鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 本当にやった復讐

 (6コメント)

no title

961: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)12:18:01 ID:DNN

独身のころ事務職をしてたんだけど、個人の大工とか塗装工とかを
相手にすることが多い仕事だった。
全部がそうではないけど、口のきき方が失礼だったり態度が横柄な人が多い。
こっちが予め出してる案内をよく読まないで後から「そんなの知らない!!!」
って喚き散らすのとか日常茶飯事。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

img_456fa3082de6c09aaafac71dc6d0117513644
186: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/22(土) 08:13:15.38
誰もいないようなのでサクっと投下
ロム専門なので見苦しかったらすみません

去年、寝ている間にコトメの指示によりコトメ子に髪の毛切られた
音で気付かれないようにわざわざ小さめの鋏で

当時、私は背中の真ん中より下の長さのロングヘア
一度も染めた事なくて、髪には凄く気を使ってた
人の気配とかすかな音で目が覚めると枕元に散乱した髪の毛と鋏を持って座ってるコトメ子
枕元に置いておいた携帯も髪の毛の群れに埋もれて見えない

横向きで寝てたので半分はザンバラショートカット&ミディアム時々ロング
半分は元のままロング

分けます

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

s1
100: 本当にあった怖い名無し 2013/06/28(金) 05:35:44.00 ID:/K/dE7+c0
昔学校が同じだった女子が、私を披露宴に招待してきた 
当時中学生だったが、最終的にその女子は色んな事をやらかしてクラスどころか学校全体を敵に回し 
(喫煙・飲酒自慢をネット上に公開、それによる凸で電話回線パンク、 
進学校だったのに街中で制服着てると笑われる、校長ノイローゼ、 
修学旅行で大迷惑を掛けて次年度からの行き先が変更され後輩からひんしゅくを買う…など) 
同窓会にも呼ばれてないくせにやってきて「かーえーれ!かーえーれ!」という 
コールの中泣きながら帰ったくせに、当たり前のように招待状を寄越してきた 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

84

509: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)19:18:19 ID:PGq4frWRH
二十代の頃。めったに休みのないブラックな業種についていた俺は、たまの休みには彼女と電車でぶらり旅をしていた。
俺はぼけーと外の景色を眺めてたんだが、彼女がぺしぺしと俺を叩き。
あれあれと指差す先に、少し嫌そうな表情のスーツのお姉さん。そして、そのケツに不自然に手を当てるおっさん。痴漢だった。
彼女の視線が俺にいけいけと語っていたので、俺は仕方なく席を立ち、その二人に、ゆっくりさりげなく近づいた。
そんで、おっさんのケツをそっと撫でた。
偶然を装ってさらりと。ついでちょんちょんと様子を窺いつつ。すーっと線を引くように。触れるか触れないかを楽しむ。
最初、気付かなかったおっさんは、ちょんちょんの段階でびっくりしたように此方を向く。俺の視線は明後日の方向。
おっさんが視線を離してから再開。そっと手を当てると、おっさんはぴくりと反応した。気付いたのだろう。俺は少しだけ大胆に、手の甲を当てる。
気付けば、おっさんの手はお姉さんから離れていた。少しだけ盛り上がっていた股間はすっかり萎れていた。
俯くおっさんの尻を少しだけ揉みあげてみる。ぴくりと反応。怖いのだろう、顔が引き攣っている。
もうすぐ停車と言う所で、おっさんの耳元に囁いた。

「一緒に降りるかい?」

停車した駅で、おっさんは走るように慌てて出ていった。
途中から俺の痴漢行為を見ていたお姉さんには苦笑いで礼を言われた。終始ぷるぷると笑いを堪えていた彼女からは「追いかけなくてよかったのかい?」とニヒルな顔で言われた。
そんな俺の過去が本日彼女により両親に晒されたので記念カキコ。

この記事の続きを読む >

 (19コメント)

444

813: 本当にあった怖い名無し 2013/12/17(火) 14:03:07.50 ID:VJ/9QtYp0
よそ様の猫を殺したこと。猫死んでるので動物が好きな人は注意してください。
昔実家の屋根裏にどんなに対策してもよその飼い猫が入り込んだ。
出入り口と思われる場所を塞いでも、嫌がる匂いをまいてもダメだった。
夜中にバタバタ騒でうるさいし、屋根裏でおしっこしたりして臭いしで最悪だった。
カランカランなる鈴の音なんか今でも夢に見る。
そして当時高校生だった妹がアレルギーになって、腕や足、顔まで真っ赤になってしまった。
女の子なのにあんなに真っ赤になってしまって、本当にかわいそうだった。
家にいても悪化するだけなので妹は祖父の家に泊まるようになった。

この記事の続きを読む >