鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 衝撃的だった体験

 (0コメント)

47

331: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/23(月) 04:01:08.60 ID:FZgTC3DP
俺は大学生の頃コンビニでバイトしていた。
サークル活動やら勉強やらでかなり疲れていて、バイト中ボーッとしてしまった日があった。
そんな日に限ってめちゃくちゃ客が来たので、レジがかなり忙しいことになった。

そんな中でチロルチョコを1つだけ買ったおっさんがいたんだが、
おっさんは万札で支払いをした。
気づかれないように本物かどうかササッとチェックし(一応本物だった)、
あとはお釣りとレシートをおっさんに渡すだけとなった。

俺はいつもお釣りを先に渡し、「レシートはどうされますか?」と訊いている。
しかし、この日はよっぽど疲れていたんだろうな、
俺はレシートだけ渡して「お釣りはどうされますか」と訊いてしまったww
おっさんがしばらくフリーズしてたから、「え?」と思ったわ。
俺は自分の過ちに気付いた時、本当に自分でびっくりしたんだが、
おっさんの方が衝撃を受けたと思うわ。

しかも、過ちに気づいて慌てふためいた俺は
「あっ!申し訳ございません!○○円のお釣りになります。レシートはついでに差し上げます」
とか言ってしまった。
人間って疲れてると何を言い出すか分かったもんじゃないな。怖いわ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

894

564: 名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火)22:52:33 ID:ahA
ウトメにしてやられたので書き込ませて

半月くらい前に農家のウトメが新米をくれたのね。
その時はまだお米残ってたからお礼言ってお菓子渡して~だけだったんだけど
今日お米なくなったから米びつに移そうと思って開けたら
封筒が入ってた!
開けたら中身20万くらいの現金。
慌てて義実家に電話して「何かお間違えじゃないですか」って聞いたらトメさんが
「うちで同居してた時に毎月お金を入れてくれたでしょう。返すわ」って。
同居させて貰ってた頃、家賃や光熱費が浮いてるぶんと食費くらいは払わせて欲しいって
旦那と共に言ったんだけど、トメさんが受け取ってくれなかった。
「2人の貯蓄に回したらええやん。(私)ちゃんが家事してくれるで充分助かってるわ」って。
それが原因で喧嘩した事もあるくらい。
仕方ないからウトさんに
「ウトさんのお小遣いにしてトメさんに何かプレゼントでもあげて下さい」って理由こじつけて渡してたの、
最初からトメさんにも筒抜けだったって。
「驚いたー? アッハッハ! あんたらが経済的に困るような事があったら渡そうと思ってたけど
2人とも仕事上手く行ってるようやし、機会を待ってたら私らの寿命が尽きかねんでさっさと返すことにしたわ!
びっくり箱ならぬびっくり米や!」
めっちゃ笑ってた。
あと「私らはなんかあっても困らんだけの貯蓄あるから返そうなんて思わないように!」だって。

このお金、手をつけられない……。
週末にウトメが好きな鯛めし作りに行くわ。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

63666

461: 名無しの心子知らず 2016/07/15(金) 12:51:31.92 ID:YPYejVX/
ゲーム用で使っているiPod touchのサファリの履歴にエロ動画が残されてました。私が仕事でいない時間です。アカウント乗っ取り!?とも考えたのですが、わざわざ娘が検索をして見ていたのでしょうか。どう聞き出したら良いかわかりません。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

6544

65: 彼氏いない歴774年 2016/07/11(月) 12:46:01.55 ID:wcOYRFG2
薬局にお茶だけ買いにいった
すぐだからと鍵かけずに行って戻って車に乗って後部座席をミラーで確認したら知らない人が乗っていた
「ひぇー」みたいな間抜けな悲鳴をあげて車から出ようとしたら
「こうやって知らない人が入ってくるかもしれないんだからちゃんと鍵閉めないとダメでしょ」
「私がおかしい人じゃないからいいもののやばい人なら殺される事もあるのよ」
とその人は説教しはじめた
その人は酒臭くないし焦点もしっかりしていて話し方も冷静だった
ただ格好も顔も声も普通のおじさんなのに女言葉だった
言いたいこと言い終わったら「じゃあ夏バテには気をつけるのよ、塩分も摂るのよ」と言って颯爽と去っていった
自分の不注意が招いた出来事だけど本当に怖かった
本当におじさんの言うとおり、無事で良かった

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

8442-450x337

872: 名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火)13:35:23 ID:lie
喪女だった中学時代、私のラブレターを人前で読み上げた先輩が偶然勤め先にやって来た。
マニュアル通りの応対をしていたんだけど、なんか目が泳いでしどろもどろしている。
過去の事が気まずいのかな?なんて甘酸っぱい気持ちになっていたら
「あ、あの…すごくお綺麗ですね!すごい美人っすね!エヘヘへ」気付いていないどころかナンパしてきた。
「私の事忘れちゃったんですか?お久しぶりです、◯◯です。」
とニッコリすると、一瞬フリーズした後
えーーマジか俺なんで他の奴と結婚したんだろーいやぁ綺麗になったね驚いたよ昔から可愛かったけどね偶然かな運命だね今度食事でも…
まるで私がまだ自分に惚れているかのような口ぶりで喋る喋る。
もうすぐ寿退社する事を告げると、泣きそうな顔で「ちょっ、それ何とかなんないの?」
すごいクズだった。さっきまで甘酸っぱかったのに一気に思い出が腐った。
その後は用もないのに手みやげ持参で訪ねて来ては「ハァ…可愛いなぁちくしょう」と雑談して帰って行く。
引き継ぎは店一番のゴリラに頼んだ。

この記事の続きを読む >