鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (3コメント)

569

176: 名無しさん@HOME 2014/04/17(木) 21:55:31.49 0
毒親スレ案件かもだが
母親からネグレクト食らってて、5歳時の頃餓死寸前に追い込まれたのが修羅場だった
父親が長期出張に行った隙に彼氏のところに出て行った母親、社宅に残されたのは5歳の俺と3歳の妹
お菓子とかそれなりに食べる物はあったが、5歳の俺はなぜか全部妹に与えて自分は我慢
記憶を辿ってみると母親から食事を貰えないまま放置された事はこれ以前にもあり、無意識に妹を守ろうと考えたんだと思う
結局3日程して、登園してこない俺を不審に思った(ひょっとしたら虐待に気付いていたのかも)幼稚園の先生によって発見されて一命を取り留めた
母親の帰宅はその数日後だったらしい、父親は先生から連絡をもらって即帰宅してくれた
あの時食べたおかゆ以上の美味に出会ったことはない

この件が原因で両親は離婚、妹はなぜか母親についていくことを選択
十年程して偶然会ったら、見事に母親のコピーになってた
父親はこの件以降過剰に子煩悩っぽくなった、罪悪感とかあったのかもしれない
多分発見直前の心境が最高に修羅場だったんだろうと思う話
大した事ない話でスレ汚しスマン

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

DI_IMG_5783-thumb-1000xauto-17876
168: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/22(月) 00:04:11.76
良トメが腰を悪くしてしまったので、亡くなった大トメの親戚の葬式に、代わりに出てくれないかと頼まれました。 
なんでも、若い頃にウトが亡くなり、苦労していた時にお世話になったのだとか・・・・・。 
確かに腰を悪くしているのに、新幹線に二時間程乗るのは大変だろうと思い、私は快諾。 
そして仕事の都合で行けない旦那の代わりに、当時大学生のコウトと共に参列する事になりました。 
(香典と共に帰りに美味しいもの食べておいでと、お小遣いまで貰っちゃいました) 

その親戚にお家に行ってみると、凄く大きな平屋建で、沢山の人が集まっていました。 
トメの代理で・・・・と挨拶すると、ご遺族の方が凄く喜んでくれ、おまけに若い人が私達くらいだったため、 
色々可愛がってもらえました。 

そうして、お葬式が始まりました。 
棺桶を前に、お坊さんが念仏(?)お経(?)を唱え、その間に静かにお焼香も進み、滞りなく式は執り行われていました。 
念仏も終わり、私が足を痺れさす前に終わってくれて良かったと胸を撫で下ろした瞬間、お坊さんはおもむろに側にあった枝を手にしました。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

no title
852: 名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水)13:36:47 ID:2kBrURN3v

1人の男のせいで婚約破棄された話。

5年ほど前、私には婚約者がいた。優しくて私の仕事に理解があって(学童の主任)
病気になったら必死に看病してくれるし、決してイケメンではなかったが本当にいい男だった。
私はそんな彼が大好きで、同棲中は凝った料理を作ったりマッサージの勉強をしたりととにかく尽くした。
同棲2年目に婚約し、お互いの両親に挨拶。幸せいっぱいだった。
しかし急に彼が籍を入れるのを躊躇うようになった。もう婚約指輪も貰ったし早く結婚したい!と思っていた私は理由を聞くが、
「ごめん、時間頂戴」と言うだけ。私の両親も彼の両親も不思議がってたので、彼両親が彼に訳を聞いてくれることになった。
翌日に彼母から電話があり、彼に理由を聞いてくれたとの事なので聞いてみると・・・

・彼の上司の男性が結婚はやめた方がいいと言って来た

・上司は離婚暦2回のの53歳。最初の嫁も2回目の嫁も交際中は尽くして努力してくれたが、結婚した途端ダラけた。

・給料をしっかりと管理され自由に使えない。そのくせ自分は友人と豪華ランチ(2人とも)

・ほっそりしていたのにぶくぶく太って、とてもじゃないが抱く気にはなれなくなった。

・・・という事を上司に吹き込まれたらしい。彼母は、私ちゃんはそんなことないと説得してくれていたようだが
彼は婚約破棄の意思を呟いていたという。彼母は、泣きながらごめんなさいと謝ってきたが、彼母は悪くない。
上司という女運の無い男たった一人の言葉に流された彼に怒りが募った。もちろん上司にも。
その日、彼は帰ってこなかった。「明日○○のカフェに来て。」とメールが来ただけ。
あ、こりゃ婚約破棄を言い渡されるわと思ってわんわん泣いた。そんなときに母と彼母が部屋を訪ねてきた。
私と彼のことで心配してくれて、母同士でどうにかならないか話し合ったらしい。それで2人で部屋を訪ねてきた。
彼が帰ってこないことを告げると、彼母が彼に連絡を取ろうと試みたが、一切応じなかった。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

no title
657: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)11:10:17 ID:xmJcplJRy
5年ぐらい前、私がまだ20代の頃の修羅場。
長いので面倒臭い人はスルーして下さい。

当時アパートで独り暮らしをしていた。
ある時、会社から帰ってくるとポストに一通の封書が入っていた。
差出人の名は無くて、中にはある有名な舞台のチケットと手紙が入っていた。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

2014020515132566
481: 元小学校教諭 投稿日:2013/03/27(水) 10:46:45.35 ID:fcwltKE60
職場の上司…というか、某小学校の教頭への復讐

スペック

俺、当時28、小学校教諭
姪、当時7歳の小学2年生、スウェーデン人の血が1/4入ったクォーター(父親がハーフ)、髪が金髪(ダークブロンド)、海老アレルギー持ち
姪両親、旦那が日本と瑞典のハーフ、嫁(俺の妹)は日本人

教頭、当時50代後半、考え方古い、この時代に『アレルギーは本人の甘え』とほざく。混血に差別的

この記事の続きを読む >