鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 墓場まで持っていく話

 (5コメント)

1403098top

755: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/09(水) 13:51:31.66 ID:H5Px9opz
実の父親を殺そうとしたこと
若年性認知症の父に誰だお前?と毎日言われ続けて、ずっとこんな日々が続くのは耐えられなくて殺そうと思った。
会話できないくせに都合よく罵声だけ理解できて暴れるのは知ってたから正当防衛でどうにかなるかなって。
計算通り暴れ出して2階に逃げて追いかけてきたところを突き落とそうと思ってたらそこで母が帰宅。さすがに母の目の前では無理だから抵抗するのをやめて一方的に殴られてた事にした。
ついに理性も失って暴れるようになったと思った母は父を即施設にブチ込んだ。元々お父さん子だったけど施設にかかるお金を考えたらやっぱり死んでほしかったな

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

774

109: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/23(土) 20:32:33.41 ID:yCG3RlCz
高校生の頃
よくある、負けたら罰ゲームっていうのが流行った
いつもはパシリにされたり、顔に落書して校内1週とかそんな程度だったけど、ある時一人が
「参加メンバーの中で、テストの結果が一番悪かった人はA君に告白」
って言い出した
A君ってちょっとオタクで、一人でいるのが好きみたいな、クラスでもいじめに近いいじられをする男子
何人かはそういうのは良くないからって降りたけど、私を含め6人くらいは参加
因みに頭は参加メンバーの中で一番悪い

それをわかってて参加
A君が好きだったからどうしても告白したかった
で、テスト結果は私が一番悪かった
ベタに体育館裏で、他の子たちが見てる中告白
A君からの返事はOK

それが今の旦那
旦那への告白が、いくら本音でも罰ゲームだなんて絶対言わない

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

30

85: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/13(水) 01:36:52.26 ID:pr+a7FNc
4年サバ読んで普通の全日制の高校通ったこと
家庭環境が悪くて小学校からまともに行けてなくて当然高校も無理だったんだけど
とある慈善団体のおかげで19歳で高校一年生になれた
通信制ではなく全日なのは「小中と学校を楽しめていないから高校で青春を謳歌しなさい」って言ってもらえたから
学校側は織り込み済みだったけど生徒には内緒だった
出身中の話になると県外から来たってことにして
家は一時的に里親の方にお世話になった
大体のクラスの子は「同中いないんじゃ寂しいでしょ?」って優しくしてくれて
病気(設定)で学校行けてなかったって言ったら「じゃあ絶対楽しまないとじゃん!」って言って
体育祭や文化祭、修学旅行、まさに遅れた青春を取り戻してた
中にはイジメみたいなことをしてくるギャル系がいたんだけど
「平成生まれのガキが調子乗っちゃってwww」と妙な余裕があったせいか悪化はしなかった(私はギリ昭和)
当時の同級生達には感謝してもしきれないのと同時にずっと嘘ついてるのが心が痛い
同窓会も行くけどそろそろ見た目年齢も大きくなるのかなと心配になる(今30と26)

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

226

9: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/11(金) 07:05:37.65 ID:arKtk5+W
ずーっと隠してきている感情がある
別に殺人衝動とか危なっかしいものではなくて、高校の時に好きだった人が、今でもずっと好きなままなこと。これを現彼女に隠している

この人が運命の人なんじゃないの?この人のためなら何でもできるしやってやる。ただ一言愛おしくて仕方がない。
飛行機の距離に転校して、それから連絡をとることはなくなり、今どこにいるかすらもわからない。でも今でも好きでいる。そんなことを現彼女に言えるはずもないし、正直に言うと、現彼女のことは思い出の人よりも全く愛しても好きでもない。
でも結婚の約束もしてしまったし、妊娠したかもしれないので黙っておくことにする。相手が可愛そうだとか最低だと思われようが、どうしても思い出の人が忘れられない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

22

455: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/27(木) 13:49:48.81 ID:5aWLUS0V0
昔付き合ってた彼がロクデナシで、ボロボロにされて別れて
その後結婚してもうすっかり忘れ…る訳はなく
12年後に仕返しをしたことがある
別れてすぐやると真っ先に疑われそうだから、彼女も何人か変わるのを確認し
彼の車を調べ、隙間という隙間に瞬間接着剤を流し込んだ。30本ぐらい使った
新車だったので痛かったろうな。もうそれも10年以上前です

この記事の続きを読む >