鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (0コメント)

moyamoya_woman
233: 名無しさん@おーぷん 2016/02/29(月)21:37:55 ID:0bj
どこでも髪を梳かす彼女への冷め
彼女は髪を大事にしてて、ケアとかも念入りにしてるようだった
それでデートの最中、映画館でも店内でも飲食店でも、頻繁にブラシで髪を梳かしてた
梳かすのはいいけど冬場なんか静電気でぶわっと髪が広がって壁に張り付いてたり、映画館で思い切り腕を伸ばしてブラシかけたり、食事中に髪をいじるとどうしても不潔に感じるので、やんわり注意したけど
「男には分からないけど女はいつでもどこでも髪を大事にしたいの、それを咎める権利は男にはない」と怒られてしまった
女性はそうなのかもしれないけど、自分とは価値観が違うので別れた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

kids-kana006

639: 名無しさん@おーぷん 2017/06/04(日)06:46:24 ID:pwp
ドラマとかで、血やグロを見てフラッと倒れるキャラが居るけど、うちのアラサーの姉がそれだった事
先日、飼い猫のワクチンを打ちに動物病院に行ったんだけど、少々強引な先生で猫が興奮してしまった
なんとか注射したけど、パニック状態の猫が咄嗟に姉に噛み付いて、手の甲に牙がブッスリと刺さり、穴が空いた様になった
姉は「あちゃー、痛いなー、もー」とか言いながらしれっとしてたのに、待合室に出た瞬間バターンと倒れて気絶
すぐに意識は戻ったけど、しばらく立てず待合の長椅子で蹲ってた
診察室では痩せ我慢してたらしい
更に帰宅後、熱出して寝込んだ
ガサツで鈍感な姉に、こんな漫画やドラマみたいな繊細なキャラ要素?があった事が驚きだった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

10 マカロン
108: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)21:53:13 ID:9DU
旦那の隠れ趣味はお菓子作り。でも自分が作りたいお菓子しか作らないから偏ってる。
シュークリーム、レアチーズケーキ、プリン、ゼリーが主。
そんで自分が作ってるのは隠したがって、私が作ったことにする。
義父母にすらお菓子作りをカミングアウトしてない。
そしたら義父母経由でクレクレママが湧いた。でも私は作れないしそもそも酒飲みで甘い物キライ。
旦那が「お前がうまくやってくれよ~」で逃げるしほんと鬱陶しい。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

59fd5c6614bfd4488b8133a11196ba20
52: 名無しさん@おーぷん 2017/10/12(木)02:33:18 ID:TUf
なんか盛り上がってるけど…書く。

父親は、俺が小さい頃から何が理由でキレて暴力振るうか分からない人で、毎日のように殴られて育った。
殴る理由は「勉強して良い子ちゃん振ってるのが気に入らない」とかの言いがかりだったり、
「会社に入ってきた若手社員が気に入らない」とか俺が気をつけようがないものがほとんど。
母親も同じように父親にキレられて殴られることが多かったが、母親も母親でよくキレる人だったので、
その後は大抵、「あんたがしっかりしないから私が殴られるんだ」と母親から殴られた。
ほかに7歳上の姉もいるが、姉は父親にキレられることすらまず滅多になく、
あれが欲しいこれがしたいと言えば父親はホイホイ言うことを聞いていて、自分に対する扱いとは真逆だった。
当然父親は小さい頃から大嫌いだったが、小3くらいの時に母親に「何で毎日父親に殴られなきゃいけないのか、離婚して父親から離れて欲しい」と言ったところ、
「姉しか居なければとっくに離婚してる、あんたがいるから離婚できない」と言われ、それから母親も大嫌いになった(離婚して子供を二人も養えない、という意味だと今では思うが)。
ついでに姉も、しょっちゅう俺が父親や母親に殴られて抵抗しなかったのを見ていたからか、俺を見下してストレス解消のサンドバッグにするようになっていたので大嫌いだった。

中2くらいには物理的な暴力はなくなったが、「働きもしないお前を養うのに年間いくらかかってるのか知っているのか」とか
「誰の金で飯食ってると思ってるんだ」とか、以前からあった言葉の暴力が一層ひどくなった。
両親は姉を私立中→私立高→私立大とエスカレーターで進学させて、海外留学までさせた。
自分は公立中→公立高で、姉と比較すれば金がかかってないのに、
それでも「お前なんかに何でこんなに金を使わなきゃいけないのかと思うと泣けてくる」など散々嫌味を言われた。
その後、奨学金借りて他県の国立大に進学して家を出て、そのまま他県で就職。
それから5年間実家にはほぼ帰っていなかったが、2年前に両親が揃って倒れ、
当時海外で仕事をしていた姉から「私は仕事を辞めたくないからお前が辞めて親の面倒を見ろ」と言われ、
さすがに親戚とかに親の面倒を見てもらう訳にもいかず、仕方なく転職して実家に戻った。

両親はそれぞれ一回倒れて毒気が抜けたんだか知らないが、昔の性格が嘘だったかのように今は穏やかな性格で、
近隣住民に通報されるレベルの夫婦喧嘩をしょっちゅうしていたとは思えないくらいの仲良しな夫婦になり、二人で旅行に行くこともある。
俺に対しての態度も両親共に信じられないくらい優しくなり、例えば昔は風邪ひいても「男が風邪ひくなんて情けない、
勝手に自力で治せ」だったのが今では「仕事が大変なのか」などと心配される。
そんな両親を見ていると、「穏やかになってくれてよかった」ではなく、
「これだけ穏やかになれるんだったら何で昔からそうでいてくれなかったのか」という気持ちしか湧いてこない。
置かれた環境の割には頑張ってきた方だと思うが、家が穏やかであれば無駄な苦労もなく、
もしかしたらもっと良い大学に行けてたんじゃないか、違う未来があったんじゃないか、
そもそも毎日暴力に怯えて精神的にやられていた過去の自分は何だったのか、という考えが止まらない。
両親には悪人でいて欲しかった。
親にも姉にも誰にも何も言わずにふっと遠くに消えたい、という気持ちがずっと消えない。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

20100104001003e8b
113: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)09:29:57 ID:qUL
娘が中三のときに、旦那と進学する高校でかなり揉めた。
娘の学力的に最適なのが、公立A高校。本人もそこに行きたいと言っていた。
担任からは公立A高校に入れる学力はあるが、倍率が物凄く高く、心配ならランクを落として公立B高校も考えて見ては?と言われた。
それと同時受験で私立C高校も受ける。
そこでグチグチと文句を言ってきたのが旦那。お前ならもっと上を目指せる!とかでは無くて、A高校は修学旅行がフランスだから辞めろという理由。
確かに積立金とかやっていかなくてはならないが、私の稼ぎがかなりあるため正直金銭面は問題ない。
何よりも娘が将来なりたい職業に就くために通う大学に進学するために、ぜひとも通わせたい高校だった。A高校は割りと有名な進学校。
娘の心は動かず、必死に反対する旦那にくってかかった。
旦那の言い分は、未成年の女の子が外国?危ない!という感じ。

この記事の続きを読む >