鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 最悪の出来事

 (0コメント)

PAK77_hirateuchishine20140301143025-thumb-815xauto-17873
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/27(日) 16:43:34.64
年収400ないぐらい 
子3人。内2人連れ子。 
年齢27 
小遣いなし、タバコ辞めさせられ、車手放し、 
欲しい物は何年も買えず。 
辛すぎワロタwww

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

154fc86c
4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)21:02:49 ID:Qi0
1乙です。

つい先日あった冷め話でも。

私の髪は伸びるスピードがたぶん人より少し早い。
だから結構な頻度でカットしたり、パーマかけたり、カラー変えたり色々楽しんでる。
それを彼友人が聞いて、その女は浮気してる!と騒ぎ出した。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

4444444444

110: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/06(木) 12:58:26.98 ID:T6GNoUAO
小学4年生の頃、とても仲の良い友だちA子がいた。
仲は良いがクラスが別々で地域も違ったためその年の夏休みの夏期講習で
A子に同じ学校の塾友達ができた。
当時A子は頭いい可愛らしいピアノ上手いで女子からチヤホヤされていたのもあって
その塾友達に張り付かれ(自分の思い込みだと思う)少しずつ私と遊ぶ時間が減っていった。
今考えるとクラス違うしそんなもんだよなと思うが、その時は悔しさとか友達をとられた!という思いでいっぱいだった。

ある日、学校の購買でA子が消しゴムを落として気が付かずに品物を見ていたところを偶然見つけた。
そこで何を思ったか私は自分のマジックで消しゴムの裏に
「◯◯(A子の苗字)タヒね」と書いてから、落ちてたよ!とA子に渡した。
少し意地悪したくらいのつもりだった(馬鹿)のに、当たり前のようにクラス会議へ発展。
結局私のところには全くお咎めもなく誰が犯人にされたのかどうかすらも知らないまま終わった。

小学生でシぬという言葉の重さが分からなかったとはいえ
A子を凄く傷つけただろうし、ずっと謝りたくて仕方ない。
本当に馬鹿だった。あの日の自分を殴ってダメだと分からせたい。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

999995

40: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 20:33:00.70 ID:Ik0Ld4Rl
バレンタインが近いこともあり、10年前の痛い過去をつい思い出してしまった…

当時勤めていた職場で、同僚の男性全員分の全て同じ値段のチョコを配った時のこと。
そのうちの一人の男性従業員に手渡ししようと思ったら、他の女子社員と店長のいる前で
「あ、いらないです!もう他の人にたくさんもらいましたから」とはっきり言われてしまったこと。
私は別にその人に好意を抱いていたわけでもなく、本当にみんなと同じように渡そうとしただけで、
ホワイトデーのお返しが欲しいとも別に思っていなかったし、ただ日頃の感謝の気持ちを込めて
「よかったらお仕事の後にどうぞ」ぐらいの気持ちしかなかったのですが。
今にして思えば、チョコも嫌いだったのかもしれないけど、それ以上に私が嫌われていたのだろうなと思った。

誰にでも人の好き嫌いはあるし、別に私が嫌いなら嫌いで全くかまわないのだけど、
別の従業員の見ている目の前で言われて、恥ずかしい思いをしたというのが本当にショックだった。
さらにショックだったのは、後日別の女子社員に「もらわれて迷惑なこともあるんだよ」と言われたこと。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

2855

942: 名無しさん@おーぷん 2015/08/14(金)15:17:46 ID:IlB
彼女にプロポーズ拒否されたこと
拒否自体は別に良いんだけど、(いやホントは全然良くないけど)とにかく理由が凄かった
「責任を取りたくないから」の一点張り
結婚して、俺が何か犯罪や交通事故起こして人が死んだりした時に責任持ちたくないからだって
家族になった途端に、自分自身が起こしたことじゃなくても責任が発生するのが嫌なんだと
子供なんて論外、天才外科医として多くの人命を救ったり、人類に貢献する大発見してノーベル賞獲ったりする
可能性と同じくらい、事故や犯罪で周りに迷惑かける可能性もあるから絶対生まないと
自分の腹から生まれたばっかりに、自分の意思から離れたその「生き物」のしでかしたことの
責任や負い目を背負うなんて死んでも嫌だと
付き合うのは別に構わないけど、結婚は有り得ないって断言された
結婚願望があるなら別れて別の人探した方が良いとか普通に言われて、死にそうになった

彼女は、今在る自分の親族すら、責任発生装置としか見ていなかった
出来ることなら自分に繋がる全てを断ち切りたいそうだ
結婚して家庭を持つなんて、新しい繋がりを積極的に持つ気は当然ない
人間不信なのか我儘なのか、彼女の心がどうしても理解できずに結局数年後に別れたけど
今でもたまに彼女の人生に一体何があったのかって考える

この記事の続きを読む >