鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 最悪の出来事

 (1コメント)

PAK77_hirateuchishine20140301143025-thumb-815xauto-17873
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/27(日) 16:43:34.64
年収400ないぐらい 
子3人。内2人連れ子。 
年齢27 
小遣いなし、タバコ辞めさせられ、車手放し、 
欲しい物は何年も買えず。 
辛すぎワロタwww

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

FxnEF5rvr7nJEw2_ItIkS_12
26: 名無しさん@HOME 2012/08/28(火) 09:25:51.84 0
前スレの流れで思い出した。 
前の仕事していた頃、なんだか寒気が止まらなくて医務室で休ませてもらっていたんだけど 
熱を測ったら39度を超えていたので、上司が気を利かせて帰らせてくれた。 
電車に乗った時点でもうフラフラで、自宅最寄りの駅に着いたら歩くのもやっと。 
ちょうど家と駅の間に総合病院があるのでわらにもすがる思いでそちらに寄った。 
待合室の椅子にぐったり座ると、様子を察したのか先に入れてくれ、熱を計ると41度を超えてる。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

262

809: 名無しの心子知らず 2017/03/24(金) 16:26:52.80 ID:P1zBcWSW
旦那の名前から一文字とり、私が動物のトラが好きなので、名字との画数が良かったのも手伝い大雅と名付けた。
出生届出してからネットで検索したら予測に「大雅 名前 dqn」と出てきて恐る恐る見てみたら本当に消えたくなった。
私も旦那もdqnとは程遠い人種だけど、そんなにヤンキー臭する名前とは感じなかった…息子ごめん…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

555

655: 可愛い奥様 2016/11/05(土) 00:12:03.79 ID:Ao56+A940
障害者話
胸糞ならごめん





結婚してからADHDだと発覚したけど隠してること

私は子供の頃から遅刻や忘れ物も多く、仕事もできない人間だったので
専業主婦になりたくて対して好きでもない今の旦那と結婚した
私の事はおっちょこちょいだけどかわいくてほっとけないと思っているらしい

旦那は障害者嫌いでテレビに出てくるとすぐ変えるし、電車で遭遇してもすぐ車両を変える
だから子供を産むときもハラハラしていた

私は自分の事を健常者だと思っていたけれど育児ノイローゼぎみで精神科に行ったらADHD(発達障害)だった
離婚されると生活できないから発達障害がバレないように旦那にはずっと隠してる
精神科に行ってる事も内緒にしてる

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

184

814: 名無しさん@おーぷん 2017/04/21(金)10:19:44 ID:duf
結婚した私の唯一の心残り
結婚式も写真も結婚指輪も何もかもやり直したい

夫とは学生のときから6年お付き合いしてて、「君が一番きれいなときの写真を残そう」と言われて25で結婚する予定だったんだ
ところが夫の親が余命宣告受けた
一年もたない、半年でも危ないかもしれないって

絶対息子の結婚式に出るんだって言うもんだから、もう大急ぎで結婚の準備した
式場もゼクシィ読みながら夫と決めてたのに「そんなことより半年もないんだから指輪を作らなくちゃ!」で大急ぎで指輪を作ることになった
運悪く大型連休が近づいてきてたから、早めに頼んでおかないと半月ほど納品が遅れるとどの店でも言われて店を見て回る余裕もなかった
式場も夫の親が参加できる距離で半年以内にできるところなんてまず無くて
やっと見つけたの はビルの部屋の一部を式場にしたような、理想と真逆の結婚式場
参列者の私親族から「予算ケチったしょっボイ結婚式だった」と陰口叩かれてしまったよ
ご祝儀集めと言われて凹んだ
ドレスも式の期間が近すぎて、レンタルだけど人気の可愛いドレスは全部先約があった
サイズの合うドレス優先で選んだので夫にも似合わないねと言われた
前撮りの色打掛も同じ
繁忙期の夫と有給すり合わせられたのが前撮りの支払いしてから一週間後で、レンタルだからやっぱり選びようがなかった
式の段取りや音楽の細かいところに手が回らなくて適当過ぎて粗も沢山出た
しかも急ごしらえで迷惑かけたからお金だけはかかる
出来上がった写真は私も夫も疲れて表情が貧相だった
目が死んでる
夫の親は前撮り写真見て、式に出て、「これで心置きなくあの世へ行ける」と大喜び
あれから5年たつが未だに元気に生きてる

あの時私と夫が自分たちの希望を殺して駆け回った意味って・・・
夫も気まずいのか、結婚式のことは黒歴史化して夫が封印してしまった
写真も指輪も式後一度も見たこと無い

この記事の続きを読む >