鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:お見合い

 (3コメント)

images (93)
200: おさかなくわえた名無しさん 2014/10/03(金)14:13:10 ID:2Iy6NbXrW
従姉の結婚式へ行ったら、新郎家族にジロジロ見られて、
なんか感じ悪い~と思ったら、
従姉が私の成人式の写真をお見合い写真に使ったと判明…。

一緒に提出したスナップ写真は姉のものだった。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

images (93)
200: おさかなくわえた名無しさん 2014/10/03(金)14:13:10 ID:2Iy6NbXrW
従姉の結婚式へ行ったら、新郎家族にジロジロ見られて、
なんか感じ悪い~と思ったら、
従姉が私の成人式の写真をお見合い写真に使ったと判明…。

一緒に提出したスナップ写真は姉のものだった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

IMG_9353
750: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/06(木) 21:16:14.09
俺38
嫁28
結婚して3ヶ月

見合いで結婚したんだが
嫁の兄が実は統合失調症で無職だったとか
嫁が子宮内膜症だったとか、怒涛のように後出しされて動揺してる。
「もしかすると子供産めないかもしれないけどテヘペロ」って・・・ 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

5211

660: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/16(土) 09:14:14.66 ID:dUxS1Ldt
理不尽冷め。

元カレと一緒に、アマゾンビデオで配信されてるバチェラーっていう番組を見てたときのこと。
知ってる人も多いと思うけど、バチェラーっていうのは、男性1人 対 女性25人(だったかな?)のお見合い番組。
25人が20人になり、17人になり、15人になり・・って感じで、日を重ねる毎にちょっとずつ女性が減っていくんだけど、
途中、選ばれなかった女性が男性をビンタするシーンがあった。

私は「まぁそんなこともあるか」くらいの感じで見てたんだけど、元カレが、
「ちょっと戻していい?」って言って、ビンタのシーンをもう一回見てた。
見逃したのかな?って思ってたら、「ごめんもう一回いい?」って言ってもう一回リピート。
「え?なに?w」って聞いたんだけど、「いや・・」って言って、その後は普通にまた見始めた。

ところが、途中私がトイレに立って、部屋に戻ろうとしたら、またビンタのシーンをリピートしているのを発見してしまった。
少し様子を見ていたんだけど、軽く10回はリピートしてて、逆に何も聞けなくなってしまった。
帰ってからもずーっとその光景が頭から離れなくて、でも何も聞けなくて、無理になって別れてしまった。
せめて理由くらい聞けばよかったかな・・でも何にせよお付き合いを継続出来る気がしなかった・・・。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

1db7ec7dcc24608960914cd105777ed6
493: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/08(月)14:49:33 ID:5lE
20代半ばの頃、のっぴきならない理由で避けられないお見合いをすることになった。
相手は絵に描いたような30代オタク。
写真の時点でウヘァとなり、その時点からどうやって断ってやろうかしらとしか考えてなかった。
幸いにも会ってみて断るのは自由と言われていたし。

いざ当日。実物は写真よりもアクが強く、よりウヘァ。
挨拶もそこそこに「あとは若い者同士で…」と引っ込んでいく大人たち。
身の危険を感じながらも何か話題でも作って断る理由を探そうかと思案していると、
相手の口が先に開いた。

「まずはこの度の話、迷惑をかけて申し訳ない。
分不相応としてここに至るまでにお断りをするべきかと思ったが、
それはそれで失礼にあたると思い、ノコノコとここまで来てしまった。
いかなる理由で断って頂いても結構だが、
もしそちらが悪者になるのが嫌なら、僕のほうから断る流れにもって行くので、
お互いが嫌な思いをしないよう、一緒に理由を考えませんか。」

と、このようなことを一気に言われた。
断ることを前提にここにいるのは相手も同じだった。
ただその方向性の違いに自分が恥ずかしくなってしまった。
その後、なぜそんなことを言うのかと尋ねてみたら、
「これまで誰とも交際などしたことないが、
自分が交際や結婚に向いてないのは自分が一番よくわかっている。」
も言うようなことを言われた。

ここで私は相手のこの言葉を否定してみたくなった。
この理由を問われると未だにうまく答えることはできないが、
とにかく、「付き合ってみたこともないのに向いてないとか、相手を不幸にするなんて何でわかるんだ」
と言うようなことを思って、
しばらくこの人のことを見てみたいと、後日そう返事をしてもらうことにした。

この記事の続きを読む >