鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 衝撃的だった体験

 (7コメント)

565

660: おさかなくわえた名無しさん 2016/11/12(土) 14:00:31.15 ID:1N0DMous
魚の美味しい居酒屋さんに連れて行ってくれた彼
お刺身を注文して、出てきたのは綺麗に盛り付けされたお造り
ひと目みて彼は「なんで頭つけて持ってくるの!?気持ち悪い!非常識だ!作り直せ!」と店員呼んで激怒した
気持ちはわからないでもないけど40近い社会人男性のとる態度じゃない気がして冷めた

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

366e97da-s
337: おさかなくわえた名無しさん 2014/05/23(金)20:09:33 ID:???
幼馴染みに、まったくモテないイケメンAがいた
イケメンは、え、こいつがモテなかったら何がモテるの?ってくらいのイケメン
高身長だし、性格も温和
職業は公務員

だがまったくモテない
いっしょに合コン行ったことあるが女はなぜかいつもこいつの前を素通りしていた

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

15551

547: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/28(月)13:46:23 ID:RW9
修羅場スレに万引きおじいちゃんのことが書いてあったけど、数年前の年の瀬に私がバイトするスーパーでも
似たようなものを盗んだおじいちゃんをつかまえた
盗んだのは乾電池と豆乳だったっけ?なんかそれくらいのもの
少額だし、私の店では初めて捕まえた人だったので、お金払って家族に連絡してくれたら解放するよと言ったら
「お金ないし、家族もいない」と空の財布を投げつけられた
「さっさと警察を呼べ」と怒鳴られて、そこまで言うなら呼びましょう・・・と警察に通報したら
「ああその人ですか」というリアクションでナニソレ状態

警察が来て連れて行ってくれた時にちょっと話を聞いたんだけど、おじいちゃんは家がない人らしい
それで寒さが厳しくなると近隣のスーパーで万引きして、ちょっとの間だけ警察のお世話になるんだそうだ
今でこそ「ああよくある話だね」と流せるけど、当時は他人様に迷惑をかけたあげくに税金で生活しようだなんて
図々しいやつだと憤慨したもんだ

結局、どういう流れになったは知らないけど、おじいちゃんは起訴された(うちも被害届出した)
電池やら豆乳やらでどれだけの罪になるのだろうと思って、法学部の弟連れておじいちゃんの裁判の傍聴に行った
裁判で明らかにされた盗品・・・電池、豆乳、新聞、消しゴム、パンなどなど100円~300円くらい物もばかり
それで懲役○年というのになってびっくりしたよー
一緒に行った弟から累犯窃盗というのを聞いて、ああそういう仕組みなんだと納得
あとあのおとなしそうなおじいちゃんが前科二桁というのにもびっくりした
裁判でその前科の内容が説明されてたけど、どれもこれも今回のと同じような件だった
少額窃盗で前科二桁って、実はよくあることらしい・・・なんて世の中だ

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

150: おさかなくわえた名無しさん 2007/03/26(月) 21:06:50 ID:whqR8Ri7
も一つ、スーッとはしないけど小さい武勇伝を。食事前の方はご遠慮下さい。 
暖かくなったからか、ゴ○ブリ(以下G)が出た…orzしかも4cmはありそうなデカG。 
しかも小学1年生の甥の前を、まだ寒いからか超スローに歩いて行く。私は怖くて動けない。 
甥「ぅあぁあぁあぁ!こあい!こあい!」とと、同じく動けなくなる甥。 
すると、飼ってるチワワ(きなこチャン)が猛然と走ってきてGに噛みついたじゃないですか。去年の夏、カブトムシを見てシッポ丸めて逃げてた子なのに…口と同じくらいの大きさのGなのに。 
それよりびっくりしたのが、それまで泣き叫んでた甥が 
「だめ!きなこ!ぽんぽいたくするよ!」 
と言ったかと思うと、きなこチャンの口からGを素手で掴むと、玄関に走っていって外にぶん投げた∑(゚д゚) 
玄関で仁王立ちで泣く甥に漢を見た。あんたいい男になるよ。 
…と腰抜けて立てない叔母ぁは思うのでした。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

69

437: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/08(火)20:45:55 ID:OoL
兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
それを見たお姑さんが一言
「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

その場にいた全員が?状態でフリーズしてたら、
店員さんが「はい、フライ用に処理しましたが・・・」と口を開いたんだけど、
次のお姑さんの発言にビックリ。
「ですから、アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?」
と言ったことで、あー、そういうことか!と把握。

どうやら生魚から完成品を作れという要求だったらしいんだけど、
当然お店も「申し訳ありませんがそれは致しかねます」という返事、当たり前だね。

でもお姑さんは引かずに「だって書いてあるじゃない」と『調理承ります』のパネルを指差して再度要求。
そこからお姑さんと店員さんが
「この調理というのはお料理用の下ごしらえのことでして・・・」
「ならどうして調理って書いてあるの?作ってくださると勘違いするじゃない」
「アジフライでしたら揚げ物コーナーにございますので、そちらで・・・」
「そういう話をしているのではないの!」
とやりだした。

それを見かねたお嫁さんがパックを受け取って店員さんにお礼を言って、
引きずるようにお姑さんを鮮魚コーナーから引っ張っていった。

スレタイはその後先方実家に戻ってからのお姑さんの発言。
やらかした内容をお嫁さんから叱られたお姑さんが、
「そんなに怒らないで、意味くらいお母さんだって分かってるわよー。でも新しいお店はああやって一度言っておけば、これから使うときに色々便宜を計ってくれることもあるから、試しただけなのー」
と笑顔で言い放った。

帰りの車中で両親と「すごい人だったね、、」と話したけど、
私からは遠いとはいえ、親族にお姑さんみたいな人が増えたことにプチショック。
お嫁さんはしっかりした人だから大丈夫だと思うけど、
今後の兄が少し心配になったという独女アラサーの個人的衝撃体験。

この記事の続きを読む >