鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: ほのぼの

 (6コメント)

67

124: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)12:39:25 ID:N4z
子供心に衝撃だった話

当時小4の私は4歳の妹を連れて花火のお祭りに来ていた
お祭り会場は人でごった返し、どこの出店も長蛇の列

私と手を繋いでてちてちついてくる妹に何かを食べさせてやりたくて、私は花火が始まるまでに買えそうなお店を探していた
すると閑古鳥のないている店が!
看板にはクレープと書いてある
「ここだ!」と思ってお店に駆け寄ると、そこには割烹着を着たリーゼントとスキンヘッド
二人共眉毛がない!
リーゼント「っしゃー!」
スキンヘッド「っハッ!」
眉間にシワを寄せ叫ぶ割烹着たち
「おう、客か?」
割烹着たちの声を受けて、幕のウラからシマウマスーツが現れた!
ポカンとして何も言えない私を見て、シマウマスーツが割烹着たちに怒鳴りつけた
「ッタァかんげーや!ビビっとるやねーか!」
(私ビビってるとおもわれてるー!)
何故か私はビビってると思われるのはいけないことだ!と思い、キリッとした顔をして(実際にできていたのか不明)
「花火が始まるまでに妹に美味しいクレープを買ってあげたいです!」と負けじと大声を出して張り合った
それを聞いてシマウマスーツと割烹着が「1丁!」「へいっ!」「へいっ!」と掛け声
「おねーちゃんはいらんのか」と言われ、私は親から預かった500円を差し出した
クレープは一個300円
シマウマスーツは「おう!」と掛け声、割烹着は「シャッす!」と応える
生地を焼くスキンヘッド、盛り付けるリーゼント
二人共手際よくクレープを2つ作って私と妹に一個ずつくれた
困惑する私にシマウマスーツは「ここの台に乗って食べぇ、花火もここから見たらええ」と店横の高さ1メートル超えの荷台の上に座らせてくれた
私と妹が「おいしいねえ」「うん」ともぐもぐ食べていると、食べ終わる頃にはお店に列が伸びていた
花火が始まる頃にはシマウマスーツがジュースをくれた
花火が終わっても割烹着は忙しそうでシマウマスーツは消えていたので、こっそり500円玉をお金を入れている箱の上に乗せて帰った

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

447

738: 名無しさん@おーぷん 2014/09/24(水)16:08:25 ID:XBd4UdR6i
昨日の話だけど嫁が息子に俺が童貞だってばらしやがった。
俺は子供の頃に病気になって立たなくなったから童貞なんだけど
バツイチの嫁と知り合って嫁の方から結婚してくれって言われて結婚したんだよね。
ed以外は普通の生活送れるし。
そんで結婚して昨日20年目だったのよ。
もうとっくに成人してそろそろ結婚するかって息子が割りと良い酒買ってきてくれてさ。
元々酒好きだった嫁は飲みすぎてべろんべろんになった。
嫁「夫ちゃんとは夜の生活無かったけど20年間仲良く暮らせて本当に良かったわ」
とか泣きながら言い出して
息子「え???マジでwwww」
俺「ちょwwww嫁wwww」
嫁「それどころか童」
俺「嫁ちゃん!!!」
息子「wwwwまぁしゃーねーじゃん親父www」
俺「orz 」
息子は育ててくれて有難うなんて言ってたけど今後息子にどんな顔して会えば良いのかorz

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (50)

67: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 13:29:08.17 ID:mcvLctOM
Facebookの「もしかして知り合い?」機能で、高校の頃に
ずっと好きだった女性が紹介されてきた。もう20年近く経つのに
プロフィール写真は相変わらず、というか以前にも増して綺麗だった。
早速友達申請したら「○○君!?懐かしい!」と快諾。

その後、お互いのタイムラインを見て書きあったり、チャットしたり
してるうちに、お互いがバツイチだということを知り、その親近感から
つい「高校の頃、○○さんのこと好きだったんだよね~」と
言ったら「うそぉ!」と反応があって、その後で「実は私も気になってたんだよ」と
思わぬ告白。漫画みたいに「ひゃっほう!」と叫んでしまった。
その後、話はトントン拍子に進んで会うことに。

そして当日、出会った彼女は、プロフィール写真から20歳くらい歳を取ったような
感じで、実際、使ってた写真は10年くらい前のものらしく、タイムラインに投稿した
写真もベスト中のベストを厳選した上、加工して投稿していたような感じだった。
何より驚いたのは法令線。コントのメイクみたいにクッキリと出てた。離婚後は
ストレスでお酒をたくさん飲むようになって太ったとのこと。百年の恋も冷めたとは
まさにあの瞬間だった。

まあ、そこからは落ち着いた大人の恋が始まって、来春に結婚予定ではありますが。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

