鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:お正月

 (1コメント)

gatag-00007101

123: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/31(日) 04:30:20.00 ID:GLAqJVn20
彼に年末年始は家で過ごすと伝えたらじゃあクリスマスは遊ぼうと言われそうしました
二日間一緒にいて、いつもよりいい食事をしたり高い場所に行きたがったり
全て割り勘なのもあって結構な散財もしてしまいました

それもあり年明けまで家でゆっくりしていようと思っていましたが
さっき連絡があり今日泊まりで会おうよ!と
私はお正月の番組が好きで、毎年年越しは複数の番組を録画してチャンネルを変えながら
カウントダウンの後に朝までお笑い番組などを見て過ごすのが習慣です

それを伝えると録画でいいじゃん、それかテレビのあるところに行こう
他に誰かと会うの?などと聞かれ違うと言うとじゃあどうしてだと不貞腐れてしまいました
直前に急に誘われて断ったら不機嫌になられても正直困ります
みなさんイベントは必ず恋人と過ごしているのでしょうか

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

ダウンロード (52)

180: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/29(水) 02:20:06.82 ID:9Z447BuY0
お正月、彼氏に明けましておめでとうと言ったら激怒された
昨年の4月にお祖母さんが亡くなって喪中なのは知っていたが
人から挨拶されることまでアウトなの?ちがうでしょ、とモヤモヤ
喪中はがきも送ったのに(送られてない)お前は非常識、マナー違反!としつこく怒られ
私以外にも挨拶してきた人全員に喪中なんです!とイライラしっぱなし
「おめでとう」と言われたら不幸がおこると言わんばかりの拒否っぷりと
普段陽気な彼の豹変っぷり、あれはいったいなんだったんだろう

まず喪中はがきって「こちらからの御挨拶は控えさせて頂きます」のお知らせであって
「送ってくんな挨拶すんな」ってもんじゃないよね

この記事の続きを読む >

 (38コメント)

99

277: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)14:04:19 ID:sKr
私には事実婚の旦那がいる
お付き合い三年目
今年のお正月は旦那に行った
田舎だから親戚の子とかたくさん集まってた
その時義兄と義兄嫁がお年玉を小さい子たちに配ってたんだけど、うちの子にはなかった
うちの子が「ちょーだい」って言いに行ったら義兄嫁が「誰この子」というから紹介したのに
「で?知らない苗字だけどあんた誰」とまで言われた
まだわからない年ならいいけど、うちの子去年4歳
この状況も自分だけもらえないって理解してて泣いた
今年もお正月旦那の実家に帰ったら同じ扱いされると思うと辛い
せめてうちの子が傷つかないように義兄にお年玉くれるように連絡していいかな?
なんでか知らないけど、義兄嫁からは私毛嫌いされてる…

あと義兄と義兄嫁なんか、まだ25歳だからとか遠くから来てくれたからって、おばあちゃんから二万円ずつ貰ってたんだよ
おばあちゃん、うちの子には二千円しかくれなかったし、私たちにはお年玉もなかった
もしかしてこの家長男教?って不安
うちの子は男の子のはずなのに、遠距離で子無しの義兄のほうが扱いがいいし…
皆さんどう思いますか?

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

299

429: ◆mSS36qGICI 2010/11/11(木) 10:46:30 0
エネ夫というかエネ夫未満の話で良ければ聞いてください。

エネ夫とは20代前半で結婚しました。
うちの実家は共働きで大みそかのお蕎麦は出前、お節やご馳走は仕出しでした。
お雑煮くらいは作ってた。
祖父母のところも商売やってたりで年末は忙しいので、お節は家では作らないのが普通の家だった。
でもたいていの家は自家製だということは知ってたし、結婚したら夫の方に合わせようと思ってたので、お節の作り方は料理教室でチョコチョコ習ってた。
同僚も料理好きが多かったので、時間さえ合えば数人で単発の料理教室に行ったり、週一で通ったりしてた。
初めてのお正月は義実家から嫁がお節を作って持ってこいと言われていたので、年末一生懸命作った。

お節を義実家で披露すると
「はあ~・・・嫁子さん。出来ないならできないって正直に言ってちょうだい。こんな店のお節でごまかすなんて」
「嘘つきは泥棒の始まりよ」
と言われてぽか~んとなった。
いえいえ、これは私の手作りです。
エネ夫さんも目の前で見てましたしと言うと、エネ夫は
「そうだっけ?」
あれだけ時間かけて作ってる横でつまみ食いしまくったくせに。

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

844

429: ◆mSS36qGICI 2010/11/11(木) 10:46:30 0
エネ夫というかエネ夫未満の話で良ければ聞いてください。

エネ夫とは20代前半で結婚しました。
うちの実家は共働きで大みそかのお蕎麦は出前、お節やご馳走は仕出しでした。
お雑煮くらいは作ってた。
祖父母のところも商売やってたりで年末は忙しいので、お節は家では作らないのが普通の家だった。
でもたいていの家は自家製だということは知ってたし、結婚したら夫の方に合わせようと思ってたので、お節の作り方は料理教室でチョコチョコ習ってた。
同僚も料理好きが多かったので、時間さえ合えば数人で単発の料理教室に行ったり、週一で通ったりしてた。
初めてのお正月は義実家から嫁がお節を作って持ってこいと言われていたので、年末一生懸命作った。

お節を義実家で披露すると
「はあ~・・・嫁子さん。出来ないならできないって正直に言ってちょうだい。こんな店のお節でごまかすなんて」
「嘘つきは泥棒の始まりよ」
と言われてぽか~んとなった。
いえいえ、これは私の手作りです。
エネ夫さんも目の前で見てましたしと言うと、エネ夫は
「そうだっけ?」
あれだけ時間かけて作ってる横でつまみ食いしまくったくせに。

この記事の続きを読む >