鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 義実家

 (0コメント)

01

449: 名無しさん@HOME 2008/05/26(月) 22:15:35 O
携帯で流れを断ち切ります。
私は自他共に認める童顔and低身長。
トメは私の外見が気に入らないようで、ウトand旦那に何度〆られても懲りずに「子供を嫁に貰ってしまった」「子供が子供を産めるのか」とイヤミ三昧。
ムーディー並みに受け流していた私にもとうとう限界が来て、言ってしまった。

トメ→「こんな子供嫁、○○家に相応しくないわ~」
私→「○○家が私を気に入らなくても、夫さんは私を気に入ってるから良いんですよ」
トメ→「(@д@)」ポカーン
旦那→「そうだな。○○家に相応しくない嫁選んで、母さんに会わせる顔ないよ俺。俺達もう来ないから、父さんだけ会いに来てよ、迎えにくるから。
嫁子、帰ろう。……母さん、一つ言い忘れてたけど、母さんは嫁子に感謝しなきゃいけないんだよ。嫁子が妻じゃなきゃ俺は一生独身だったんだから」
私→「夫さん…大好き!」
イチャイチャしながら帰ってきました。

ドコがDQかと言うと、実は妊娠したのを報告に行ったのにウッカリ忘れてしまった事とここぞとばかりにイチャついた事と旦那が転勤して引っ越したのに住所を教えそびれた辺り。
転勤決まった直後に妊娠発覚。良い意味ではっちゃけた旦那を焚き付けた私は鬼嫁ですwww

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

4113

436: 名無しさん@HOME 2008/02/26(火) 19:48:43 O
トメがアポなし訪問してきたので仕方なく夕食を出した。


トメ「このスープ濃すぎじゃない?しかもすっぱいし!」

私「あ~すみません、若い人向けな味付けなんでトメさん世代には濃いんですねー。
気がつかなくてすみませんw」
(スープはミネストローネ)

トメ「誰が食べたって濃いわよ!ふじこふじこ!」


数時間後、旦那帰宅。


トメ「そのスープ酸っぱいし濃すぎでしょ!嫁子さんたら私がせっかく注意してるのに認めないのよ!」

旦那「いや?別に濃すぎじゃないし普通にうまいけど?
まぁ老人向きな料理じゃないからな~。つーか、勝手に来といて嫁子の料理に文句つけんな。」

トメ「…」

小声で「嫁子に尻に敷かれて」とか言ってたけど早々にお帰りいただきました。




この記事の続きを読む >

 (0コメント)

7450

311: 名無しさん@HOME 2010/10/08(金) 11:35:40 0
プチだけど投下

普段から「悪気無いから」と称して散々イヤミ悪口放題のウトメが
先日フランス旅行に行ってきた
食べ物とか石鹸とか消え物をくれればいいのに、お土産はいつも
趣味に合わない小物。
リビングに飾ってないと「嫁子が使ってくれない」と泣き
挙句の果てに、トメが我が家にくるとき限定でリビングにおいておくと
「私が買ってあげた」と恩着せがましい
だから今回は、「フランスのきれいな教会の写真を見せてくれるだけでいい」
と言っておいた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

78

108: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/30(月) 11:49:10.54

10代のときに若気の至りで同い年の旦那と結婚しました。
私も旦那も会社員で、田舎でしたのでふたり合わせれば生活は充分できましたが、何分若かったもので、同居を条件に結婚を許されました。
私の親は反対しましたが、父がやや毒、母がエネ気味だったので振り切って結婚しました。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

211

458: 名無しさん@HOME 2006/05/29(月) 11:20:12
姑が早生まれは可哀相ってしつこいほど言います。私の子供は一月産まれです。

姑「そういえば、早生まれの子は可哀相よ。免許も取るの遅くなるし発達も遅いし。恥じゃない。」
こういうことを普通に誰の前でも言います。もしかしたら聞いてる人の中に早生まれ人がいるかもしれないのに本当に恥ずかしい人間です。
姑本人は9月生まれ、私の旦那は10月、義弟は8月、舅は6月です。ちなみに私は6月。
姑「そういえばあんたのお姉ちゃんちの子供は二月だよね?早生まれとか本当に可哀相だよ~やれやれ(´Д`)」
と、言われたので一気に怒りが込み上げてきました。
私「その考えの方が人より発達遅れてませんか?姉の子供についてまで言うなんて、ちょっと”アレ”ですね。
あと変な意見を子供の前で言わないでもらえますか、うちの子供が平気でそういう発言するようになったら人としておかしいですから。」

姑「…嫁は黙ってろ…口ごたえするな。」
私「嫌な思いしてるんですけど。毎回早生まれについてくどくど言われて。口答えが気に入らないならもう来ないで下さい。ここは私のうちなんで。」

姑は、すごい顔して帰って行きました。いつも旦那がいない昼に来て迷惑していたので、一生来ないでほしいです。

この記事の続きを読む >