鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:いじめ

 (8コメント)

5555555555

148: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/10(日) 14:14:03 ID:DRbo9DRa
俺、高校のときクラスメイトに軽くいじめられてて、いじめグループに
罰ゲームと称し同じクラスの可愛い女子に告白しろって強請された
やらないとまた何をされるかわからないし別にフラれても関係ないと思って
校舎裏に彼女を呼び出し「付き合ってください」と告白した
すると彼女は真っ赤な顔で頷いて「いいよ」って返事した
予想外の返答に俺もいじめグループも唖然
リーダーは「ありえねぇ!こいつだぜ、いいのか?」と彼女に聞くと
「○○君(俺)は普段優しいから」
「××君(リーダー)みたいに人をいじめて楽しむようなことしないし」
と俺の腕掴んでその場を立ち去った
実はリーダーは彼女のことが好きで
俺が彼女にコクる→彼女イヤがる→リーダー登場で俺を撃退→二人結ばれる
みたいな考えだったらしくそれが見事にはずれて彼女にも嫌われていた
ことを知りしかもその彼女がいつもいじめている俺のことが好きで
付き合ってしまったことにしばらく相当落ち込んでいた
イヤがらせされたけど彼女ができたせいか自信がついて
リーダーに向かっていって撃退したらいじめはなくなった
リーダーはしばらく不登校になった後、自主退学して消息不明

俺と彼女は大学卒業後、結婚して今に至る

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

851e78b4-s
353: 可愛い奥様 投稿日:2012/05/07(月) 12:09:06.31 ID:EUWzW1FcO
 
子供の友達の母親、俗に言うママ友()をじわじわと嫌がらせをして精神崩壊、心身ともに病むまで追い込ませた。
警察やら児相にも目をつけられ何度も在宅訪問させられてた。


もともと嘘つき、人の悪口大好きでプライドだけは人一倍高かったみたいだけど、メンタルは弱かったみたいだから簡単だった。


母親は子供を転校、おかしくなった妻をみた旦那は別居を開始。


正直後悔はしてない。
ざまーみろ。

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

5026ae86
97: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:13:09 ID:BOe
昔々の話で当時はTVにも取り上げられ結構騒がれた。
その事件当時私は大学生だったんだけど、中学生の頃A,Bていうやつらに
ものすごくひどいいじめに遭ってたんだよね。
でも当時いじめ事件といえば、被害者だけが有名になりどんないじめを受けていたのかを、
事細かに面白おかしく書かれたり公表されるだけで、今みたいにネットで加害者や先生関係者が特定されてさらされたり、
なんてことはなく、まあPCもDOSだなんだといってる時代だから仕方がないんだけどね。
そしてある夏の日に元同級生(いじめられ仲間)だった奴から電話がかかってきた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

d2909b1f
219: 本当にあった怖い名無し 2010/12/06(月) 14:09:01 
学生時代に自分をいじめ抜いた女の夫と不倫して、家庭崩壊させた。 

もちろん不倫したのは女への復讐だけが目的だったから、女の夫に惚れてたわけではない。 
優しかったし、借金までして私に貢いでくれて、そのおかげで女の家庭は不和になっただけじゃなく金もなくなったから都合良かったけど(笑) 

ちなみに不倫発覚後に女が初めて私と会ったとき、女は驚きのあまり目を見開いて固まってた。 
そして私が女本人に今まで私とソイツの夫が2人でどんな事をしてきたのか笑顔で語ってやった。 
女はしばらく表情を失ってたけど、私がこの不倫は学生時代の復讐だという事を暴露したら取り乱して発狂した。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

05

920: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)05:19:01 ID:QPA
小中と結構えげつなくいじめられた上に別段仕返しとかもせず、
防衛本能?からかいじめてきた相手の名前なんかもほとんど忘れているんだけど
(ある意味これも修羅場なのかはわからん)

うちの通っていた中学では「眉毛の処理禁止」という校則があった。
とか言っても女子は大体みんなやっていたけど。
しかし、私は女子にしては昔からあまりにも毛深く、眉毛が濃い。
腕の産毛なんかも剃るのを少しでもサボるともはやすね毛。

なので当然ありとあらゆる毛の処理が必須だったし、
ただでさえ苛められていたのでこれ以上いじられるのはノーセンキューなので、
眉毛も最低限処理していた。

それを運悪く無神経な教師に見咎められた。
あからさまに私よりも細く薄く処理している人がいるのにそっちには声をかけない。
たぶん濃すぎて処理あとが残るのが原因かな、と。
指導室で教師に注意されるだけされたあと、

「なんの手入れもしない状態にすると眉毛が両◯◯吉になる」
「(放置すると)太さが二センチもある眉毛なんて女子としてどうなのか」
「他の女子も目立たない程度に処理している」
「処理しても、毛深くない人程度におさまるようにしている」

と真顔で説明をしたあと、
「それでも処理をしないのは女の子として生きるなと言うことですよね」
と言ったら、無言のまま返されたことをいまだに忘れられない。

当時はそれ以上いじめられたくなくてなんとか言い返したものの、
自分でもこの毛深さには呆れるものがあり、
三十路を過ぎた今更ながらに過去の自分の必死さにじわじわ来つつ
いまだに顔も名前も覚えていない女性教師には腹をたててる。

下らないことではあるけど、今でも毛深さは衰えず困ってるうえ、
昔から母も姉も全く毛深くないので私の心は未だに修羅場です。

この記事の続きを読む >