鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 感動

 (3コメント)

02

90: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/11(月) 16:24:55.45 ID:WzQzYMFn
3.11の時に家の中がぐちゃぐちゃになって、兄弟猫の兄の方が行方不明になった
必死に探したけど猫が隠れそうなところはどこも壊滅状態だし、ひっきりなしに余震が来て片づけもできず、見つけられなかった
弟猫の方は無事だったけど、兄がいないのでかなり心細い様子
数日経っても兄猫は見つからなかった
きっと倒れた本棚の下敷きになって死んだんだ、暖かくなる前に見つけて埋めてやらないとと諦めかけた頃、どこからかひょっこり現れて水を飲んでた
第一発見者の母親が素っ頓狂な声を上げて家族全員と弟猫を呼び、みんなで無事の再会を喜んだ
被災生活のことはあまり思い出せないんだけど、あのときの驚きと喜びは今でも思い出せる

そんな兄弟猫も今年で16歳
まだまだ長生きしてほしい

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

79

220: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/05(木) 12:26:33.86 ID:7OpruVP7
30年以上前の話。
うちは母子家庭で母ちゃんは体が弱くて貧しかったから、俺もファミレスでバイトして高校の授業料と生活費の一部を賄ってたんだ。
ある日バイト割きに母ちゃんが食べに来たんだけど、口紅塗ってスカート履いた母ちゃんを初めて見たw
そして乗って来たのはライトが壊れて懐中電灯をくくりつけてあるサビサビのママチャリww
注文は店で一番安いスパゲティーナポリタン380円也www
母ちゃん同僚や店長が通る度に、一々立ち上がって「これ本当に美味しいですね。○○を宜しくお願いします」って頭下げてるし、同僚には「オマエの母ちゃん380円www」なんて笑われるし。
家に帰って二度と来んな!って怒っちゃった。
んで衝撃的だったのは、先日母ちゃんが亡くなって遺品整理してたら、何十年も使ってたバッグの内ポケットからその日のレシートが出てきた事。
印字はほとんど消えかけてたけど、日付と金額は確認出来た。
んでレシートの裏には小さな字で、「こんな美味しい物があるなんて。食べるきっかけを作ってくれた○○に感謝!また食べたいけど怒られるからなあ」と書いてあった。
昨日はそれを見た嫁が、当時のメニューを思い出しながらナポリタンを再現してくれてみんなで食べた。もちろん母ちゃんにもお供えして。
因みに嫁は当時のバイト仲間で、母ちゃんを唯一笑わずに 「いいお母さんだね」と言ってくれた子だ。
そう言えば俺も娘のバイト先に食べに行ったあと、恥ずかしいから来ないで!って怒られたよなあ。
でもバイトとは言え子供が働いてる姿を見るのって、嬉しいし誇らしいよね。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

no title

691: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/05(火) 20:53:11.93 ID:+qB3TnDm
昨年のこと。 
入籍翌日がちょうど土日だったので、京都に一泊旅行をしました。 
新婚旅行ではなく、何となく節目を二人でお祝いしたかったので、急に思い立って決めた旅でした。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

no title

858: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/21(金) 23:53:04.93 ID:A+b5zQrDO.net
東日本大震災があって炊き出しに行った際 
、避難所で色々やってたら「俺だって家族が見つからないんだよ!!」って叫び声が聴こえて、何事かと近付いたら若い自衛隊員が泣き崩れてた。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

29

459: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/18(金)15:23:51 ID:XEJ
生みの親と再会したこと
父が急逝し母親が鬱病状態で当時4才だった私は放置子だった
お腹減っても母親は仏壇の前に一日中座ってて目の前にたっても私の存在自体忘れられてた
完璧に違う世界行ってた母親が置物にしか思えなかった
親戚も居ないので本当に誰も世話してくれない
お腹を満たすため公園で草とかヘビイチゴとか食べるのが日課
でもある日、女の人に「何してるの」と話しかけられて私はビックリしつつも「これオイシい」とか得意気にしてた
そしてなぜかいつの間にやら私はその人の家に住むことになって新しい母と兄と姉が出来た
当時の記憶はあまりないけどあっという間に生活が変わった
何不自由なく特に姉には過保護なくらい可愛がられて生活してきた
実の母と再会したのは大学卒業式の日
ずっと聞いちゃいけないと思ってたのに生みの親を育ての親が軽い様子で連れてきた
見た瞬間生みの親と解った
育ての母親がずっと色々世話して社会復帰させてくれたと生みの親が告白して何で育ての親はそこまでしてくれたのかと聞いたら「もう一人くらい娘欲しかったから浚ってきたんだけどあんたに後から怒られるの嫌だったから手伝ってみた」と笑ってた
精神的にも経済的にも立ち直った生みの親とは一緒に暮らしては居ないけど週に何回か一緒にご飯を食べるようになった
姉からすると「お母さんはノリで行動するだけだから深く考えない方がいい」らしい
育ての母親は宗教家とかじゃないけど自営業でずっと働いて私の生みの親以外にも子分みたいな人が沢山居てこういうのがカリスマなんだろうかとたまに思う


この記事の続きを読む >