鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:がん

 (2コメント)

my13-31760
387: 1/2 2010/11/14(日) 11:52:07 0
友人の義弟嫁さんの悲しいDQ返し。
ややこしくなるので友人視点で書く。


義弟が体調悪く、仕事を辞めて家にいる
(ウトメ同居・家を建てた途端転がり込んで来た)。
お嫁さんは、自分の稼ぎで食べられないわけじゃないし、
保険からもいくらか入ってくるし…と義弟をのんびりさせていた。
するとトメが「息子の体調が悪いのは嫁のせい」
「男が家に居るのに女が働くなんて外聞が悪い」
「家で息子タンの面倒をみろ、働くな」
「その間の生活費は嫁の貯金から出せ、息子は嫁のせいで体を壊したんだ!」
「嫁が出さないなら嫁実家が出せ」と分けの分からないことを言い出した。
お嫁さんが完全無視していると、今度はPCを壊す&勝手にものを捨てる&
勝手に食事(しかもインスタント)を作って息子に食べさせる…という暴挙に出た。
そこでお嫁さん、ウトメが旅行に行った隙をついていきなり引っ越し、音信不通に。
トメが嫁実家に怒るも、実家もガン無視の姿勢。


この記事の続きを読む >

 (4コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
47: 名無しさん@おーぷん 2014/09/22(月)21:17:15 ID:7pm44RAMe
この間、偶然平日に休みが取れたので、夏休みで帰省中の妹と子宮頸がんの検診に行ってきた。
そこのナースが最悪だったわ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

FxnEF5rvr7nJEw2_ItIkS_12
792: 離婚さんいらっしゃい 投稿日:2005/10/28(金) 01:02:42
8年前に乳癌になり片方の乳房をなくし、2年と半年で再発し
余命半年といわれ全財産を叩いて治療に専念するも夢叶わず
45歳で亡くなりました。

妻の遺品を整理していたら使用していないバックの奥から
私が不倫相手と使用していたラブホのプラチナチケットが
でてきました。 

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

478

951: おさかなくわえた名無しさん@転載は禁止 2016/02/27(土) 23:01:13.71 ID:28rX2FmZ
26歳で乳がんで全摘になった。
片胸になったけど胸より命の方が大事だから仕方ないとしか思わなかった。
術後の病理結果で千人に一人いるかいないかの珍しいタイプのガンだったと分かり、
こんな数パーセントに入るならと宝くじを買ったらマンション買えるくらいの金額が当たった。
わーラッキーくらいにしか思わなかった。
よく考えたら20代独身で片胸ってすごい悲しいはずなのに、大金入ったらかなり嬉しいはずなのに、
さほど感情が動いてないと気付いた時が修羅場。
ガンと一緒に感情も切除されてしまったのか?

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

148

921: 名無しさん@おーぷん 2015/07/08(水)11:22:33 ID:e8G
今日休みなのでつらつら書いた。長くてすまん。

一度目の結婚、俺は24で元妻(以下“元”省略)は29、5つ年上だった。
が、妻は背がちっこくて可愛くて、誰が見ても年上女房には見られなかった。
2年目、仕事から帰ると妻が泣きはらした目で産婦人科に行ってきたことを話した。
子宮がん検診に引っかかって、全摘を勧められたらしい。
子宮を取ってしまったら妊娠は望めなくなる。だけど摘出するなら早い方がいいそうだ。
不思議なぐらい迷いは無かった。
早い方がいいと医者が言うぐらいだから、迷ってるヒマはない状態なんだろうなと思ったし。
そりゃあ子供は欲しかった。だけど妻の命に代えられない。
そして手術を受けた。
「鎹なんかなくたって、俺たち大丈夫だよ」本心からそう言った。
この時は本当にそう思ってたし、妻を愛していた。
だけど妻の方がなかなか心の整理が出来なかった。
社宅住まいだったので、どうしても回りは同世代が多く、新婚や妊娠中の人、
小さい子供を遊ばせている人が多い。
それを見るのが辛いようだった。
手術のことは妻の希望で社宅の人には話していなかったから
悪意はなくとも踏み込んだ質問をされることも多かったらしい。
「そろそろお子さんは?」と聞かれるたびに
「妊娠できないのに、そんなこと聞かれるのが辛い」と愚痴をこぼした。
どうにか気分転換させないとと思って、多少無理しても本人が望むところに連れて行った。
海外旅行も年2ぐらいでやってた。友達同士の旅行にも行かせた。
本当は子供が出来ない以上、老後の為にも貯金に励まなきゃと焦りもあったが
今はとにかく妻のやりたいようにさせて、ストレスを溜めさせないことが優先だと思った。
が、いつまで経っても「今日こんなこと言われたー、子供できないのにー」
「今日も言われたー、泣きたいー」「今日もー」と愚痴を聞かされる。
多分、本人が思ってるほどガッツリ言われたわけじゃないことも
神経質に捉えてクヨクヨしてるようだった。
そういうの全部ひっくるめて支えるつもりで手術同意書にサインしたつもりだったけど
仕事から疲れて帰ってきて度々愚痴られるとどうしていいか分からなくなった。

この記事の続きを読む >