鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 実親が嫌い

 (1コメント)

36-p1
156: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/11(火) 17:08:35.75 ID:f7lrFStY
実家に送ったお金で母親が豪遊してたのが分かった時が修羅場だったな。
大学生のツバメ君とハワイに行ってたらしい。
整形して、年サバ読んで「35才です♪」って。
あーあ。娘はその大学辞めて金作ってたっていうのにね。
住み込みで働いて、化粧も服買うのも我慢して、弟の学費のために頑張ってたってのにね。
いやー、まさか弟が奨学金とバイトで学費賄えてたなんて知らなかったわー
父親が再就職して高給取りになってたなんて知らなかったわー
母親も正社員になって金あったなんて知らなかったわー

全てを知った私が怒って母親をビンタしたとき、隣にいた父親が私をグーでぶん殴ったのがさらなる衝撃だった。
さらにボコボコにされて肋骨折れてたよ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (2)

465: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/11(日) 10:00:19.32 ID:3mnKCVcZ
私は昔から母親と仲が悪い。喧嘩が絶えなかったし、殴られたし、殴ったし、お互い罵詈雑言を浴びせ合ってた。
母が100%悪いとは言わない。私も同じくらい悪い。
ちなみに父は我関せずって感じ。
育ててもらった事は感謝しているけど、好きではないし、尊敬はしない。そんな感じ。

そんな私は結婚して、妊娠して、出産した。
妊娠を機に両親と距離を置くようにした。
私が母のことを嫌いなように、母も私を嫌ってた。
事実、ニヤニヤしながらあんたのこと嫌い って何度か言われてたし。

妊娠して、ふと思った。
なんで私のことを嫌いな人に私の子を会わせなきゃいけないんだろうって。
だから妊娠しても両親には言わずにそのまま出産。

元気な男の子を産んで、退院した同じ日に孫の誕生を知った両親の襲撃に合った。
家の場所はなんとなく教えてたけど正確には言ってなかったから油断してた。たぶん義両親から漏れたんだと思う。
「孫に合わせろ!なぜ何も言わなかった!」と発狂してたけど
「私の事は嫌いで会いたくないって言ってたくせに私の子供には会いたいって都合良すぎでしょ」と追い返した。

なんてずうずうしい親だ!とかなりイラついてたけど
両親が帰ってから、子供の頃に母に言われて傷ついた言葉をいっぱい思い返しわんわん泣いた。自分も酷い事たくさん言ったのに。自分の事、棚にあげて私が一番ずうずうしいなと思った。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

252bf5eb
515: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/17(月)14:00:47 ID:jBOc5khrB
叩かれ覚悟で書くけど、私が「不細工じゃなかったこと」が衝撃。

うちの母は毒気味で、よく私の容姿をバカにした。
キツい暴言を吐くわけじゃないけど、「私子は子豚みたいな体系なんだから」とか、
「(身体検査で身長が伸びたことについて)足が伸びたんじゃなくて胴が伸びたんだよね」とか。
顔については「顎が無さすぎておかしな顔」とか「覇気がない」とか「魚が死んだような目してる」とか。

思春期になってニキビが沢山できると「肉ばっかり食べてるから」と言われた。
でも我が家の食卓は和食中心で、肉はあまり出てないから食べてないし、お小遣いも少なかったから買い食いもしてない。
ニキビは明らかにホルモンのせいだった。
あと私は家系的に剛毛なんだけど、無駄毛を剃るのを禁止されてた。
「アトピーなんだから無駄毛なんか剃ったら毛穴から血が吹き出るよ」と、
中学入学時くらいから言われ続けるようになった。

そんなこんなで母からは呪文のように体系と顔のことでチクチク言われていたんだけど、
高校の時に何故だか無理矢理化粧をさせられた。
その結果、出来上がったのはどう見ても時代遅れな化粧。
顔は真っ白に塗られて、眉毛は凛々しく書き足されて、真っ赤な口紅を塗られた。
チークやマスカラはなし。
当時、私は化粧の仕方なんてわからなかったので、「化粧してもこんなに不細工なんだ」と思うようになった。

