鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ご馳走

 (1コメント)

76

163: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/19(土) 00:58:36.32 ID:iHQADHwh
こないだまで付き合っていた、6歳下の大学生の元彼。
久しぶりに会えて、夕ご飯でも一緒にということだったけど、
夜遅くだったし、近所ではそこしかあいていなくて有名チェーン店で牛丼を食べることになった。

食べ終わって、たまには俺が払うよ、と彼が先にレジへと向かった。
私は社会人で、そこそこ生活に余裕もあるので、それまでデートしたときは9割方私がお金を出しており、
そのことについて特に不満もなかった。
彼は最近バイトに励んでいるという話もしていたし、この年になると誰かにご馳走になることもなかなか無いので、彼の気持ちが嬉しくもあり、
「ありがとう。じゃあお願いしようかな。」
と、私は財布をしまった。

その瞬間、彼が「はぁっ?」と言いながら振り向いた。
そして、
「いや、払うの諦めるの早すぎじゃね?」
と。半笑いで、呆れたように言った。
私がやや呆気にとられて、「え? なに?」と聞き返すと、
すぐに「いや、」とレジのほうに向かい、まあ、奢ってくれた。

割り勘するそぶりくらい見せるべきだったのかもしれないけど、
今まで散々奢ってもらっておいてそれか? と思ったし、
なんとなくだけど、男に払わせて当然と思ってる彼女を許してあげる優しいオレ、みたいな
「ヤレヤレ感」が見え隠れして嫌だった。つーか、牛丼だし。
他にもいろいろあって冷めて別れた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

669

732: 恋人は名無しさん 2016/12/31(土) 16:02:58.26 ID:t9VGDspj0
彼と何度か食事に行ってるんだけど最初はご馳走してくれたのに、それ以降は全て食事代は私が出してる。良いお店(高めのお店)があるとここに行こうと行って連れてってくれるけど会計は「ごめんお金なくて…」と相手は学生だし私が社会人でお金に余裕はあるから仕方ないと思い払いました。サプライズでプレゼントくれる事はあるけど、彼はお金目的なのかな?

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

778

173: 名無しの心子知らず 2016/04/20(水) 08:40:08.11 ID:VQ8Azaab
妊娠中に義実家行った時、トメお手製のグラタンをご馳走された。
夫が小学生の時の好物だったらしい。
私にはカビだらけのチーズで作ったグラタンで、夫には新しいチーズで作ったグラタンを出された。
気づいてないんだろうかと思って、
カビがついてるので勿体無いですけど遠慮しますねって言って手をつけなかったら、トメが目に見えて口元をぴくつかせながら無言でグラタン下げた。
夫はグラタンどころか出された料理に一口も手をつけなかったから、自宅に帰る途中何でか聞いたら、
私用のグラタンにわざわざカビだらけになったチーズだけ選り分けて入れてるのを見てしまったらしく、何してるんだろうとその時は思っていたが、普通に嫁に出してきて怖くなり出される食べ物が信用出来ないと言っていた。
食事の前に言えよ。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

21

123: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/19(土) 08:00:20 ID:Y4WY3Al6
自分23、彼女22、付き合い始めて一ヶ月位で彼女の自宅にお呼ばれした
昼間は出かけて彼女の自宅で夕飯をご馳走になりそのまま泊まるって予定だったんだが、
出された夕飯は普通の和食な家庭料理(焼き魚と他におかず何品かとご飯と味噌汁)
で、さあ食べようとなった時に彼女が
「あ、お味噌汁にはネギ入れないとね、薬味薬味」
とか言って立ち上がりキッチンへ
持ってきたものは何かの景品っぽいポケモンのタッパーで、中には冷凍した刻んだ小ネギが
若い女がうちのカーチャンみたいな料理作るのもどうよって思って(しかも初めて男を招いた時に)
ちょっと引いてたところに所帯臭さ爆発の冷凍ネギ、しかもポケモン、正直トドメだった
そうなるとしっかり者に見えていた彼女は所帯じみたおばさんにしか見えなくなり、
もう行為なんかする気も萎えてそのまま適当に飯食って適当に理由つけて泊まらずに帰った
そして後日適当な理由つけて別れ話

今では当時の自分をぶん殴りたいとすら思う、もったいない事したなーーーと
ああいう事がきちんと身についているって事がどれだけ良い事か、当時の俺には分からなかった

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード (2)

790: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/22(水) 11:41:03 ID:cIen2zkO
レジで財布を出さない人に
自分はお金に執着ないから~
と、サラッと言われた時。

この記事の続きを読む >