鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 感動

 (18コメント)

1111

84: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/07/04(土) 01:33:14.35 ID:owssRZ5+.net
一人っ子のつもりだったから
最初で最後の育児だ、後悔の無いように愛そうって育てた
1歳の誕生日が来た時、全然後悔がないくらい愛情注げた!って思ったくらいだった
魔の2歳児とはなんぞやってくらい手のかからない子になった
幼稚園でも毎日楽しそうだった
この子は1日だって頑張ってない日は無いんだなって励まされてきた
小学校に入ってまさかの2人目が生まれた
予定帝王切開の前日
旦那と風呂に入ってる娘が泣いてた
ママを独り占めできる時間が今日で終わっちゃう
ママ、ママ…って号泣してる声がずっと聞こえてた
私もドアの外で泣いた
お風呂から上がって
ママ、大丈夫だよ、お姉ちゃんになる覚悟、できたよ
ってひっくひっく言いながらしがみついてきた
本当に優しい子になってくれた

今妹を世界一可愛い赤ちゃんだ!って言いながら愛おしそうにしてくれてる
2人とも本当に可愛くて可愛くてしょうがないよ

長文のろけごめん

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

07

77: 名無しの心子知らず 2008/03/16(日) 23:17:37 ID:2EwIIuCZ
同じことを思っているスレ、ハケーン!
自分で子供を産んでから、母の気持ちや思いがよくわかったよ、ホント。
私は双子だから「アレが2倍!?」って思うと、頭が上がらないです。

感動する話じゃないんだけど、

去年、私は初めて娘を産んだので、
今年の私の誕生日(2月)に母に花束を送りました。
「この日、お母さんが一番頑張った日だね!ありがとう!」というメッセージ付けて。
当日、母から電話が来て、
「何よ~?あれ~ww、思わず配達の人に
「今日は送り主が誕生日なんだけど、送り先間違ってない?」って言っちゃったよw」
と、言われ「迷惑だったかな~?」って一瞬思ったんだけど、
声は明るかったから、ちょっと安心。そしたら・・・
「もう、いいのに~・・・でも、ありがとうね~」と涙ぐんだ声。
送った私までもなぜか涙ぐんでしまいました(ノ∀`) アチャー

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

45

606: おさかなくわえた名無しさん 2015/02/12(木) 01:45:35.31 ID:jcpvk6e4
長いです。
結婚の許しを得るため、私の両親のもとへ彼が挨拶に来た時の話。
彼の存在は完全非公表だったので、両親と彼は初対面。だが着席後、わずか数秒で結婚のOKがでた。理由は彼がY県出身だから。
父の理論では、Y県出身の人に悪い人はいない。だそうだ。背景としては、父が就職上京後から現在に至るまで、長年お世話になっている上司Aさんの故郷がY県。だからY県出身の人に~の父理論となるそうだ。
ちなみにこのAさん、私の思い出節々に登場してくるほど、本当に可愛がってくれた。父の上司だが、子供だった自分にとっては優しくておもしろいおっちゃん。
私が結婚すると聞いて、飛行機の距離(定年され現在はY県に戻られている。)だが、式には駆け付ける、と言ってくれた。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

0756

142: おさかなくわえた名無しさん 2007/07/19(木) 13:59:50 ID:Li5LTokT
たいしたことないから暇つぶし程度に読んでくれ。

高校の時に親が再婚して半年くらいしか年の違わない弟が出来た。(弟の方が俺の高校に転校してくる形)
俺、ラグビー部。体型は室伏。
弟、美術部。体型はモヤシかカイワレ。

高校にもなって兄弟よーなんて言われてもなじめず、お互いよそよそしい状態で、名前にさん付けで呼んでた。

ある日俺は学校帰りにヤンキーに絡まれていた。
何度かあったことだし、なんだかんだ絡んでくるくせに喧嘩をふっかけては来なかったので、やれやれ…程度のリアクションだった俺の後ろから叫んで飛び出した奴がいた。
「おおおお俺のお兄ちゃんになにすんだぁぁぁ!」

必死になってヤンキー相手にカバン振り回して追っ払ったのは弟だった。
これまで「T(俺)さん」としか呼ばなかったひょろい弟が、俺の危機と思ったらしく、足もつれさせて転びながら。

後にも先にも弟があんなでかい声出したのはそん時だけだったが、今では親元離れて一緒に住みながら俺は福祉の学校、弟は美大に通ってる。


俺の弟の武勇伝でした。まとまらん文ですまない。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

252

89: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/19(木) 11:00:04.22 ID:4vaVVVlz
自分の人生を変えた体験
中学の時に両親が離婚して、母に引き取られた
離婚が原因というか、両親大好きだったから、離婚後めっちゃグレた
解答欄に名前を書けば入れるとまで言われるような底辺高校に進学し、喧嘩で停学くらったりしてた
ただ、警察のお世話になるようなことは一度もなかったのは、今でも救いになっている
将来は土方にでもなっかwwwみたいに軽ーく考えてた
高校三年になって、担任に呼び出されて、お前このままじゃ卒業できんぞって言われた
しかし、この高校には応じる人は少ないらしいがボランティア活動による温情措置があると言われた
めんどくさくなったらサボればいいやという気持ちでボランティアに参加した
ボランティア内容は、老人ホームでお年寄りの相手をする事だった
いざやってみると、これが楽しくて仕方がなかった
みんないい人なのよ
こんなお婆ちゃんの相手してくれてありがとうねと言われた時、涙が止まらなかった
俺、今まで何やってたんだろって後悔が一気に押し寄せてきた
オロオロするお爺ちゃんお婆ちゃんに、自分の反省を泣きながら語ってんの俺www
そのことに気付けたんだから、まだまだ取り返しは効く。頑張りなさいと言われまた泣いた
安直ではあるが、これが俺の天職なんだと思った
その日から、一切の喧嘩を辞めた
学校が終わったら、老人ホームに遊びにいくかアルバイトをして、夜は勉強するようになった
母も応援してくれるようになり、高校を卒業して介護福祉士になるために専門学校へ通った
介護福祉士の資格を取って、今でも毎日働いている
3K仕事ではあるけど、楽しいんだこれが
あの時、ボランティア活動しなかったら俺どうなってたんだろうかと今でも考えるよ

この記事の続きを読む >