鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 愚痴

 (4コメント)

0820b0f6

485: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/04(月) 12:12:08 ID:7U/5pC+P
俺から告ったら、
微笑みながら、人差し指を顎に当てて考える感じで上を向いて、
「うーん、どうしようかなー。いいよ。付き合おう」
と言われた。
なんかムカついてしまって一気に冷めてしまい、
「やっぱいいや」とお断りした。
後悔はしてない。

この記事の続きを読む >

 (20コメント)

66

238: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/02(水) 18:17:41
主夫して三ヶ月目。娘2人から飯がまずいと言われる。
4歳の上の子はそれでも食べてくれるのだが、2歳の下の子が食べない。
あんまりクズるので「食べたくないのなら食うな!」と怒鳴ってしまってわめかれた。
すると本当に食わなくなって、心配した嫁が食事をつくったら、「おいしいおいしい」と言って食べていた。
とにかく下の子は嫁が家にいないのが気に食わないらしく、いつも俺に反抗してくる。
上の子とは気が合うので可愛いが、下の子は嫁にべったりだ。
今は、家族のぶんを俺がつくって下の子のぶんを嫁がつくるという状態。
嫁は激務でいつも「疲れた」と言いながら食事をつくっていてとても気が滅入る。
上の子も「私もお母さんにつくってほしい」とか言い出して、嫁も負担を感じているようだ。

また、掃除の仕方や洗濯のしかたなんかも嫁に細かく指示されて、生活するのが窮屈に感じる。
俺は働いているとき嫁に指図したりしなかった。毎日下の子とは言い合いになるし、疲れた。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

074

604: おさかなくわえた名無しさん 2010/05/25(火) 12:42:19 ID:STl+3Oyr
今日、予約をしていた歯医者に行ってきた。
しかし予約は明日だった。
5/25(火)11:00と診察券の後ろに書いてあったし、
仕事の休みの関係で火曜日以外に私が指定する事はまず無いし、
万が一間違っても、忙しく休みなんて絶対に貰えないだろう水曜日を指定する事は間違っても絶対に無い。
(○月○日○曜日…と言って予約をとるシステム。カレンダーを見ながらなので、日にちか曜日どちらか間違っても直ぐ訂正できる)

しかし、受付のお姉さんは予約を書き留める手帳を確かめて
「明日の11時です。名無しさんが間違ったんじゃないですか?」と言う。
それじゃあ、診察券の後ろが今日になっているのはどうしてですか?
と聞いても「それは、書き写す時に間違ったのでしょう」と即答。
とにかく、今度は来週にならないと無理なので今日やって貰えないか。
と聞いても誰にも何も確認をせずに「できません」と即答。

結局、間違った事は謝罪して貰えず、今日は何もせずに次回の予約をとってきただけだった。
どうして素直に謝罪が出来ないものか?
別に一言「すみません」と言ってくれれば良いだけなのに。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

68

596: 名無しさん@おーぷん 2016/07/19(火)09:35:29 ID:YwK
ごめんなさい愚痴吐き出させて。
20歳過ぎても彼氏居ない歴=年齢だった私が、半年くらい前から会社の先輩と付き合っている。
優しくて話し上手だし気遣いのできる人だから、私はずっと前から好きだった。
誰かと付き合えるなんて夢にも思ってなかったし。

でも、彼氏の背中に黒い入れ墨、タトーっていうの?が書かれてるかもしれない。
直接は見てないけど昨日海に行った時、白いティーシャツにうっすら透けていたような気がした。

成人してるしお洒落なのかもしれないけどかなりショック。
髪も染めてないしそんなことする人には見えないから見間違いであってほしい。
結局確認できないまま体調が悪いからって早々に帰ってきたけど、なんて言えばいいんだろう。
確認するのがすごく怖い。

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

ダウンロード (4)

446: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/04(月) 02:17:44 ID:yZI2mMp8
グルメで、何でも美味しそうに食べる彼だった。
私も食べ歩きが大好きだったし、デートのたびに味の探求(?)ができるのが楽しかった。

ある日、その土地でしか食べられない名物料理を食べに行った時、
「美味しいねっ」
と、彼がものすごい満面の笑みを向けた。
その顔を見た瞬間、なぜかわからないがとってもせつない気持ちになった。
「うん、うん、美味しいね」
私は、あふれそうな涙をこらえながらそれに答えた。

彼には何も落ち度はない。クチャラーでもなしマナーが悪いわけでもなし、ただ美味しいものを
美味しいと言っただけ。
生きるために食べ、それを楽しんでいる姿に感動しすぎたのかもしれない。

理不尽なのはわかってるが、そのうち自分がやられると思って別れた。

この記事の続きを読む >