鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (1コメント)

newsplus-1399446981-8
163: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/23(月) 16:58:35.33
血注意。

私が中学生ぐらいの頃の話です。
当時大きな一軒家(賃貸)で、両親・兄・私・祖母・叔母の6人で住んでいました。
ある日叔母の部屋が「ここは殺人現場か?!」と思うぐらい血が飛び散っていました。
叔母本人の服も血まみれでした。 

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (8)
153: 名無しさん@おーぷん 2015/06/12(金)10:31:30 ID:xQH
よくある機能不全一家で育った私
実父は相続問題で大揉め、実母とは双方の不倫問題で揉めて私が中学生のときに離婚
私と妹は母に付いて行き、母はその不倫相手と再婚

カネとオトコで揉める一族であることを痛感するも、私も妹もその人生を見事にトレース
が、私は理解ある(というか、単に普通の思考回路を持った)夫と出会い、結婚・出産
ようやく生まれた孫のおかげか、母と私との関係は改善

しかし妹はおそらくはカネを増やそうと素人が手を出してはいけない財テクに手を出して、借金を作り
返済に困って、母の不動産を生前贈与しろと迫り、母に断わられると仕事を辞めて退職金を返済に充てて、母憎しの感情で自身は北の大地に逃亡
妹旦那はようやく就職できたところだったが、退職させられて一緒にほぼ絶縁

私とは10年近く会っていなかった妹だったが、私たちの祖母の卒寿の祝いに出席
私から妹に挨拶したところで修羅場スタート

その時私は第二子を妊娠しており、出産予定日まで2カ月を切っていたため、かなり目立つおなかをしていた
私の挨拶に返事もせずに、いきなり私のおなかを狙って妹が蹴ってきた
幸い手に持っていた長女の鞄に当たり、蹴りの軌道が外れて私の脚が蹴られただけだった
それでも痛みで固まる私
妹は再び腹を狙って蹴って来た

そこで部屋の隅にいた私旦那が長女を抱っこしたまますっ飛んできて、妹のお尻の辺りに蹴りを入れた
吹っ飛んで転がる妹
その瞬間のみ見ていた妹旦那(私旦那と同じ身長だが肉体労働系なのでマッチョ)が
「なにすんだ!」と私旦那に殴り掛かってきた

この後どうなったかよくわからなかったのだけど、私旦那は長女を置いた後、妹旦那に近づいて、
気付いた瞬間、妹旦那は私旦那に投げ飛ばされて床に寝っ転がっていた

そこで他の親戚がやってきて、ストレスでおなかが痛くて動けなくなっていた私を連れだし、布団を敷いて寝かせてくれた
さすがに母は大激怒で、妹夫婦は母の旦那の運転で卒寿の祝いも始まる前に帰らされた

たぶん妹は、母が孫(私の長女)にいろいろお金をかけていることを知って、その対象(孫)がもう一人増えることが気に入らなかったのだと思う
母は自分の稼ぎは自分のもの!と思う人なので、私も旦那も遺産はアテにしていなかったが妹はそうでもなかったらしい
そんなシブチンの母だったが、孫可愛さで最近は割と散財してしまっているし、いい学校に行くなら資金援助するとまで言っている
もう一つ、妹は子供ができないことでイライラしてたのかもしれない
所謂不妊様

母から受け継いだのは、カネとオトコで揉める性格以外に、不妊体質もあったんだけどね・・・
母も私も不妊治療して子供を授かっている
だから妹もちゃんと治療すればいいのに、と思いました
とりあえずおなかの子は元気です

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

95dbbc31
57: あや 2012/07/18(水) 22:28:38.07 0
真剣な相談です。 
2ちゃんねるに書き込んだこととかないし、よくわからないけど 
聞いてほしいです。 
私の母が不倫しています。 
さっき母がお風呂に入っている間に携帯のメールをみて 
発覚しました。 
正直、とてもショックで色々考えてしまいます。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

kareshi-kawaii-shinri
140: 名無しさん@HOME 2013/08/26(月) 15:26:25.62 0
俺の元嫁。正義感が強くて向こう見ずで正しいことを正しいと曲げずに主張するせいで 
職場でも友人関係でも上手くいかず孤立無援になって、それでもやっぱり長い物に 
巻かれることができないという一途で不器用なところに惚れて結婚した。 
なんかおかしいなと思うようになったのは、子供ができてから。 

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

8958

972: 名無しさん@HOME 2013/05/12(日) 21:54:23.05 0
流れ切って。

妊娠中、職場の後輩に階段から突き落とされた。
幸いにして、お腹の子供は無事だったけど、私の頭にはなぜ!?という二文字しか浮かばずパニック。
後に、後輩と後輩の母親、私の夫、会社の上司を交えて話し合いを持ったときが修羅場。
なぜこんなことをしたのかとたずねても、後輩はだんまり。
代わりに母親がしゃべるしゃべる。
「私はこんな子いらなかったんです」「こうして私を困らせるのが好きなんですよ、この子は」
「上のお姉ちゃんたちは、いい子ばかりなのに…この子だけは生まれたときから躓いてばかりの人生だわ」
夫が顔をしかめてたしなめても、まだしゃべる。すると後輩が突然叫んだ。
「お母さんは私をいらないって言うけど、先輩はそんなこと言わなかった!」
「先輩は、初めて私を認めてくれた!!すごいって言ってくれた!!」
「本当の妹より可愛いって言ってくれたのに、どうして私を置いて辞めちゃうんですか!」
「そのお腹の子がいなくなったら、会社辞めませんよね!?」
と、わんわん泣く後輩を呆然と見つめることしかできなかった。
警察沙汰にはしないが、二度と近づくなと念書と慰謝料で片をつけた。
彼女は精神科に通院することになって、その後はわからない。
仕事をもできて、優しくて明るくて、本当に可愛い後輩だと思っていたから、すごく落ち込んだ。
今はもう、彼女がどこで何をしているのかもわからないけれど、あの母親からは逃げて、幸せなことを願ってる。

この記事の続きを読む >