鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:おっさん

 (12コメント)

884

435: 名無しさん@おーぷん 2015/07/04(土)14:45:15 ID:lUU
前々から思ってたんだけど、
電車でドア前のポジションを頑なに譲らない奴。
「降りまーす」って言っても降りない奴が度々いて、前々から不快に思っていた。
そして昨日、雨だし、いつにも増して車内マナーの悪さがすごいな~ってイライラしてた。
で、降りる駅で、「降ります」って何度言っても頑なにドア前を譲らないオッサン。
私は「もう降りないと降りれなくなる!」って焦りと
「絶対に聞こえてるだろこのオヤジ…」という怒り。様々な感情がMAXになった。
ふと見るとオッサンの靴がブカブカなのが目についた。
そこで先が尖った傘の先端を、オッサンの踵と靴の間に入れて「降りまーす」って言った。
するとオッサンは「ヒッ!!」って声だして降りてくれてよかった。
電車は本当に神経がわからん奴が山ほどいる。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

chikan
953: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:47:57 ID:fqm
女性のお尻と間違えて女性のバッグに痴漢している中年男を見た。

fril


↑こういうタイプのスカートみたいなバッグで、フリル部分が白。
一番下の段のフリルをめくるとバッグ地があり、ちょうど下着っぽい色合いの水色だった。
中年男は懸命にその水色部分を撫で回していた。
バッグがショルダータイプで、ちょうど女性のお尻の高さあたりに位置したことも災い?したんだろう。
斜め後ろの俺は気づいていたし、少なくとももう一人リーマンらしき男性も気づいていた。
注意すべきなのか、それともこのまま触らせておいた方が被害が少ないのかと迷った。
迷っているうちに降りる駅に着いたので降りたが、
あれからどうなっただろう。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
20: 可愛い奥様 2011/03/07(月) 11:32:01.85 ID:5e0Y/xze0
子供が近所のおっさんに車で当てられた。
それもネズミ取りしてたおまわりの目の前で。
陸上アスリートの中学生の娘の、まだ無垢な太股にざっくり傷をつけられたものの
ご近所だからと堪えて届けは出さず、「病院代だけ支払ってください」
とお願いしたら
ポケットから小汚い1万円札を出してきて
「これで釣りをくれ」
・・・・・と言われた。



殺してやろうかと思った。 

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

ossan

448: 名無しさん@おーぷん 2017/10/18(水)15:50:31 ID:1zx
近くのイオン、安めの下着屋の前に円形のベンチがあるんだけど
いつも穴の空いたジャンパーにサンダルみたいなおっさん爺さんたちで満員御礼ですっごく気持ち悪い
しかも全員魚の群れみたいに店をまっすぐに見ているので何となく店に入れず、
下着だけはわざわざ他所へ行って高いのを買うハメになっている
今日は制服姿の女の子が店に入って行ったら立ち上がってまで店内を見ているおっさんがいて、
さすがに”お客様の声”みたいな箱に投函しようかと思った
もうちょっと配置考えたほうがいいと思う

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

410

651: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/28(土) 01:21:01.25 ID:7IsSdGWB
先週末、家の近くの居酒屋に行った。店内はガラガラで客より店員の数のほうが多かった。
俺はカウンター席に座っていたんだが、50歳くらいのおっさんが隣に座ってきた。
店内ガラガラなのになんで隣に座って来るんだよ…と思ったわ。
そして俺はまだ料理や酒が運ばれてきていないのをいいことに、トイレに立ったついでに2つくらい席をずらして座った。
そしたらそのおっさんは、何のためらいもなく席を詰めてきたww
この時点で相当な恐怖を感じたが仕事で培ってきたポーカーフェイスを駆使して、一応俺は何事もなさそうな顔を貫いた。
ここでおっさんがフレンドリーに話しかけてくれればまだましだったかもしれんが、一向に口を開くことは無かった。

しばらくするとおっさんは若い店員に「いつものを頼むわ」と言った。
へえ、常連か…と思っていると、その若い店員が「申し訳ございません!きちんと把握しておりませんで…」と言った。
まあ大体展開は予想できると思うが、おっさんは物凄い剣幕で怒鳴り散らしてたわ。
店員が何人もやってきて宥めていた。でも火に油を注いだだけだったな。
おっさんは「この中に私を知っているものはおらんのか!!」と言っていたが、
店員たち全員が「知るわけないだろ」ってのをオブラートに包んで言っていた。

こうやって淡々と書いているが、その時は本当に怖かったわ。
でも一番驚いたのはおっさんが急に俺のほうを向いて「こいつと毎週末来てたのに。なあ」と言ったことだったわ。
なんかもうどう反応したらいいのか分からなくなって、俺は思いっきり首を横に振りながら「そうですね…」と言ってしまった。
混乱すると訳分からん反応をしてしまうもんなんだな。

おっさんが酔っているならまだ分かるが、素面だったので余計怖かった。
そして店側が『覚えていなかったことのお詫び』と称して、お茶漬けをサービスしていたことにも驚いたわww
京都なら『お茶漬け』イコール『そろそろ帰れ』ってことらしいが…
ここは生憎京都ではない。
しかし、おっさんはお茶漬け食べたらとっとと帰った。それはそれで衝撃。

この記事の続きを読む >