鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 愚痴

 (9コメント)

thYPMFC4X1

353: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/13(水) 23:50:05.89 ID:dLEzNI0C
反ワクチンの人が身近にいて、しかも医者だったこと
昔から家族ぐるみで仲良くしていたお医者さん夫婦が反ワクチンで、
医者にさせるつもりの息子二人にも一切ワクチンを打っていなかった
息子たちは医大に進学して、実習のときだかにやっとワクチンを打ったらしい
最近話す機会があったが、未だに息子たちにワクチンを打たなかったのは最良の決断、
体が成長しきってから打つのが正解だと思っていた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

images

180: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/07(木) 12:29:16.17 ID:0OQqUrBy
俺は現在52なんだけど、これまで人生で「普通のスーツ」を着たのが10回にも満たないと気づいた。

大学の卒業式で着たのが初めてで(入学式はブレザーで出た)
大学時代にバイトしてたホテルにそのまま入社したので就活はしていない。
ホテルでも、営業や事務方は「普通のスーツ」を着るけれど宴会やフロントなんかはお仕着せ。

そして俺が営業を経験する前にホテルが倒産してしまい、30を過ぎてはじめて就活なるものをした。
この時、3社目で受かったのが今の職場なので、面接で「普通のスーツ」を着たのは3度だけ。
で、人や会社の空気に慣れるため宴会部門に配置されて、その次がフロント。
なぜ、この会社でのキャリアが浅いやつをフロントに配したかというと、夜勤が平気な体質だから。
そのため重宝がられて、というか、便利に使われてというか、もう15年もフロントに貼りついている。
フロントはブレザータイプの制服だから「普通のスーツ」は着ない。

でもって、たぶんこのままフロントの主(今のスタッフの中ではキャリアがいちばん長い)として定年まで行きそうなので、
今の会社で「普通のスーツ」を着ることは、たぶん無い。

まあ、職種によっては不思議でもなんでもないことなんだろうけど、
ワイシャツは毎日着ている仕事なので、なんかおもしろいな、なんて思った。
子供いないから、入学式・卒業式で着る機会もないしね。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

077

170: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/06(水) 23:39:26.88 ID:tev1ZxY0
パジャマの着心地。
恥ずかしい話だけど、いわゆるDQNみたいな暮らしだったので今までの人生でパジャマを着たことがなかった。
子供の頃はパジャマだったんだろうけどトレーナーとズボンのタイプしか着てなかったし、物心ついてからはスウェット
家を出てからも、パジャマは家の中でしか着れないしダサいと思って買わなかった
けど妊娠して先月出産。
入院先はボタン付きのパジャマを買わなきゃ行けないルールだったので嫌々ながら入院日数分のパジャマを揃えたら、パジャマが着心地良すぎて退院してからもパジャマ着てる。
旦那にもパジャマ買えって言ってパジャマ着せたらお互いにすごくハマった
スウェットだと少し暑いしTシャツだと寒いし生地が厚い服だと寝る時服のシワが気になって寝づらいんだなって気付いた
パジャマはそういうのも全くなく通気性も着心地も生地の薄さもすべてがちょうどよくてここ見た人達にもパジャマを勧めたい。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

11144

125: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/05(火) 02:14:08.41 ID:u1mghRHQ
休みの日朝起きたら左足が動かなかった
ベッドから降りて立とうとしたらそのまま倒れた
足首が捻ったような形してたけど何も感じなかった
MAXに痺れた時のシビビって感じの無いような
動かないし感じない。手で叩いてもつねっても何も感じないし、安全ピンで刺したりしても何もない(血はにじんだ)
床の冷たさとかそういうのも全くわからない

で、何を思ったのか「一度寝てやり直したらなんとかなるだろう」と思ってもう一度ベッドに戻った
そして二度寝して起きたら普通だった
夢でも見たんだろうと思ったけど、倒れた時に倒したサイドテーブルとか、安全ピンでつけたミミズ腫れみたいのはあったから夢じゃなかったとは思う。
病院とかも行ってないから原因不明
左足の中身だけ消えたみたいな感覚が衝撃的だった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

1403098top

158: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/29(水) 01:54:46.96 ID:xTgTyFdq
私は同性愛者。
特に恋愛関係で苦労もしてないし、
自分が同性愛者であることを悩んでもない。

ある日、親友と夜中まで私の部屋で深酒をしてて、恋愛に話題が流れたとき、
何の気なしに、自分が同性愛者であることをカムアウトした。
その瞬間、親友、「待って!?私、あんたとは付き合えないよ!?襲わないでよ!?」
とパニック。
それはまあいいんだが、「いや。あんたはそもそも好みじゃないから、襲わないし」と言ったら、
「何で!?私でダメなら、誰ならいいの!?何で私じゃダメなの!?」とキレ始めた。
確かに親友はモデル体型の超美女だが、好意を寄せられるのは嫌なのに、自分が超美人だという自覚とプライドだけは主張した親友は、ずうずうしかった。
どうしろって言うんだよ、私はモデル体型じゃなくて、もっちり体型好きなんだよ。

この記事の続きを読む >