鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (4コメント)

24_1_44
902: 名無しさん@おーぷん 2017/08/20(日)09:34:35 ID:BVG
流れぶった切りでカキコします
バカみたいな内容なのですが
隣の家に住んでいる障害者の男性に付きまとわれて大変だった話
付きまとわれてるのは私ではなく夫
私が買い物から帰ってきたら庭から旦那の叫び声が聞こえて慌てて向かうと
下着姿の隣人(パンツ一丁)の男性が旦那に覆いかぶさってる姿が
旦那が泣きながら振りほどこうとしても物凄体格でびくともしない
私が引き剥がそうとしてもびくともしない…
向こうの親が止めに入ってやっと介抱されたのですが

続きます

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

thDHUE5AV0
553: 名無しさん@おーぷん 2016/07/17(日)22:34:56 ID:P4f
友人(A)が壊れた話。長いので分けます。

私もAも中高一貫の私立校で、中学までAの成績は普通だった。でも高校に進学した途端Aの成績はうなぎ上りにあがっていった。
理由は、Aが英語の先生に恋をしたということ。
Aは授業のない日も質問するため必死に英語を勉強して、テストも学年1位とか珍しくなかった。
先生も裏で「あの子はすごいんだよ」と嬉しそうに褒めていたという。

2年生になると、なんとその先生が副担任になった。Aが泣きそうに喜んでいる姿は周りから見ても幸せそうだった。
英語を集中的にやっていたAは、「これからは全教科できるようにならなくちゃ」と決意を固めていた。
そのクラスは去年と違ってA以上にできる人間がいるとは思えなかったけど、Aは前にも増して勉強してた。
夏が始まるくらいの頃にとうとうAは過労で体を壊した。どんどん重症化し、一度倒れて担架で運ばれる事態になってからは本当に笑えなくなった。

2週間くらい経って、Aが机に座って突っ伏しているということがあった。例の先生の授業の前に。
先生が入ってきて授業が始まってもAは動かなかった。
先生は困った顔で「えー…コレどうしよう」「保健委員~コレなんとかしてよ笑」
Aは『コレ』と呼ばれ、先生が持っていたもので頭をはたかれた。5分くらいネタにされ続けた。
するとAはぐらりと首を回転させ、椅子から転げ落ちるように倒れた。そこでようやく担架が呼ばれた。
授業後に保健室を訪ねてみると、意識を取り戻したAは私を見て泣き出した。怖かった、と。
後ろから先生が来た。Aは悲鳴を上げて彼を拒絶した。

それからAは先生を見るたび過呼吸を起こすようになった。Aは全て聞いていたという。
熱で保健室に行くどころか話すことも動くこともできないなか、自分を『コレ』と呼び、頭を叩き、嘲笑う先生の声を。
「殺されるって思っちゃったんだ」Aはそう泣いた。大げさといえば大げさだった。
先生のしたことはちょっとしたからかいにすぎない。
それでも、誰より憧れていた人間に、あんな状況で、私だったら耐えられただろうか?
Aも、体調のいい時だったら笑って流しただろう。別の先生にされたことなら、その先生を嫌いになって終わっただろう。
なのにAは先生を嫌いになれなかった。その代わりに激しく恐れるようになった。先生の授業に出られないほど。
先生の目も死んでいった。泣いている姿が生徒にさえ見られるようになった。
担任の意向でAは休学。夏季授業も夏休み中も、会うことはなかった。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

0412

922: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN 0
ありがちだけど、自分の不倫がバレた時が修羅場だった
ばれる前、私は自分から不倫相手に別れを告げていた
不倫相手に「あんなつまらない家族に縛られてて
○○(私)がかわいそうだ」みたいなことを言われた時、
私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!と怒りを感じ、
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感
不倫してることがアホくさくなり相手に一方的に別れを告げた

…で、心を入れ換え旦那&娘を第一に考えるようになり、
一件落着だと思ってたんだけど、実は私の不倫は
バレてないと思ってのにすっかりバレてて(我ながらすごい間抜け)
不倫終了から数日経ったある日、旦那から証拠と一緒に
離婚届を突きつけられて一気に頭真っ白になった
だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、
自分でも目を覆いたくなるような画像やら生々しい音声やら
報告書の内容もぐうの音も出ない真実だらけ

娘が私に冷たかったのは、てっきり思春期のせいだと思って
そのうち元通りになるとさほど気にしてなかったけど
実は私の不倫を知ってて怒ってたからだと聞いてさすがに震えた
もう別れたと弁解したけど不倫していた事実そのものを責められ
取り付く島もなく離婚を迫られどうしようもなくただただ号泣

ウトメにはキレられ、母親には泣かれ、父親には頬を引っ叩かれ、
旦那にはものすごく冷たい目で見られ…
正直あの時の旦那の冷たい目が一番堪えたと思う
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと宣言してると聞かされ、
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で本気でガクガク震えた
パニックになりどうしていいかわからず本当に泣くしかなかった
結局、謝罪に謝罪を重ねて離婚だけは勘弁してもらった

