鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 最悪の出来事

 (18コメント)

58

568: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/01(火)00:54:41 ID:???
本当に今日は殺意湧いた。
内緒で料理教室通い始めて、今日は旦那の誕生日だったから、
特別にケーキを作ったのに。
一口食べてもういらない、って。
店で買うよりうまいものができるはずがないのに
無駄なことすんなと怒られたよ。

ひとりじゃ食べきれないからさっき、
泣きながら捨てたよ。
喜んでくれると思ったんだけどな。

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

621

626: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/17(土) 17:56:10.89 ID:RR/zMvdI0
彼女と同棲中、俺が友人から貰ってきた小さいヘビを殺された
飼いだした途端仕事が忙しくなり、世話をする時間が無かったから餌やりや掃除など彼女にお願いしてた
半年くらい経ったある日、仕事から帰ってきたらヘビはいなくなってて、彼女は道具の掃除をしてた
「あれ?どうしたの?ヘビは?」と聞くと、「餓死した」と言われて唖然
何で餌をやらなかったのか聞くと
「あなたが貰ってきたのに全部の世話を私がやらなきゃいけないのが納得できなかった。そもそもヘビ嫌いだし、餌だって気持ち悪かった」と淡々と言われた
ショックでうなだれている俺に「そんなに落ち込むなら自分で餌やればよかったんじゃないの?自業自得」
世話を任せてたのは俺が悪いかもしれないけど、嫌だったならもっと早く言ってほしかった。まさか餓死するまで放置するなんて思わなかった
当てつけ目的で命をぞんざいに扱う彼女が無理になった

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

584

464: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/07(月) 00:20:09.88 ID:4aiM+wb20
ここでいいのかわからないけど、失礼します。
彼と付き合って一年くらい。
さっき彼の家族ってか親族と食事会してきた。(初対面)
みなさん良い人で優しかったんだけど、彼のお母さんに自分のコンプレックスを弄られ笑われました。
(生まれつき腕にシミのような痣があります)
今まで人に笑われたりした事がなかったので、傷ついたというかショックをうけました。
彼はなにも庇ってくれませんでした。
その場では私も気にしないようにしてましたが、帰宅し涙が止まりません。
私の器が小さいのでしょうが、初対面でそんな事言われるなんて思っていませんでした。
彼の事は好きなのですが、もうこの先やっていく自信がなくなりました。。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

47

347: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/01(水) 23:25:50.33
学生の頃、長袖のピタTを着たら服の中に蜂がいたこと。

何がいるのかは分からないけど、腕に何かが這っている感触と次々に走る痛みに脱ごうとするも慌て過ぎていて脱げなかった。

すごい悲鳴を聞いた家族は押し込み強盗に私が襲われていると思ったらしい。

駆け付けた家族に脱がせて貰ったところ、服の中にいたのは足長蜂1匹。かなり刺されたので念のため病院へ行きました。
体質に合わなかったのかかなり腫れ上がり、少し腫れが引いたところで数えたら手首から肘まで20数ヶ所刺されていたのが修羅場でした。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

528

690: おさかなくわえた名無しさん 2015/01/18(日)12:35:38 ID:oX7
あまり気持ちのいい話じゃありませんが。

5年ぐらい前に、友人Aが突然訪ねて来た。お金を貸し欲しいと。
10万でも20万でもいいから貸してくれと。
Aとは学生時代から仲が良かったけど、訪ねてくる直前の一年ぐらいは
殆ど音信不通状態だった。
私は祖父が借金癖のある人で、両親が苦労したのを見て来たから
借金には強い抵抗がある。
「ごめん、人に貸せるほど裕福な暮らしじゃないのよ」と断った。
そしたら「この家ローンなんでしょ?来月支払う予定のお金を
ほんの短い間だけ貸してよ。すぐ返せるの。絶対返せるの!」と言われて
いや確かにローンで買った家だけど、そんな言い方ある?って腹が立ってしまって
「うちの旦那、友人同士のお金の貸し借りには
 例え少額でもすごい拒否反応ある人だから(これは本当)無理だよ。悪いけど」
って言ったら「お願い!私を助けると思って!」と食い下がられ
それでも強く断った。
まさか子供を道連れにしてビルから飛び降りるとは思わなかったから。
新聞に載ったあと友人経由で知って葬儀に参列した。
そこで耳にした話、Aの自慢の青年実業家だった旦那さんとはとうに離婚してたらしい。
他にも色々と辛い状況だったことをその時初めて聞いた。
私の他にも借金の申し込みされた人がいた。
その中のひとりが10万貸していたらしい。
そしてその10万でどうやら子供に最後の楽しい贅沢をさせたらしかった。
お金を貸した人は「どこにも催促できないし、諦める」と言っていた。
なんか亡くなった人のことをリアルでは愚痴れないからここに書くけど、
最後に訪ねてきた、あの出来事があったおかげで
私はAの死を素直に悲しめないでいる。
Aとの楽しかった思い出の数々も同じように楽しく思い出せない。
死を選ぶほど辛かったんだろうけど、一方的に私の心にも黒い染みをつけて
勝手に逝ってしまってずるいって思っている自分がいる。

この記事の続きを読む >