鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 最悪の出来事

 (3コメント)

ダウンロード (100)
114: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 04:54:30.87 ID:8fYFK5KN
大学からの帰りに
いきなり目の前を歩いていた女性が倒れたのが
人生で最大の修羅場

初めて救急車に乗ったり、
女性の意識が回復してから頻繁に見舞いに
行ったせいで彼女に浮気を疑われたり
友人連中にリンチされて、そのせいで停学くらったりと今なお、修羅場が継続中w

人助けしたら彼女と友人無くしたけど
趣味や境遇がほぼ同じ彼女ゲットした
ってだけの話なんですけどね

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

574

714: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/13(金) 02:12:53.37 ID:6p3KLvUc
もう寝るから書き逃げ
自分の人生最大の修羅場
もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい
らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから
気付いたら知らない天井
その事故があった日から一年半近く経っていた
生死をさまようレベルだったと聞いた
自分が目覚めたのを聞いて、両親が駆け付けてきてめっちゃ泣かれた
思いっきり泣いた後、信じられないことを言い出した
自分が意識不明だった一年半に嫁と子供が亡くなったと言われた
嫁は脳梗塞、子供は吐瀉物が喉に詰まって窒息死だった
まだ一歳にも満たない我が子と愛する嫁を気付いたら失ってた
あの時ほど絶望したことはなかったよ
丸一ヶ月くらい無気力で、時には嫁と子供の事を思い出して泣いていた
そんなある日、夢に嫁と子供が出てきてやんの
嫁は何も言わず、ニコニコしてて、子供はキャッキャキャッキャ笑ってた
なんか知らないけど、生きなきゃって気になって、まずは墓参り行かなきゃと思い至った
それから必死でリハビリをして退院当日にその足で墓参りへ行った
嫁と子供がいない我が家が寂しすぎるよ
今では仕事も完全復帰したけど、時々家族を思い出して泣きながら生きている

書いてたらまた泣けてきた
寝る

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

298

330: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:18:16.96 ID:ZtArceS2.net
どうしておはぎって負け組イメージがついて回るんだろう
あんなに美味しいのに

会社が棚卸しで振り替え休日があったので
会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った
私は途中で腹が減ると思ったので
人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
寝不足ながらウキウキ気分で出発。
ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。
一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。
人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
言っていたらしい。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

5556

502: 恋人は名無しさん 2012/11/08(木) 10:48:28.32 ID:6cqCd1oB0
実父が亡くなって遺産相続が発生した。
実父はお酒が入るとホラをふく人で、
「昔、河童と親友だった」
「宇宙人と取引したことがある」
「俺は今幽体離脱の真っ最中だ」
と、ホラというより単なる酔っぱらいの戯言な感じ。
中には
「ロトで4億円当たった」
「アラブの油田を持ってる」
「俺は海運(海賊?)王だ」
というありえない金持ち発言もあったんだけど、
「あーまた気持ちよく酔っぱらってるなあ」
と周囲は流してた。
しつこくも言わないし絡んだりとかもないので、
「酔ったらこういうこという人だったなあ。面白い人だったなあ」
とお通夜の席で同僚の人が思い出話とかしてくれた。
実生活ではそんな冒険譚もなく、お葬式費用はちゃんと用意してあったし生前分与も終わってたから、
遺産相続といっても300万円もなかった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

078

211: 名無しさん@HOME 2009/05/20(水) 23:31:43 0
吐きださせてください。

結婚前に債務整理をしていた旦那。聞かされたのは結婚式直前。
「借金の理由はトメの借金を返すために仕方なくだった、もう二度と借金はしない」と言う言葉を信じた私が馬鹿だった。
娘を出産した頃、私に黙って上司の保証人になっていたことが発覚。
幸い、上司がすぐに完済した為、こちらに被害はなかったが、この件で旦那を信用できなくなった。
その後、だんだん金遣いが荒くなり、渡した小遣いでは足りないと、頻繁に追加の小遣いを要求するようになったが、年収300万以下の家庭で小遣いを5万も6万も渡せるわけがなく、断固拒否。
金に困った旦那は、私に黙って消費者金融に手を出していた。
額は少なかったが、黙ってそんな事をしていたのが許せない。
旦那が会社を辞めて家計が苦しかった時も、借りたお金を隠し持ったまま、小遣いとしてチマチマ使っていたらしい。
借金発覚で、別居を決意。旦那は、何を言っても「ごめん、もうしない。チャンスをくれ」と言うばかり。
即離婚じゃなくて「別居」のかたちにした事が、あんたの言ってるチャンスなんだよ!
「別居中に本当に心を入れ替えて、貯金なり再出発の新居を用意するなりして、迎えに来るくらいの根性があるなら、再構築を考えないでもない。」と言ったら、「俺はお金の管理ができないから、それはお前にやってほしい。」だと。アホか。
元々旦那は、隣の県に単身赴任(と言っても、1時間半で帰って来れる距離だが、帰りが遅い為基本的に会社の寮で寝泊まり。)なので、話し合いの日は寮に帰ってもらった。

今日、今顔を見たくないのでしばらく帰って来ないでと言ったにも関わらず、「明日帰る」ってメールしてきた。
人の話全然聞いてねえ。断ったら「ホントにごめん」とかしつこくメールしてきて、うぜえええ!!
もう再構築は無理だ。ここを出たら一気に離婚まで持って行くぞ!


吐きだし、失礼しました。

この記事の続きを読む >