鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 衝撃的だった体験

 (4コメント)

50: 名無しさん@HOME 2007/12/14(金) 13:04:43 O
兄の稼ぎがわるいからと父に家を買わせて同居しはじめた兄嫁、
家事はまったくしないでたまに実家の残り物を夕飯にと持ち帰る程度
週に三度は実家に帰って、各家族とも水入らずでのんびりwしてるらしいが
最近母がちょっとは家事もしてほしいと愚痴りだした
経済的な理由で同居しはじめたはずなのに
家賃が浮いて余裕があるからと2歳の子をいろいろおけいこに通わせて
そこで知り合った友達と飲みに行くと子ども預けて出かけたり
もう意味わからん
口出すとややこしくなるからなんとなく遠巻きに眺めてるだけなんだけど。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

436: 名無しさん@HOME 2014/01/28(火) 18:03:04.32 0
ネットも携帯もないあまり普及していない大昔のお話
結婚5年目の記念日で、独身時代に2人でよく行った温泉地に行くことにした
お互いの両親から、旅行費を貰ったこともありこじんまりした温泉旅館で
一番いい部屋に追加料理も頼んで2連泊して15万もかけた。
GWに当たるので早くから、予約をしてた。
飲食業界に勤めている友人達から、かなり高いシャンパンと赤白のワイン各一本を
御祝いにもらったので、旅館に持ち込み料を確認すると
お祝いに無料でサーブしてくれることになった。
宿泊の一週間前にワインを送って、追加料理をリクエストし、
部屋の温泉にゆっくり入りために、7時半の遅めに食事時間を予約した。
周りの観光地をゆっくり回って、6時過ぎに旅館に着いた。
フロントに行って宿泊者名簿を書こうとすると、
本日は満室で空室がありません、予約されている方はチェックイン済ですと
フロントの担当者にいわれた。
その日は旅行代理店との書類を持っていかなかったので、
予約している証明も出来ず、30分くらい交渉していたが他の客の迷惑になると
警察を呼ぶと言われて、旅館を追い出されてしまいました。
旅行代理店に連絡しようと宿とのやり取りをメモしていましたが
GWで旅行代理店も営業時間内に電話が繋がらず、
街中のビジネスホテルに泊まって、居酒屋で飲んで、
朝早くホテルを出て、昼過ぎには家に戻りました

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

477: 名無しさん@HOME 2013/02/25(月) 13:44:46.49 0
下に妹が生まれたのが、自分が小学二年生の頃。
小っちゃくてかわいい妹はみんなのアイドルだったけど、それににしても
だんだん母親の対応が私に冷たくなってきた。
それまでは学校の授業参観・運動会・学習発表会等欠かさず来てくれたのに
妹が小さいからと一切来てくれなくなった。
あるとき父親が妹が一歳になっていたので、有給とって運動会に皆で行くよと
言ってくれたのだが、当日になると父親が出勤してしまっていて
母親から「これお弁当。」とそっけなく渡された。父親はデパート勤務だったので
土日も勤務の日が多くて居ない日も多かった。
それからも学校行事等は誰も来てくれない状態が続いた。家庭訪問だけは先生の訪問を
受けて母親が対応していた。
学校でいるものなどはちゃんと買ってくれるし、私物でも欲しいと言えばお金も渡して
くれる。でも母親は自分が妹にかかわるのを、嫌がり母親が盾になっていて
まったく接触もさせてくれなかった。

小学校五年生になった時に母親から学習塾に行くように言われた。自分の事を考えて
貰えて心底うれしく、頑張って勉強したが母親が受けるように指示したのは
遠方の中高一貫の寄宿舎付きの学校だった。
それでも指示に従わないといけないとそこに進学した。寄宿舎に残れないお正月と
お盆の時期は祖父母の家に行くように指示された。父方祖父母は優しくて楽しかったが
やはり家族に会いたかった。そこの学校では修学旅行で外国に行くために
連絡して戸籍謄本を送って貰った。中をみるんじゃないとしつこく電話で言われたけど
そのころにはもしかしてと思っていたので、中をみたらやはり養子だった。

その後祖父母宅に帰省した時に養子について聞いてみたところ、自分は父の妹が産んだ
子供だった。実両親は私を妊娠中に事故に会い父親は即死で母親は重症で産み月だったので
帝王切開で産んだそうだ。その後母親は回復せずに死亡。
父親の両親はすでに無く引き取る親戚も無かったので、祖父母が引き取るつもりだったそうだ。
でも兄にあたる養父夫婦に子供が居ないのと、養母がぜひ引き取らせて欲しいと懇願して
養子になったそうだ。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

543: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/18(金) 00:09:49.88 ID:f9VZuAad
阪神大震災の時、俺は当時小学生だったんだがあの時は驚いたな。 

中学生の姉が一人いて、無口で眼鏡で読書が趣味っつう文学少女だったんだが 
地震が起こるやいなや台所からダッシュで走ってきて 
スライディングで俺を掘りごたつに蹴り落とした。 

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/06(土) 18:58:17.57 ID:clgYk+2O0.net
ぼく「結構です」
ドア閉める
NHK「少しお時間よろしいですか?」
ドアに足を入れて阻止
ぼく「うちはテレビないですよ?」
NHK「携帯電話持たれてますよね」
ぼく「ほぁ?」

この記事の続きを読む >