12be1384-s
272: 名無しさん@おーぷん 2014/06/21(土)17:13:02 ID:42agnHeZ4
うちの姑は横からちまちま細かいことを指摘してくる人。
料理をしていたら、「塩ふりすぎ!」「混ぜすぎ!」と突っ込んできた。
この人、私が嫌いなのかと結構ショックを受けたことがある。
息子のテレビゲーム(1日1時間)も気にいらず、「ハイテク(ゲームのこと)ばかり遊んで!私らの時はこんなのなかったのよ!」と溜め息をついていた。

ある日、息子が宿題を終わらせて夕飯までの間、スマブラ(格闘ゲーム)をやっていたんだが、
夕飯が思っていたより早く出来上がってしまったので、息子のゲームを中断させて食べようという事になった。
姑は、「私が呼んでくる」と言って息子の部屋へ凸。

・・・のはずが何分たっても戻ってこない。どうしたんだ?と思って息子の部屋に行ってみると、

「息子ちゃん、このクッパという怪獣はどうすれば炎吐くの?」

「嫁ちゃんはどんな子使うの?」

「私も練習すれば嫁ちゃんより強くなれるかしら」

と、まさかの会話。姑、息子とスマブラやってた・・・
姑は私の存在に気づき、
「こ、これは違うのよ!あまりに画面が綺麗だからつい・・・」と、滅茶苦茶慌ててた。

とりあえず夕食。
姑がポツポツ語りだす。
「私もね、ハイテクやってみたかったの」
「私、和食は得意なんだけど洋食は上手く作れなくて・・・。教えてもらいたかったんだけど、うまく言えなくて・・・」
(´・ω・`)←まさにこんな感じの表情だった。

意地悪で腹立つババアだとおもってたけど、この人本当は根は悪くない人なんじゃ・・・と思い、
「息子にスマブラ教えてもらってみてください。時間があれば私もおしえますよ。
それに姑さんの和食、伝授してください。」と言ったら
(*´∀`)という表情に変わり、なんだか和んだ。

それからと言うものの、姑は悪姑から良姑にジョブチェンジ。この変わりっぷりにいまだに心が追いつかないのがしゅらば。
今ではスマブラは息子より強い。使用キャラはクッパかガノンドロフである。

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

410fd7f0-s
331: 名無しさん@おーぷん 2015/08/19(水)19:20:29 ID:5rM
小さな武勇伝ですが…

私は親友Aに相談を受けていました
内容は、親と血がつながっていない事…
とある手続きで戸籍が必要になって取得したところ
ばっちり「養子」の文字があったそうです
親には言えない、でもこのままにはできない…と
大学に入ったばかりの小娘二人で頭を悩ませていました
確認したら、とは思うけど本人はこわい、と言うのに他人の私が
気軽にあれこれ言う事もできないし…という感じでもだもだしていたんです

話は変わりますが、ある日、Aの悩みを聞いた後に自宅に帰った私は
冷蔵庫の中の物で夕飯を作ることにしました
たまごと豚肉と玉ねぎがあったので他人丼を作る事に決めました
(鶏肉以外で作る親子丼です。開化丼ともいうらしい…)
一人飯なのでちゃっちゃと適当に作ったのですが、驚くことに
最高に美味しい他人丼ができてしまったのです
ネットで探した親子丼レシピの肉を入れ替えて、足りない調味料あったので
適当に調整した結果、奇跡とも言えるほど美味しい物ができあがりました

あまりにテンション上がった私は近くで同じく一人暮らしをしているAに
電話して在宅を確認するとどんぶりと箸を持って駆けつけました(徒歩5分)
「A!これ食べて!いいから食べて!!」
強引に食べさせて、Aも美味しさにびっくりした顔になった所で
「これね!他人丼なの!親子じゃない!でも美味しくない?!すごいよね!
もう親子じゃなくてもよくない?絶対親子じゃなきゃって事ないよ!」
正確には憶えていませんがこういう事を捲くし立てました
Aはいつのまにか泣き出し、泣きながらも丼をもりもり食べてました
私も何だか涙が出て、食べてるAを見ながら泣きました
Aはその週末に実家に帰り、自分が養子である事を知った事を両親に告げました
両親は二十歳になったら話すつもりだった、といろいろな事情を話したそうです
自分の話ではないので詳細控えますが、誰も傷つく事のない結果でした

Aは今でも西濃運輸のコピペ見ると(私)ちゃんを思い出すわwと笑います
あれからもう何年も過ぎて何度も何度も他人丼を作っているのですが
あれほど美味しい物は一度も作れた事がありません
宗教には興味ないのですが、あの奇跡だけは通りがかりの神様がAのために
手伝ってくれたのかな?と思ってます

この記事の続きを読む >