鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 衝撃的だった体験

 (41コメント)

927: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/07(火) 13:50:17.46 ID:KLh3Fd8Q
いまいち自分(女)に自信がなくなってきた。 
忘年会の食卓に骨付きの唐揚があったんだけど私以外の女性は誰一人として手を付けやしないし、 
当然余るから「これ全部男性陣に回そう」ということになった。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

717: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/26(木) 11:13:29 ID:YkIYdsug
昨日見た光景
ドラッグストアで薬剤師さんが、見た目いかにも893な
ウガンダトラを健康にしてデカくして怖くしたみたいな
スキンヘッドで黒いスーツを着た衝撃的に怖いオッサンに絡まれていた。
クレーム付けられてるのかな?怖いなと思いつつも野次馬根性で
近くの棚の商品を見てるフリをしながら聞き耳を立てたら、オッサンはこんな事を言っていた。
「従業員の一人に物凄いワキガのやつがいて、かなわない。匂いを抑える薬は無いか?
ただ、そいつにワキガだと言うのは可哀想なので、従業員全員にお前ら汗臭いといけねぇから
これを塗っておけ、とさりげなく言って渡したい。なのでワキガ治療薬などと書いていないもので
ワキガじゃないやつが塗っても害の無い薬が欲しい。」
と、こんなような事を相談していた。
薬剤師さんは酷いワキガは手術しないとねぇなどど言っていて
オッサンは「本当に臭いから手術させたい。でも、俺からは言えねぇよ、傷付くだろ」
と、頭を悩ませている様子で、見た目と相反する優しさと繊細さに衝撃を受けた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

208: 名無しさん@HOME 2012/03/06(火) 20:16:12.67 0
最大の修羅場。

私の運転する車の助手席で実父が亡くなった事。

右折したら父が倒れこんできて、急いで停車して揺り起したら
瞳はくすんでいて、口元からよだれが垂れてきてた。

半狂乱で救急車を呼ぼうとしたが、その場の住所がわからず
号泣しながら近くの会社の工場に飛び込んで、住所を聞いた。

いまだにその道を通るのが苦手。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

557: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/24(火) 18:04:52.14 ID:huhwQ1DV
じゃあ流れ切る様だけど自分が

自分は地方の空港に勤めてる
と言ってもパイロットやメカニックじゃなくて空港経営のお店
今年の8月の中ごろ、旅行客で賑わうなかで騒動があった

10時ごろだったと思うけど、突然男性の怒鳴り声と女性の悲鳴が聞こえた
空港で喧嘩って実はよくあるんだけど、悲鳴があがるほどのことは今まで一度もない
何だろうと思ってお店から顔を出すとすぐ近くの待機所で一人の男性(A)がもうひとりの男性(B)の胸倉を掴んで怒鳴り散らしている
叫び声の主はAの腕を必死に掴んで、離して!ねぇ離して!!と叫ぶ女性(おそらくA嫁)
怒鳴り声は止まらず警備員が駆けつけてきてもAとBはヒートアップしている
会話が全部聞こえてきたんだけど、どうやらA嫁とBが不倫旅行へ行こうとしている所をAが押さえたようだった
A嫁の妹から朝電話があってAが一緒に旅行にいくんじゃないの?と聞いたら知らないよ?と言われて飛んできたらしい

二人は警備員が止めるのも聞かずにまたヒートアップ
他のお客さんもビックリして遠巻きに見ている

するとおもむろにAがBに掴みかかった
またA嫁が悲鳴を上げているがうるさいだけで何の役にも立っていない・・・
そのまま警備員を振り切ってAがBを思いっきり投げ飛ばした

うちの店の方へ

店の商品の棚はひっくり返り、商品は潰れた
そのままAがBへ飛び乗ろうとしていたので、これ以上店を壊されては困ると止めに入ったんだけど間違いだった

とにかくすごい力!
自分は身長178cmあってジムにも行くんだけど、完全に振り回されている
しがみついて「やめてください!やめてください!お店が壊れるやめてください!」と連呼していた
その隙にBが飛び蹴りでやり返したもんだから一緒に後ろへひっくり返っておもいっきり顔面からロビーの床にぶつかった

もんどりうってる間にも肉を叩く鈍い音と怒声、警備員の必死の制止が辺りに響いていた

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

190: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/02(木) 04:49:39.84 ID:9HchXRCb
大晦日に実家に帰ったら、妹と甥二人が来ていた。 
私がお年玉をあげたら甥二人は中身を見て「少ねー」と言い(七歳と五歳) 
まあ3000円だしね…と思ってたら二人は私に「貧乏人!!貧乏人!!」と手を叩いて貧乏人コールをし始めた。

この記事の続きを読む >