思う程好きだった彼だったけど、ある日その年に亡くなった大好きなお婆ちゃんが夢に出てきて「その男はやめなさい」って言ってきた。
恥ずかしながら当時スイーツ()もどきの私は泣きながら次の日の朝に彼氏に夢の内容を伝えたら、ことある事に「お前の婆ちゃん夢に出た?」とか「まだ反対してる?(笑)」とか言ったりメールする様になってきて最初はちゃんと否定してたけど段々イライラしてきて怒ったら
「おまえが泣いてたの見てオレの中のドSが目覚めた(笑)泣き顔がすげークる」
って返ってきて一気に醒めた。最後の方は「俺をディスるとかお前の婆ちゃん見る目ないな」とか言ってたから今思えばお婆ちゃんが結婚する前に教えてくれたんだと思う。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

075

134: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/22(金)13:27:43 ID:27R
地元の友達の結婚式に着て行こうと思って実家に預けておいたドレスを妹にパクられた。
ヘアセットの打ち合わせの為に実家へ寄った時に発覚。
速攻で妹に連絡してドレスを取り戻そうとしたら、「私も使いたいのに~」と渋る渋る。そんなの知ったことかと一喝して持って来させたら、何かドレスがくっさい。
上半分からツンとした臭いが漂ってくるので何事かと思ったら、すでに妹が試着していたらしい。
こんなの受け取れるか、クリーニングして出直して来い!と叩き出した。
この時点で友達の結婚式まであまり猶予が無かったのでイライラしてドレスが戻ってくるのを待っていた。
数日後、妹から連絡があったので実家に行ってみると、そこにはボロボロになったドレスが…。
糸はほつれ、胸元のビジューが所々外れて見る影もない。聞けばクリーニング代をケチって安いコースで出したらしい。
もうドレスはいらないからドレス代3万返せと言うと、「たかが服1着がそんなにするものか」「お姉ちゃんのケチ」とギャーギャーうるさいので、親に代金を立て替えてもらった。月々5千円ずつ妹から徴収するそうだ。
ちゃんと見ていなかったからと母が1万出してきたが、断って新しいドレスを購入。なんとか結婚式には間に合った。
昔から借りパクが多かったが、大人になって実家を出た今でも手癖の悪い妹がスレタイ。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

211

193: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/26(木)13:49:32 ID:hp9
怒鳴る人は怒鳴るし、怒鳴らない人は怒鳴らない
と思って生きてきたんだけど、実際はどうなんでしょう?
温厚な人でもイライラが頂点に達したらつい怒鳴ってしまう…なんてこともあるんてしょうか?
というのも、付き合って2年の温厚な彼氏に初めて怒鳴られて動揺しているので…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

525

227: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/08(木) 18:05:27.10 ID:zxjIVHDn
理不尽冷めかもしれない

数年前に内科の医師と付き合ってたんだけど、「大丈夫?」が口癖の人だった
待ち合わせ場所で会うと開口一番「大丈夫?(たぶんお疲れ様、仕事で疲れてない?の意)」、メールでも「大丈夫?(何がなのか不明)」の嵐

始めの頃はこちらの体調等を気遣ってのことだと思って、感謝しつつ普通に答えてたんだけど、
大丈夫と伝え続けても毎日こうだから、こちらを心配してるのでなく単に会話の出だしを大丈夫で片付けてるだけなのだと悟った

あまりにも毎回で、なんだかほんとに自分が大丈夫でないような気がしてきてしまい(頭とか体調とかw)、そのうち会うのも話すのも苦痛になってしまった
というか同じことを何度も言ったり言われたりがどうも好きじゃなくて、イライラしてきてしまい…

何回言っても伝わらなかったなぁ…

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

42

32: おさかなくわえた名無しさん 2014/04/13(日)13:59:19 ID:POVJBPpkQ
趣味を通じて出会った彼は、話が合うし目も好みだった。
ただ、面白くない冗談やウザいちょっかいかけを頻繁にしてくるので
そのたびに地味にイライラしていた。
一つ一つは大したことがないので、適当に流して付き合って
そろそろ結婚話が出始めたころのこと。

彼の部屋でご飯を食べていた時、私がむせてしまい
汚い話だけど、鼻水が噴出してしまった。
慌てて彼に「ティッシュ取って」と頼んだら
彼はティッシュの箱から1枚抜き出して、ニヤニヤしながら渡してきた。
状況から見ても、箱ごと渡してもらいたい…
っていうか、彼もそれが分ってて、いつもの詰まらない冗談をやっているのが
その表情を見て分った。

その瞬間、何もかもが嫌になった。
自分でも驚くくらい、彼への気持ちが一瞬でゼロになった。

この記事の続きを読む >