鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (2コメント)

64: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/22(火) 19:40:45.30 ID:y6gzpo4L
コンビニの駐車場にバイク停めてトイレ休憩したり、買い物していたら防犯アラームの音とガシャーンと派手にバイクを倒す音が。
直後にギャーという叫び。

子供がバイク乗りたいと親におねだり、親が勝手に俺のバイクに乗せる。
防犯アラームが鳴り、親がびっくりして子供を下ろそうとしてバイクを倒す。
子供がバイクの下敷きにという事らしい。

親が必死にバイクを退けようとするも200kgの車体は女性では起こせず。
俺も飛び出して子供を確認したら、運悪く子供の太ももにステップがグサリと刺さっていた。
動脈やっていたらヤバイと思った。だから、車体を起こしてステップが抜けるのを避けるために中途半端に持ち上げる結果に。
コンビニの店員やお客さんとかが手伝ってくれて救急隊が来るまでずっと中途半端に持ち上げて、止血したりしていた。

その後救急隊が到着したが、ステップが大腿骨を粉砕して突き刺さっているから抜くとかなり危険という判断に。
結局子供にステップが刺さったまま、バイクを起こした後にステップを切断した。
子供はすでに気絶。たまたま通りかかった看護師の人がずっとバイタル?取っていたから危険な状況ではなかった。

子供が搬送されたあと、今度は警察呼んで事情説明。ただコンビニの防犯カメラからも明らかに相手が悪いということがわかっていた。
調書とった後に親を追いかけて警察も病院へ。
残された俺は血だらけでステップがなくて動かせないバイクが残るのみ。
まぁ、右ステップが切断されたのでリアブレーキを使わなければ乗れないことはなかったけど。
ただ、急制動が難しいから結局レッカー呼んでバイク屋まで運んでもらいました。

もちろん後日親にバイクの修理代金とレッカー費用はきっちりと請求して払ってもらいました。
その時に親に説教しようかと思ったけど、憔悴の仕方が半端無かったから気をつけるようにとしか言えなかった。
ちなみに子供は全治2ヶ月で足のケガ以外は打撲程度だったそうです。

今まで最大の修羅場だった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

121: 名無しさん@HOME 2013/11/17(日) 20:51:20.92 0
車にはねれて生死を確認された後にもう一度はねて逃げられた時。
一度目は目眩がして中々立てなかったが意識はしっかりしていて会話が出来た。
「大丈夫ですか?」と運転手に聞かれて「はい」と答えたら急ぎ足で車に戻っていくから、何なんだろうと立ち上がろうとしたら勢い良くバックではねれた。
で、そのまま曲がり角に入って逃げられた。
二度目にはねられた後はとにかく腰が痛かったことしか覚えてない。
それが最大の修羅場。
余談だが、もしかしたらここで死ぬのかもしれないと思ったら、まだ登校途中だったことを思い出して遅刻したら怒られると死ぬ気で起き上がり登校した。
校門で挨拶に立ってる先生に制服の破れなどでバレて心配されて怒られた。
病院に行った結果腰は痛かったが擦り傷程度で他はなにもなかったからよかった。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

934: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/25(月) 01:14:13.85 ID:DlpiP5UG
当方38で嫁も同い年。4月から大学行く18の長女を筆頭に娘4人息子2人の
8人家族。夫婦喧嘩もたまにあるがまあ円満にみんなでやっている。
仕事で一ヶ月中一週間だけ夜勤シフトがあり、その日は平日で明け休み。
子供たちは学校・幼稚園で嫁も仕事で家には自分一人。
嫁とは今は週一。それに不満は全くないがたまーに一人でしたく
なるので一人の時やっている。丁度夏だったので素っ裸でいた。
夕方まで誰も帰ってこないと知っているので居間のソファーで酒飲みながら
大人の本見ながら横になっていたら昼過ぎに帰ってきた長女にばったり見られた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

56: チャーチル 2013/07/15(月) 01:44:22.54
今日私が出席してきた都内某所での結婚式・披露宴のお話。
新郎は、IT系企業の技術者。
新婦は、私の職場の後輩。

新婦は、遅刻が多いとか、頼んでおいた雑用を忘れるとか、敬語を使えないとか、書類に誤字や金額の計算ミスが多いとか、
その子の失敗をフォローするのに他の人たちが残業してるのに、一人早々に帰宅して、翌日バッチリ髪をセットして来たり(美容院を予約していたらしい)・・・
とまあ、色々あって、職場関係者の誰も祝福する気持ちが無かった。

さて、この結婚式・披露宴は、基本的に会費制で1人3万円だったんだけど、
招待状には「ご祝儀でも結構です」みたいな意味不明なただし書きがされてた。
要するに、3万円以上出してくれても構いませんよ、という事らしい。

ちなみにこの新婦、直接話したこともない社長にも招待状を送ったそうで、直属の上司の ひんしゅく を買ってていた。

で、職場同僚20人くらいで示し合わせて、会費じゃなくてご祝儀を出すことにして、ご祝儀の金額は1人1000円にすることにした。
会費は定額だけど、ご祝儀は気持ちなんだから、1000円でも文句を言われる筋合いは無いって理屈。

結婚式・披露宴は人生の縮図だからね。
こういう場面で、その人の真価が測られるよね。
悪いけど、海外への新婚旅行は諦めてね。

続きは、また後で書くわ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

29: おさかなくわえた名無しさん 2014/04/02(水) 23:54:49.39 ID:EqTgfwB9.net
20年近く前のことです。
長文になりますが、私も投下させてください。
自分が小1くらいの時、学校から帰って玄関の鍵を開けたら知らない男(以下「変質者」)が無理矢理押し入って来た。



その日は弟の幼稚園バスのお迎えの時間と私の帰宅時間が重なる日で、私は自分で鍵を開けて家に入るように言われていた。
そういう日は鍵を首から紐で下げて、鍵が見えると危ないので服の中に隠していた。

私の家はマンションなのでエレベーターに乗る。
その日は私と、一緒に帰ってきた同級生と、ほかにも大人が数名乗り、私が降りる階で変質者も降りた。その階で降りたのは二人だけ。

この記事の続きを読む >