鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ほのぼの

 (0コメント)

ダウンロード
836: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/18(日) 20:52:59.79
3月から転職&単身赴任で初めての一人暮らしをしてるんだが、 
引き継ぎだ何だかんだで忙しかった俺の代わりに、嫁さんがほとんど荷造りをしてくれたんだよ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

c297aa9a-s
917: 名無しさん@お腹いっぱい 2012/05/22(火) 13:17:11.45
社会人三年目の時、院に進学するつもりが、デキ婚することになったので進学諦めて働き続けた。 
それから7年。子供も嫁も可愛いし、結婚したことを後悔したことなんかない。ただ院はやっぱり諦め切れてなくて、子どもが成人したらいけたらいいな、と漠然とは考えてた。 

で、先週の俺の誕生日。嫁からのプレゼント明けたら200マソちょい入った通帳と院のパンフレットが入ってた。 
共働きなんだが、何年もかかって子どもたちとは別に俺の進学資金貯めてくれてたらしい。 
カードには<七年前俺くんは、自分の夢を犠牲にして私と娘ちゃんを守る決意をしてくれたね。おかげで、私の'幸せな家庭を築く'という夢は叶いました。今度は俺君が夢を叶えてください。>と書いてあった。 
この七年本当に楽しいことばかりで、感謝しないといけないのは俺の方なんだよ、と言おうとしたが涙ばかり出て言葉にならなかった。 
来年から学生になれるように、勉強がんばる!

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

image01
703: 名無しさん@HOME 2011/12/18(日) 16:09:17.41 0
もう10年以上前の話。修羅場という程じゃないけど 

結構混んでた山手線で、座ってた俺。目の前に立ってたカップル。 
二人して足元をキョロキョロと探し物をしてる様子なので、自分の足の下にでもあったらまずいかと思って 
俺も足を上げてみたりしたけど別になにもない。 
切符でも落としたんだろと思ってたんだけど、二人の様子が段々真剣になってきたし、なにしろ目の前でやってるので、 
しかたなく声をかけてみることにしました。 
「何か落し物ですか」 

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

c8d3d54d-s
84: 名無しさん@おーぷん 2016/01/08(金)13:18:05 ID:cSc
26年間育ててくれた母のシュークリームとエクレアの見分け方に衝撃を受けた

一般的にシュークリームのシューにチョコレートがかかってたらエクレアだと思うんだけど
母は昨日、私が買ってきたエクレアを見て、「シュークリーム」と言っていた
はて?言い間違いかな?と思っていたんだけど、私の旦那にも「娘が買ってきたシュークリームがあるからお食べ」と言ってエクレアを出していた
旦那が「あの、これ、エクレアって書いてます」と進言すると、母はびっくりしたように目を見開いて
「えぇ!?そのエクレアすごく短足よ?」
え?短足?
「エクレアって細長いやつでしょ?それ、丸くて短足よ、短足のエクレアよ」
母にとってはシュークリーム→丸いやつ、エクレア→長いやつって認識だったみたい
短足のエクレアのフレーズがしばらく頭から離れなくて、旦那とお腹抱えて笑ってた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ckc2

927: 名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)11:45:38 ID:2yS
結婚する前に、夫から「うちの親は放任主義だから」と聞かされていました。
本当に放任で、結婚後もなーんの干渉もなく、良ウトメに当たったなーと思っていました。

平穏な結婚生活が続き、3ヶ月くらい経った頃、
お風呂あがりにアイスを食べようと冷凍庫を開けると買い置きアイスが1つしか残っていなかった。
夫に「アイス食べるけど半分食べる?」と訊くと「食べる」と返事。
小皿に半分ずつ分け、夫に渡し、さあ食べようとしたら夫が泣き出しました。
「えっ何?何がいやだった?もっと欲しかった?どっか痛い?」と慌てて聞き出すと
「実家ではこんなふうに物を分けてもらうことがなかった」
と夫が泣きながら言いました。

その後の夫の話を総合すると、夫は義兄と差別されて育ってきたそうです。
アイスもプリンも義兄の分だけ。夫はほったらかし。義兄が分けてくれることもない。
でもそれが当たり前として育ってきて特に疑問もなかった。
義兄は愛玩子で、夫は搾取されてはいないけど徹底的に放任というか無視、無関心。

でも結婚したら、私がなんでもふたり分買ってくる(当たり前)。
1個しかない時は半分ずつにする。それがじわじわ嬉しくて、3ヶ月目に嬉しさが決壊したそうな。
アイスを前に「半分だ、半分だ」って夫に泣かれた時はパニクりました。
後日3連プリンを夫に2個あげたらまた泣かれた。

この記事の続きを読む >