鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 鬼女 

 (0コメント)

ダウンロード (34)
221: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)22:58:59 ID:Lbd
子供いる普通の主婦だけどミニバンって見た目が醜くてな…
見た目良し、乗って良し、走って良しの車がいいわ

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

s0eig09esug9eugyhy5-9huse-h
540: 名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 22:17:13.17 0
免許の試験は引っ掛け問題がいやらしい

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

8488

81: 名無しさん@おーぷん 2017/01/20(金)16:35:59 ID:9Xy
満員電車でぼんやりゲームをしていたら、目の前にいたチリチリパーマのおばさんが
肘を押し付けてきたり尻を押し付けてきたりしてなんだこのおばさんって思いつつ、
乗車率100%を超えてるんじゃないかってくらいの満員電車だったから
狭くてイライラしてるんだなーと思いつつゲームに戻った。
しばらくゲームに熱中していたら、数分後におばさんが大声で叫びだした。
なんだ?って思って顔を上げたら私のことを指差して、痴漢だってさ。
女ですけど?
同性だから痴漢ではないという理屈はいまいち説得力にかけると思いつつ、近くにいたおっさんと目を合わせて苦笑い。
「痴漢などしていません。かばんが当たっていたのなら謝ります。でも・・・」
「私のパンティーを触った!!訴えてやる!!!嫌なら示談金よこせ!!!!」
「や、だから・・・触ってない・・・」
「言い逃れするのか!!はんざいしゃ!!!!」
どんどんヒートアップしていくおばさん。ゆとり世代で豆腐メンタルな私は怒鳴られるだけで泣きそう。というか泣いた。
まともに聞いてたら余計泣くと思って、おばさんの罵詈雑言を聞き流しながらパンティーってリアルでひさしぶりに聞いたな・・・とか考えてた。
とりあえず降りたほうがいいかなと思い次の駅で降りたのだが、証人を誰かにお願いすべきだったとあとで後悔。
寒いホームでもおばさんは元気にヒートアップしていった。私は涙声でやってないと叫んだが却下された。駅員はこういうときにすぐ来るわけではないらしい。
ヒートアップしたおばさんがかばんを投げてきて顔にヒット。殴りそうになったが、同じレベルに落ちてはいけないと冷静に対応。
誰がお前みたいなババアの尻なんて触るかって言ってやりたかったが、痴漢されたときに犯人と思しきおっさんにそう言われて泣いた経験から言えずにいた。
しばらくして駅員2人が来た。駅員室?に連れて行かれそうになったが、行ったら自主と同じと聞いたことがあったので拒否した。
でも、後から思えば往来で罵詈雑言を叫ばれ続けるよりは行っておいたほうがよかったのかもしれない。
それから事情聴取?をされ、自分はやっていないことをなるべく冷静に主張した。
これ以上の侮辱は耐えられないので駅員に連絡先を伝え帰った。駅員室?で休息を勧められたが断った。何かあれば電話をしてくれと言ったが今のところ特に連絡は無い。

相手の主張を受け入れず、女相手に痴漢と息巻くおばさんの神経がわからんという話でした。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

no title
410: 名無しさん@おーぷん 2014/06/08(日)13:03:36 ID:???
旦那の口の悪さに最近本当腹立つ…

暴力とか浮気とか働かないとかギャンブルとか、そういうクズ行動一切ないし、
むしろ家事してくれて養ってくれて、他は完璧なだけにそこだけ腹立つ…

この記事の続きを読む >

 (24コメント)

89

920: 名無しさん@おーぷん 2016/04/28(木)22:56:54 ID:H2i
先月、同窓会に俺の元婚約者がきて、俺と結婚するのと堂々と公表し、それに同じく元同級生でニートとフリーターのアラフォー女が同調して大混乱した。
俺のせいじゃないのに、居た堪れない気持ちになって二度と同窓会には出まいと誓った。

まず、元婚約者になった理由。
元婚約者は高校の同級生だった。
高校二年の時につき合い始め、俺は大学進学で上京、彼女は地元で就職、遠距離恋愛だが上手くいっていた。
俺は首都圏で就職を決め、彼女は俺との結婚を機に地元の会社を退職して上京というとこまで決まっていたんだが、そこで別の男に引っ攫われた。
同じ職場の先輩で、地元でも有名な地主の息子が「そんな貧乏な男よりも、代々地主で金持ちな俺の妻になれよ」と口説き、元婚約者も贅沢できそうみたいな感じで転んだ。
別れる時の話し合いで「あなたと彼とは身分が違うから」って言われたw

まだ式場の予約とか正式な婚約もしていなかったし、二十年も前の話だ。
弁護士に婚約不履行で訴えるなんて常識もなかった。
頭にきた俺は「じゃあな! 二度と顔を見せるな!」と啖呵を切って別れた。
それ以来二十年、一度も地元には戻っていない。
こっちで一緒になった嫁と両親は事情を察して、年に一度孫に会うために両親が上京する事を許してくれたくらいだから。
狭い地元に戻ると、必ず地主のお坊ちゃまに出会ってしまうからだ。

俺は別れてから二年ほどで吹っ切ったが、元婚約者は大変らしいという話を両親から聞いていた。
確かにその家は地主で金持ちではあるが、物凄くケチらしい。
相続税で不動産を切り売りしないで済むように金をケチケチ貯めているそうだ。
田舎なので削れない付き合いもあるから、元婚約者は共働きで、旦那、ウトメ、大ウトメ、その上の婆さんも元気らしい。
仕事に、家事に、育児に、多少の介護もあるから、昔は綺麗だったのに目に見えてやつれてきたそうだ。
テンプレの嫁苛め、嫁いだ二人の義姉は度々子供を連れて帰宅、コトメ子の面倒も見なければいけない。
コトメ二人も嫁苛めに参戦、元婚約者は娘を二人産んだ。
はい、畜生腹攻撃決定です。
元婚約者の両親も現状は知っているものの、地主の家に文句など言えない。
俺の地元は、そういうクソ田舎なのです。
つまり元婚約者は騙されたわけだ。
俺は同情する気にもならないけどw

ここで一旦切るか。

この記事の続きを読む >