鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ご馳走

 (11コメント)

03

152: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/04(日) 19:10:42.42 ID:NdBu26hY
元彼を家に呼んだ時
夜ご飯をご馳走することになったのでご飯と味噌汁、ハンバーグを作って元彼にご馳走したら
「あ、俺家の味の味噌汁しか飲めないんだよねw味付けとか家のが一番」
「ハンバーグのタレが家のと違(ry」
一気に冷めて帰ってもらいメールで別れると送り着拒した。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

21

123: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/19(土) 08:00:20 ID:Y4WY3Al6
自分23、彼女22、付き合い始めて一ヶ月位で彼女の自宅にお呼ばれした
昼間は出かけて彼女の自宅で夕飯をご馳走になりそのまま泊まるって予定だったんだが、
出された夕飯は普通の和食な家庭料理(焼き魚と他におかず何品かとご飯と味噌汁)
で、さあ食べようとなった時に彼女が
「あ、お味噌汁にはネギ入れないとね、薬味薬味」
とか言って立ち上がりキッチンへ
持ってきたものは何かの景品っぽいポケモンのタッパーで、中には冷凍した刻んだ小ネギが
若い女がうちのカーチャンみたいな料理作るのもどうよって思って(しかも初めて男を招いた時に)
ちょっと引いてたところに所帯臭さ爆発の冷凍ネギ、しかもポケモン、正直トドメだった
そうなるとしっかり者に見えていた彼女は所帯じみたおばさんにしか見えなくなり、
もう行為なんかする気も萎えてそのまま適当に飯食って適当に理由つけて泊まらずに帰った
そして後日適当な理由つけて別れ話

今では当時の自分をぶん殴りたいとすら思う、もったいない事したなーーーと
ああいう事がきちんと身についているって事がどれだけ良い事か、当時の俺には分からなかった

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

9632

708: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/30(金) 12:01:14 ID:j9y8uv1x
百年の恋をしてたわけじゃないですが、私にずっと好意を持っててくれた男性。
その三十代半ばの方と初めて食事をしに行きました。
帰宅して届いたメールに
「レシートを見たのですが…うんぬん」
と書いてあって引きました。
別に帰宅してレシートチェックするのはいいのですが。
初デートの帰りにレシートがうんぬんとメールして来る男性が初めてだったので
驚きました。
お付き合いはお断りしました。

ちなみに二千円の食事をご馳走になったのですが
もっと食べれば良かったのにとの内容でした。
冷めるほどでもないのですが、レシートうんぬんまで書く事に冷めました。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

053

489: おさかなくわえた名無しさん 2008/08/17(日) 02:40:10 ID:pvAd022D
彼女が一人暮らししている俺の家に遊びに来たときのこと。

俺は料理が趣味だから彼女が遊びに来たときは料理を作ってご馳走する。
その時はてんぷらを作ってあげて、俺は塩派だから抹茶塩を用意したんだ。
そして抹茶塩を出したら彼女が突然
「ちょっと!なにこれ!カビはえてるよ!」と。
いやいやそれ抹茶塩だから。そんなきれいにカビはえないだろ塩に。
あまりにもな発言だったので最初冗談かと思って
「またまた~wどこにカビが・・ペロッ・・・うおっ!ポクリ」みたいなボケをしてしまったw
そしたら冷えた目で見られたので本気だと気づき、普通の塩もあるからと見せても彼女は信じてくれない。
その後ネットで調べて見せたらやっと納得した(それでも不服そうだった)。

幻滅した。彼女は年上で憧れの人だったから、その教養の無さにがっかり。
ほんと尊敬できる人なのに・・・。あんだけ頭の切れる人なのに・・・。
また理不尽な理由で、俺は不潔だ!みたいに勝手に思われてしまったのも嫌というか。

自分の中のイメージが崩れたのかなんだか冷めてしまいました。長文すいません。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

76

163: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/19(土) 00:58:36.32 ID:iHQADHwh
こないだまで付き合っていた、6歳下の大学生の元彼。
久しぶりに会えて、夕ご飯でも一緒にということだったけど、
夜遅くだったし、近所ではそこしかあいていなくて有名チェーン店で牛丼を食べることになった。

食べ終わって、たまには俺が払うよ、と彼が先にレジへと向かった。
私は社会人で、そこそこ生活に余裕もあるので、それまでデートしたときは9割方私がお金を出しており、
そのことについて特に不満もなかった。
彼は最近バイトに励んでいるという話もしていたし、この年になると誰かにご馳走になることもなかなか無いので、彼の気持ちが嬉しくもあり、
「ありがとう。じゃあお願いしようかな。」
と、私は財布をしまった。

その瞬間、彼が「はぁっ?」と言いながら振り向いた。
そして、
「いや、払うの諦めるの早すぎじゃね?」
と。半笑いで、呆れたように言った。
私がやや呆気にとられて、「え? なに?」と聞き返すと、
すぐに「いや、」とレジのほうに向かい、まあ、奢ってくれた。

割り勘するそぶりくらい見せるべきだったのかもしれないけど、
今まで散々奢ってもらっておいてそれか? と思ったし、
なんとなくだけど、男に払わせて当然と思ってる彼女を許してあげる優しいオレ、みたいな
「ヤレヤレ感」が見え隠れして嫌だった。つーか、牛丼だし。
他にもいろいろあって冷めて別れた。

この記事の続きを読む >