鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 本当にやった復讐

 (7コメント)

521

832: 名無しさん@おーぷん 2015/08/21(金)16:51:48 ID:ozz
トメとタッグ組んで色々してくれちゃった義兄嫁に仕返ししちゃった。
長いから嫌な人はスルー願います。
義兄嫁、トメから私の連絡先を控えてネチネチやってくれた。
覚えてるだけで「ちゃんと上手く立ち回らないと~」「トメさん、純粋に仲よくしたかっただけだと思うんですぅ」「私さトメさんといても疲れるとか思ったことありません!」
と、四歳下の新婚さん(28歳)に説教される私。それ以外実害なしなのでハイハイでスルー。
うちは義兄夫婦が結婚した時にはすでにトメと疎遠になってた。
決定的だったのは瓜アレルギーの私(当時妊娠中)を騙してメロン入りゼリーを食べさせたから。
メロンが入ってるとバレないようにジュース状にしてから固めて出してきた用意周到さ。
私は救急車に乗せられ病院へ。
旦那がトメに理由を問いただすと「そんなアレルギー聞いたことない!食べきったところで「ウソはだめ~本当はメロンをたっぷり使ってました☆」と言ってやるつもりだった」とゲロったそうだ。
旦那も生卵がダメ、半熟でも蕁麻疹出る人だから烈火の如く怒りまくり、産まれた孫(トメには初孫)にも会うなと言ってトメを排除して転院もして出産。
ところがこの転院がマズかった。
トメの友達がその病院で清掃のパートしてたせいでバレた。(うちは県内でもかなり珍しい苗字だったから)
で、想像通りのトメ襲来。
私は反射的に「ぎゃあー!コロされるー!なんで!どうしてここがわかったのおおぉー!」と叫んで産科の病棟は一気にパニック。
メロンゼリー事件のことも一緒に叫び、退院まで別の部屋でプレートを偽名にして過ごした。
メロンゼリーの前にも毎日電話をかけてきて名付けやら産後は実家には戻らない(祖母が実家で介護を受けて暮らしてた)ことを責められ、「せっかく嫁子ちゃんの実家と私の会社が近いのに毎日孫を行けない!」と、実家の都合を無視する発言。
もう1つ続きます。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

36-p1
428: 名無しさん@HOME 2014/02/07(金) 16:43:58.66 0
初カキコです。 
長文になります。文章がおかしかったらすみません。 

結婚当初から「同居しろ!しないなら仕送りしろ!家事手伝え!」な近距離別居の元ウトメ。 
アポ無し凸で、家から金目の物を泥する事もあったが、普段仕事でいないのもあり頻繁ではなかったし。 
元旦那もややマザコンエネ夫で「悪気はないから~」「ママンも困ってるんだから大目に見てあげて~」だったが、 
適当に距離置いてなんとかやっていた。(以後”元”外して書きます。) 

3年前、実家の母が癌で亡くなった。(父は既に鬼籍) 
葬式でトメに「私子の両親いなくなったから、これで心置きなくうちに来れるわね~介護する親は私らしかもういないし~」と嬉々として言われた。旦那・ウトは諌めるわけでもなくウンウンと頷いてた。 
頭に血が上るほどムカついたけど、母の葬式で揉め事は避けたかったから我慢した。 
姉夫婦(小梨)とうちの息子(当時高1)娘(中2)も怒りに震えていたけれど、なんとか宥めて母を見送った。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

46241
6: 6 ◆sNmZPBOSKk 2013/01/06(日) 23:32:32.41 ID:JIjnG4eB0
現在進行形で祖母と父に復讐しています。

フェイクたくさん入れてます。
投稿も初めてなので読みづらかったらすみません。
吐き出させてください。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

images
863: 名無しさん@おーぷん 2015/06/25(木)18:16:04 ID:yXY
昔から姉が嫌いだった
姉も私を嫌ってた
喧嘩に至ることは少なかったけど、嫌味や嫌がらせはあった
お互いにそうだから、姉が一方的に悪いわけじゃない
たぶん、父が私を可愛がってたからだと思う
母はなるべく平等に接していたが、父の態度が態度だから姉は母に甘え、
必然的に母も姉に構うことが多かった 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

dd90b8cd
243: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/18(月) 11:34:52 ID:5gpbjAIN
金貸したら連絡が取れなくなった。
メールしても返信なし、電話出ず(両方受信拒否はされていなかった)。

相手にとって私はたかだか3万で切っていいと思う女だったのかと思ったら腹が立ってきた。
そういやデートの時は毎回私の車で(彼の車は改造車で燃費がとても悪かったので)
食事も毎回割り勘ね、と言われ半分に割っても全然足りない額を渡され、自分はさっさと車に戻るし 

この記事の続きを読む >