鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:いじめ

 (5コメント)

d2909b1f
219: 本当にあった怖い名無し 2010/12/06(月) 14:09:01 
学生時代に自分をいじめ抜いた女の夫と不倫して、家庭崩壊させた。 

もちろん不倫したのは女への復讐だけが目的だったから、女の夫に惚れてたわけではない。 
優しかったし、借金までして私に貢いでくれて、そのおかげで女の家庭は不和になっただけじゃなく金もなくなったから都合良かったけど(笑) 

ちなみに不倫発覚後に女が初めて私と会ったとき、女は驚きのあまり目を見開いて固まってた。 
そして私が女本人に今まで私とソイツの夫が2人でどんな事をしてきたのか笑顔で語ってやった。 
女はしばらく表情を失ってたけど、私がこの不倫は学生時代の復讐だという事を暴露したら取り乱して発狂した。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

05

920: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)05:19:01 ID:QPA
小中と結構えげつなくいじめられた上に別段仕返しとかもせず、
防衛本能?からかいじめてきた相手の名前なんかもほとんど忘れているんだけど
(ある意味これも修羅場なのかはわからん)

うちの通っていた中学では「眉毛の処理禁止」という校則があった。
とか言っても女子は大体みんなやっていたけど。
しかし、私は女子にしては昔からあまりにも毛深く、眉毛が濃い。
腕の産毛なんかも剃るのを少しでもサボるともはやすね毛。

なので当然ありとあらゆる毛の処理が必須だったし、
ただでさえ苛められていたのでこれ以上いじられるのはノーセンキューなので、
眉毛も最低限処理していた。

それを運悪く無神経な教師に見咎められた。
あからさまに私よりも細く薄く処理している人がいるのにそっちには声をかけない。
たぶん濃すぎて処理あとが残るのが原因かな、と。
指導室で教師に注意されるだけされたあと、

「なんの手入れもしない状態にすると眉毛が両◯◯吉になる」
「(放置すると)太さが二センチもある眉毛なんて女子としてどうなのか」
「他の女子も目立たない程度に処理している」
「処理しても、毛深くない人程度におさまるようにしている」

と真顔で説明をしたあと、
「それでも処理をしないのは女の子として生きるなと言うことですよね」
と言ったら、無言のまま返されたことをいまだに忘れられない。

当時はそれ以上いじめられたくなくてなんとか言い返したものの、
自分でもこの毛深さには呆れるものがあり、
三十路を過ぎた今更ながらに過去の自分の必死さにじわじわ来つつ
いまだに顔も名前も覚えていない女性教師には腹をたててる。

下らないことではあるけど、今でも毛深さは衰えず困ってるうえ、
昔から母も姉も全く毛深くないので私の心は未だに修羅場です。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

no title
506: 名無しさん@HOME 2011/09/16(金) 09:57:05.61 0
いきなり話変えるけどモンペって怖いな
かーちゃんがきついこと言われて寝こんで、帰ってきたら担任外されててそのまま退職に追い込まれたよ
今でも部屋の掃除すら出来なくて、一日中テレビ見ながら家でボーッとしてる

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

eb9935d2

616: 名無しさん@HOME 02/09/26 01:22
叩かれるの覚悟で逆に復讐されちゃったなあ。 
昔私所謂いじめっ子グループのリーダーだったわけで。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

a6eb2d5f74fcdbbdaaf7e44eb8baf843af1597b11434493273
198: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/12(水) 23:15:58.95 ID:lrFaB/em
先月あった同窓会で。田舎で小中高がほとんど顔ぶれが変わらない。自分は地元組 
なのだが、上京した奴や海外にいったやつなんかも帰ってきて数年ぶりの大掛かり 
な同窓会で8割は参加してた。(といっても60人くらい) 
そこで友人だと思っていたAに『いままで自分(A)にやってきたイジメを反省しろ!いま 
土下座すれば許してやる』といわれたこと。 

 よくイジメはやったほうが忘れても、やられたほうは忘れないというがまじで憶えが 
なくて呆然としてしまった。そんな俺の態度が気に入らないのか、涙まじりに『金を 
盗られた』だの『万引きを強要された』だの『女子トイレにつっこまれた』だのと 
訴えるA。ますます意味がわからない俺。 
そのうち周囲が「それってBグループにされたことじゃ…」とAを諭し始めた。 

 元々DQNぎみだが目立つBグループにいたAだったが、リーダー格の不興をかって 
イジメられてた。自分たちのグループはよくいえば中立派な誰でもウエルカム 
なグループだったんで、そこに逃げこんだAはイジメからは解放された。が、内心地味で 
オタクな最下層に落ちたとAはずいぶんと不満だったらしい。 

 いつのまにかAの中ではイジメをしたのはBではなく俺に摩り替わっていた。上京しいい 
とこに就職し、意気揚々と田舎に凱旋したAは同窓会で元いじめっ子の俺をさらし上げに 
する気まんまんだったらしい。切々と俺にされたイジメ内容を訴え、そのたびに周囲に「それ 
Bじゃん」「ってかかばってくれたのが(俺)君たちだろ」とつっこまれてた。 
その時のAの、心底不思議そうに「え、なにみんなどうしちゃったの」という顔が俺には不気味で 
不気味で仕方なかった。 

数少ないアクアリウム仲間で、青春のいい思い出の一人だったのになぁ…と今も内心修羅場。

この記事の続きを読む >