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

GYAKUTAI14
47: 名無しさん@おーぷん 2016/09/06(火)01:19:17 ID:OvP
昔の話だけど、今で言う放置子を何名か雇ってたことがある
自分は独身おばちゃんで、今はほとんど働いてないが、当時はくっそ忙しくて、毎日ヒーヒー言ってた。
しかし金はあった。
自宅マンションに夜中に帰ってくると、明らかに中学生みたいなのが玄関で座ってたりして、
どうしたんあんた、と声をかけたりしてるとどうやら、親が彼氏を連れ込み追い出すとか、三日くらい
帰ってきてない、とかで今で言う放置子っぽかった。
服は汚いし、ろくに飯も食ってないし、風呂もろくに入ってない。
今だったら、親も面倒くさそうだし、関わらないのが正解なんだけど、昭和の時代だったからか、家に
来るか、と誘ってしまった。
冷凍うどんをガツガツ食う姿がなんかかわいそうだった。
話聞いてると、どうもその家の親はあてになりそうになく、こりゃさっさとこいつ高校卒業して逃げた
方がええな、と思ったが、高校さえ行かせてもらえそうにない気までする(親が金を出しそうにない)
つーわけで、バイトしてもらうことにした。仕事は我が家の掃除とか洗濯とか、ご飯作ってもらうとか。
今思うと勇者だが、合い鍵渡して、バイト代渡して、家事をお願いした。
子供はゴミみたいな家にいなくて済んだし、追い出されてもうちで寝てたし、食事は勝手に作って食べていい、
とか言ってたから、健康にもなって、風呂にも入れたし、そうするときちんと学校も行くようになって、
宿題も我が家でするようになって、子供いないのに子供いるみたいな生活になった。
驚きなのは実の親は子供に興味がマジでないのか、ほとんど家にいない子供に何も言わなかったことだ。
その子はうちに半分入り浸りつつ、バイト代を私からもらって、その金をこつこつためて高校に行った。
その子が高校卒業して、家を出て都会で就職をしてから、今度は似たような小学生が現れた。
これは放置というよりいわゆる虐待だった。親に殴られたアザがあった。
小学生をバイトでやとった。殴られない場所が欲しかったらしく、その子は小学生ながらに、掃除洗濯もろもろ
してくれた。バイト代は払った。
中学になったら力がついて、親に殴られっぱなしではなくなった。でもまだ中学生でバイトはできないので、
相変わらずうちにきて料理作ってくれたりしてた。これも後は同じ。高校に行って、卒業して巣立っていった。
二人とも、今も盆と正月には顔を見せに来てくれる。仕事先には実家に帰る、と言って帰省するらしい。
自分は独身だけど、子供がいるみたいで、けっこう楽しかったりするが、今だったら絶対できないな、と思う。
子供達は私を命の恩人のようにいうんだけど、正直この子たちが家事掃除してくれなかったら、家は絶対ゴミ屋敷だったと
思うのでこちらの方こそ当時はありがたかったもんだ。こっちも助かったんだから感謝されるいわれはない。
平成の今なら絶対やれないなあ。よく赤の他人の子供を家に迎え入れたもんだわ私。相手の親に訴えられてて
もおかしくなかったよなあ。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

0525

198: 名無しさん@おーぷん 2016/03/25(金)21:32:42 ID:y73
俺48。嫁45。
友人には孫が生まれたという話もチラホラ聞こえる年齢。
しかし俺はもう嫁と一緒に生きて行くのがしんどくなった。
離婚したいと申し出た今が修羅場。

結婚したのは20代半ば。仲間内の中では早い方だった。
が、子供が出来なかった。
嫁と一緒に検査を受けたら双方に少しずつ原因があった。
俺の方は精子が少なく、嫁は排卵障害と着床不全らしい。
が、治療すれば妊娠の可能性も十分あると言われ
子供欲しさに不妊治療を開始した。
だが結果が出ない。
俺が40歳になった時、精一杯やった、もう諦めようと言った。
だが嫁は諦められなかった。
自分(嫁)が40になるまでやらせてくれと。
だが40になっても諦められないようだった。
約束だ、これで終わりにしようと言ったがだめだった。
俺の精子を冷凍保存したいと言い出した。
そうすれば嫁が嫁のタイミングで勝手にやるからと言った。
その言い方に腹が立った。
生まれて初めて人に手をあげた。
初めて人を叩いた自分に動揺した。
嫁は泣きながら頼むからそうしてほしいと懇願し、
俺は叩いてしまった罪悪感から受け入れてしまった。
けど、妻にとって俺ってなんなんだ?という気持ちが
その頃から少しずつ膨れ上がってきた。

この記事の続きを読む >