鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 実親が嫌い

 (3コメント)

588

226: ◆8B8X/67LrWes 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG
自分の人生が結構な修羅場。
長いです。

幼児期の私は所謂放置子だった。
三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。
成人した翌月、母親から保険証持って着いてこいと凄まれる。
借金の申し込みと解った私は「毎月給料の半額家に入れてるのに何でそんなお金ないん?いくら親子でもお金の事に関しては譲れない。」と頑なに断る。
結果「親が困ってる時に助けない子供は要らん」と家から追い出される。
半月は仕事を通じて巡り会った数少ない友達のお宅にお世話になりながら住み込みの仕事を探す。
地域を選ばず何処でも飛べる派遣社員になった。
居住が西日本から東日本に移った。
居候させてくれた友達には暫く働いてお金を貯めたのちに改めてお礼と言う名目で回ってないお寿司屋さんでご馳走をした。

派遣になってからは無我夢中に働いた。
コミュ障があるので自分を表現するのは下手だったが、幸いな事に仕事仲間には恵まれていた。
そこで知り合った同僚から、趣味のゲームに誘われた。
所謂オンラインゲームと言う奴。
あまりゲームに触れた事がなかった私でも、同僚のリードがあり溶け込んでいけた。
自分を反映させたそのキャラクターには支援系の職業をやらせてスキル回しやらを必死に覚えた。
ゲームの世界で、誰かから必要とされる気持ちを貰ってPC前で一人で泣く事もあった。
そんな世界で知り合った人達と飲み会をする機会があった。
自分が参加して良いのか解らなかったから黙っていたけど「貴女も参加するよね?ってかおいでよ!」と言われて嬉しくて参加表明した。
そこで色んな年代の人達とワイワイ楽しく飲みながら、少しずつ自分らしさを見つけて行った。

ある日、その世界の一人の男性から告白をされた。
飲み会であった時から気になっていたと言われた。
告白されるのも始めてで返事に困っていると「急がなくていいよ。」と言われ、暫く返事を保留にしていた。

少しずつ距離を狭めていって、正式にお付き合い開始。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

052

223: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/09(木) 16:58:37.79 ID:ULrObJRI
親が自分の財布からお金抜いてるとこ目撃した時が修羅場だった
足元のカバンゴソゴソしてたから猫かと思ってみたらニヤニヤした母だった
おもいっきり見てるし言い逃れできないのに言い訳しまくり
父に言いつけるも「とうとうやっちゃったかー」という感じ
犯罪者と1つ屋根の下なんてゴメンだぜと仕事辞めて県外逃亡
それ以来会ってない

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

298

787: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)12:45:11 ID:qSW
両親が長らく海外赴任していたので、幼いころから祖母の家に預けられてた
祖母は決して悪い人ではなく、むしろ私のことを溺愛してくれてたんだけど
「せめて二重だったらねぇ」と不憫そうに私の顔を見て言うのが嫌だった
両親も祖母も、亡くなった祖父も皆外人みたいなぱっちり二重だったから
久しぶりに会えた両親にまで「せめて二重だったら」を言って
しかも両親も「本当にねぇ」と気の毒そうに言うので泣きそうになった

でも私が二重にすると言い出すと「親からもらった顔にメスを入れるなんて」と
祖母・両親ともに大反対
相変わらず「せめて二重なら」と言われ続けて自分の顔に自信が持てなくなり
典型的な暗い喪ブスキャラになった

就職して初めてお給料をもらった日に、祖母・両親にプレゼントを買うつもりで
4人でデパートに行った
店員さんが「あら、可愛らしいお孫さん」とお世辞を言ってくれたのに
祖母・両親ともそろって「悪くはないんだけど、でも目がねぇ・・・」と残念顔

これにプチンして、夏・冬のボーナスで二重の手術をした
美容整形に行ったら「あなたの瞼は眼瞼下垂という病気。結構重症で、視力にも影響が
出ていると思うので手術したほうがいい」と言われて超びっくりした
病気だから保険が適用されて、両目併せて10万弱で二重になった

帰宅して縫い目のある手術痕を祖母・両親に見せると激怒していたので、
「あんたらが散々いじめてくれた一重は病気だったんだって
誰のせいで今まで苦労したと思ってるんだ」と大暴れしてやった

家を飛び出して、手術代で浮いたお金でビジホ借りて、そのまま一度も帰らずに
社員寮に転居してやった
会社では整形うんぬんでひそひそされたけど無視して、正義感の強い子にだけ
眼瞼下垂のことを告白したら、その子がスピーカーになってくれて
「病気の治療で二重になった人を整形扱いするのはどうなの?」という風潮になり
いつの間にか沈静化した

祖母・両親は今でもたまに手紙を寄越して帰ってこいだなんていうけど
皆の希望通り「せめて二重」になったら人生が明るく開けたような気分になって
彼氏もできて楽しいので絶対に帰ってやらない

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

77

874: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)16:24:41 ID:66l
小3のこどもの日に朝起きたら家に誰もいなかった
書き置きどころか私の朝ごはんらしきものも一切なくてさ
姉が生まれつき体のあちこちが悪くて入退院を繰り返してたからまた夜中に急に病院に行ったのかな、それでもいつもはお父さんぐらいはいるのになあと思いつつカップ麺出して食べた
昼も同じ
夕方3人で帰ってきたけどネズミ園に行ってたんだってさwww辛い治療を我慢してるお姉ちゃんのごほうびだからお前は関係ないだろjkみたいに言われて泣いたwww
5年生のとき学校にすごい顔した母が来てランドセルも持たずに病院に連れていかれた
母が「これです!これ使ってください!」って絶叫したときの看護婦さんたちの反応www本人だけ意味わかってなかったしwww
以後親から離されたのは今思えば良かったんだろうね
それでも姉まだ生きてるっぽい
医療費大変らしいけどフーンとしか
ずいぶん時間がたってんのにこんな晴れたこどもの日は特にまだつらい





この記事の続きを読む >

 (7コメント)

20

547: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/16(日) 21:47:50.65 ID:AK37qKJa
父は私が小さい頃から私の漫画集めが気に入らなくて金の無駄だとずっとボロクソに貶し続けた。電卓で総額を計算させられた事もあった。
でもそれは貰ったお小遣いやお年玉をやりくりして買ったものだから正直何で文句を言われているのか意味が分からなかった。
兄なんて貰ったばかりのお年玉を全部使ってPS2を買ったのに笑って許されている事もあって納得できなかった。
それが10年位前の話で現在両親は離婚し、父は一人で暮らしていて寂しいのか共通の話題が欲しいのかさんざん馬鹿にした私の漫画を「○○って面白いらしいから今度貸して」とメールしてきた。
まあ昔の事だし価値観の違いもあったんだろうと心で思えても、どうしても了承できなかった自分に驚いた。そして自分の言った事も忘れて都合良くすり寄ってくる父が心底気持ち悪くて今までの情とか愛とか吹っ飛んで嫌いになった。

この記事の続きを読む >