でも都会の短大に進学した時に、明らかに自分一人スッピンなのは恥ずかしくなって、少しづつ化粧を覚えた。
そして無駄毛も剃るようになった(血は噴き出さず)

するとある時から「ハーフですか?」と聞かれるようになった。
私はもともと目鼻立ちがしっかりしていて、はっきりとした二重だったので、
少し化粧をするだけでハーフのような顔立ちになった。
(体系は相変わらずチビだったけど)

そして実家に帰った時に、ふと子供の頃の写真を見てみた。
すると、自分で言うのもなんだけど、凄く可愛い女の子だった。
色白で頬と唇はほんのり赤くて、本当にハーフのような顔立ちだった。

その頃からどんどん自分に自信が持てるようになって、
子豚のような体系と言われ続けていたせいもあって履けなかったスカートも履くようになった。
だからと言って、凄くモテたわけじゃないけど、人並みに恋愛は出来るようになった。

そして昨年結婚できた。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)


furisode_2019_img_02_02

634: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/11(木)12:13:22 ID:79n
成人式の着物がニュースになっているせいか、自分の時を思い出した。
愚痴だし長いです。すいません。

私が育ったのは企業城下町の県庁所在地レベルの地方都市。
結構貧富の差があって、企業経営者の家族や医師、公務員がカーストの上
この人達はもともと地元の資産家だったりするから公務員でもそこそこ裕福

あとサラリーマンや一般商店の中流階級か、でなければ日雇いとかの貧乏な人もいたし、生活保護世帯もそこそこいたなー

私の進学した高校が地元のそこそこいい学校だから同級生にはお金持ちが多かった。高校の同級生の間では高校卒業祝いに子供に新車をプレゼントする家庭が過半数だったぐらい。
成人式にあたって、高校の同級生の医師の娘の誰それは何千万かけて用意したとかそういう話が普通に噂話として伝わってくるぐらい。一般庶民の自分は張り合う以前の問題。

私の場合、どちらかというと下流だから、成人式の着物なんかもともとほしいと思わなかった。それ以前に貧しくて生活必需品にもバイトしないと買えない状態だったので。
例えば学校に来ていくブラウスとかもボロボロになっても替えを買ってくれないとか、修学旅行があるから久しぶりに下着を買い替えたとか、そのレベルの貧乏。

この状態で私の母は振袖を買おうとしていたから断固として拒否した。高校の同級生が何百万とか何千万って話が巡っている中で安い着物着るなんて惨めだし、そもそも成人式に意味を感じなかったし。

私が全く振袖に興味を示さなかったけど、祖母が金を出したからってとうとう母は勝手に着物を買ってきた。着物屋って商売になれば本人不在でも売るもんなんだなと思った。
しかも恩を着せようとしたから、怒った私はどんな着物か見もしなかったし、成人式もバイトを入れていかなかった。
さらに私の母はすでに付き合いが無くなっていた小学校時代の同級生の親(美容院経営)を頼ろうとしていたらしい。遅くともお盆までには美容院の予約がいっぱいになると言われていた時代になんとはた迷惑なと思ってとにかく成人式は拒否。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)


796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s-640x321

636: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/03(水)18:14:47 ID:gSD
生命保険に入っておけば良かった~と激しく後悔中
親がクズでナマポだから絶縁して俺が妹養ってるんだけど、生活費と妹の学費でいっぱいいっぱいだったから生命保険に入る余裕はなかった
まさかこんなに早く大病にかかるとは予想外で非常に困った…
俺が働けなくなっなら、死んだら妹のことどうすりゃいいんだ…
妹まだ大学二年生なのに
はあ…頭が痛い…
神様なんか信じちゃいないけど、こんな状況になったら神様とやらに恨み言の一つも言いたくなるわ
今まで親のことでさんざん苦労してきたってのに、この追い討ちはあんまりだろ
せめてあと数年待ってくれてもいいだろクソが
なんなんだよ本当

この記事の続きを読む >