鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 墓場まで持っていく話

 (4コメント)

1-599x399

347: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/06(金) 00:13:43.63 ID:ACNavk730
旦那がまだ彼氏だったとき
「大切な話がある」と呼び出された
付き合いが面倒になっていたころだったので、
別れ話か、渡しに舟~♪とウキウキで出かけたら、
プロポーズされてしまい、別れるタイミングを逸してしまった
断りたかったのだけれど勢いに負けてうっかり承諾
その後も別れ話のタイミングを探っていたのに
やたらと結婚の準備に積極的な男で、逃げそびれて結局結婚してしまった
ま、それなりに幸せなのですが

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

01

873: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/09(木) 23:56:56.34 ID:ZvMhK2180
あまりにも役に立たないバイト(鬱病だったらしい)にイライラして思わず
「あなた何の価値も無いじゃない。なんでここにいるの?」
って言ったら翌日あてつけ(?)で自殺された。
第一発見者が私になるような場所で死ぬのがあざといw

遺書だけは捨てといて良かった・・・

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

shutterstock_277436315

652: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/05(日) 16:39:16.42 ID:OL8YcFuK0
皆さんに比べたらショボい話なんですが、
よその家の登記簿を見るのが趣味です。

あのママ友の家はローンか一括かとか、
借入先からご主人の職業が想像できたり
ご主人の名前もわかるのでググってみたり。
持ち家の顔して借家だったり、親の土地だったり、
引っ越し前の住所とか、色々わかるので楽しいですよ。

一軒調べるのに500円くらいかかってしまうのがネックですが、自宅で誰にも知れず出来ますよ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (80)

205: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/23(月) 10:03:14.57 ID:5a8c60sv0
大学生の時に男友達が自殺した。
心の弱い人だとは前から知ってたしありえないことではないと思ってた。
向こうは自分と仲良くしてくれてたし同い年なんだけど懐いてくれてる感じだった。
周りの子も葬式行ったげなよ来て欲しがってるよって皆言って来た。
でも行かなかった。香典代と電車代がもったいなかったから。
正直なんで自殺なんかする奴の為に余分な金出さなきゃならないんだって
本気で思った。でも今考えたら事故死とかでも多分行ってなかった。
その子のこと嫌いじゃなかったし仲良くしてるつもりだったけど、
その状況で損得勘定みたいなものが浮かぶ自分はクズだなーと改めて思う。
旦那のこと大好きだし一生そばにいたいと思ってるけど
もしも旦那が無職になったり半身不随になったりしたら支えて行けるか分からない。
もしかしたら本当に人を好きになったことなんて一度もないのかもしれない。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

774

228: 可愛い奥様 2016/10/17(月) 02:24:51.22 ID:MwW88Dtn0
数年前、2人目産まれたとき切迫で仕事が出来ず一旦退職した。
お金がなかったので子が6ヶ月の時仕事復帰しようと準備をしていた。
ある銀行で新しく働く仕事の給与振込用に通帳を作りに行った。
その時、上の子(3歳トイレトレーニング最終段階)がトイレに行きたいと言い付き添った。
個室に入り子を便座に座らせて落ちないように抑えている時、ふとトイレの真後ろに紙袋があるのが見えた。
触ってみると固くて四角い。
恐る恐る紙袋を開けてみると中には帯のついた札束が3つ手紙と入っていた。
手紙には「私の財産の一部。訳あって相続させたくない。だから拾ったあなたにもらってほしい。」と書いてあった。
字は綺麗だけど少しヨレヨレしていて、お年寄りが書いたのかなと思った。
こんな大金いきなり目の前に現れてドッキリなのかと周りを見回してもカメラなどなくダラダラ汗出るし心臓もバクバクした。
でも、正直本気でお金がなくて困っていた。
子が2人もいるのにこんなにお金なくてどうしようと本気で困っていた。
有り難く頂戴することにして、カバンに突っ込み何気ない顔で銀行をあとにした。
旦那に言おうか迷って金額を300ではなく100と言って、施設にいる祖父母からの孫(私のこと)への生前贈与的なものと話した。
その残りの200は、こっそり学資保険に突っ込んでおいた。
あの時の手紙はお守りとして今でも大事に持ち歩いている。
これって、本人から譲ると書かれていた手紙があってもやっぱり持って帰ってきちゃダメだったんだろうか。
誰にも言えない。

この記事の続きを読む >