鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 修羅場

 (4コメント)

4842

752: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:09:26 ID:MssRnSuse
今から約十年前バツイチ子持ちの姉が交通事故で亡くなった。
子供は二人。当時十歳女と九歳男。
婦人系の病気して子供が出来ない体の私は姪と甥をそりゃーもう可愛がってた。
姪と甥の命が危なかったら私の命を代わりに捧げれるくらい可愛かったんだ。

姉が亡くなり、少し落ち着いた時、子供をどうするかって話し合いをした。

そん時すぐに私が引き取るって言ったよ。
だって姪と甥が○○ちゃんって抱きついて泣いてたんだもん。

悠々自適の一人暮らしから三人の生活。楽しかった。いきなりの母親業は戸惑いと、収入面でもきつかった時もあった。
やっぱり姪と甥はさ、情緒不安定で夜中に泣いたりストレスで禿げたり、突然泣き叫んだり。
五年くらい三人川の字で寝たよ。
学校のママ友って言うの?あれもワクテカ凄くてさ、うざったかった。
PTAもやった。町内会も全部参加した。
でも何とか頑張ったよ。

昨日甥が二十歳になった。
大学行ってて、一人暮らしで一緒に祝えなかったけど、ラインが来たよ。
俺の本当のお母さんは居ないけど、○○ちゃんが今の大事なお母さんと思ってる。
彼女が出来たよ。今度一緒にご飯に行こう!
まだ35歳なんだから、○○ちゃんも彼氏作りなよ!

俺とねぇちゃんを愚痴一つ言わずに育ててくれてありがとう。
大好き!
だってさwおばちゃん嬉しくて酒飲みすぎたよw
そして甥に彼氏作りなよ!って言われたのが今の修羅場w
二人の子持ち女を好いてくれる人今から探すなんて出来ないぜw
酔っ払いすぎて文章めちゃくちゃな上長くてスマン。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

94

742: 恋人は名無しさん 2012/07/09(月) 22:01:28.77 ID:BvgmTlCf0
私 当時学生
彼男 会社員
赤ちゃん

大学のサークルOBと一緒に遊びに来た彼男と知り合って付き合うことになった。
当時は大学近くのワンルームに一人暮らししてた。
女性用と謳ってたわけじゃないけどそこは同じ大学の女子ばかりが入ってて皆仲良しだった。
彼男はやたら私の部屋に遊びに来たがり、じゃあ昼間だけならと許可すると、
「他の子の部屋も見せてよ」
と言いだした。
この言葉にドン引きして別れが頭をよぎりだした。
他にもデート中に他の女性の話とか元カノの話をやたらするとか多かった。
「女の子同士って男同士みたいな会話(下系)するの?」
とかその他いろいろも、この人ちょっと・・・と思いだしてた。
「男の人同士の会話って聞いたことないから分からない」
と話題を避けようとしたら
「じゃあ聞かせてあげるよ」
と私が嫌がってるのを分かってくれなかったりした。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

DSC00540
70: 名無しさん@おーぷん 2014/12/24(水)13:54:02 ID:ED0
俺たちの出た中学校が廃校になると聞いて何となく思い出した話

中学当時、俺をいじめていたAが、その日は俺を掃除用具が入っている
背の高いロッカーに押し込んで蹴飛ばしていたところ
そのロッカーが突然前に倒れAを押し潰し、Aはそのまま死んだ。
のちに警察が再現実験を行い、力任せにロッカーを蹴飛ばしたせいで
後ろの壁にぶつかり、その反動で前に倒れこんできたと結論が出た。
中学校にしてみれば事故とはいえ校内で死者が出たってだけでも大問題なのに
それがいじめによるものだったとは絶対に認めたくない。 

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

4125

444: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:/3+8eSHH
今まさにプチ修羅場

今週は仕事が忙しいから頑張らなきゃと仕事。
水曜の朝から頭痛が始まり午後には悪化、夕方には若干の嘔吐あり。
翌木曜は頭痛との戦い+胃のムカムカ+暑さと戦いつつなんとか1日の仕事を終了→帰宅しダウン
昨日も朝からダウンのため休む(嫁に休む連絡を頼んだ)→夕方に社長に連絡→戦力外通告

戦力外通告を受けて家庭+住宅ローンありで嫁に事実を話すまでが最大の修羅場
ただ現状で嫁の稼ぎの方が多いため、僅かの期間なら専業主夫でも可とあっさり修羅場脱出?

頭の中ではプチ修羅場は進行中
転職か思い切って自営か、子作り宣言直後だし両方の実家にはしばらく隠さなきゃと

嫁の楽天家に救われてはいます
ただ短期勝負を決めなきゃなりませんが

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

0022

473: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:vbR827CJ
実家に帰って来たことで思い出した幼少期の頃のちょっとした修羅場体験。

片田舎の一軒家、当時はまだ築3年か4年程度の比較的新しい家で狭いながらもちょっとした庭と車二台分の駐車スペースがあった。

その日は平日だったんだけど、どうしてもプールの授業が嫌で仮病を使って小学校を休んだ。

ゲームなどにも飽きてウトウトしだした頃、外からなにかガヤガヤ聞こえ始めたことに気づいた。
何事かとベランダから駐車スペースを覗くと、両親が出かけていて車が置いてない駐車スペースにブルーシートが広げられていてご近所の老人たちが結構な数集まって誰かの話を聞いていた。

そんな話は聞いていないうえ異様な空気を感じ取って怖くなりベランダにしゃがみこんで様子を伺った。

40代くらいのおっさんが、自分の祖父を含めた老人たちにフリップを使い癌やらの病気についてクイズを織り交ぜた講演の様なものをしていた。
要所要所でクイズに正解した人や良い事を言った人にバンバン色んな粗品を配っていた。

その光景があまりにも異質で、恐怖で半泣きになりながらもどうしていいかわからず、近所に住む叔母に電話で助けを求めた。


直ぐに叔母が駆けつけてくれ、主催のおっさんにボケた祖父(その場を治める為の文言で十数年経った今でも凄い元気)が勝手に許可したことだから家主が帰ってくる前に撤収してくれとおっさんを追い返してくれた。

その後連絡を受けた母が帰宅。しどろもどろながらもなんとか状況説明。
祖父の証言等も合わせて悪徳商法だろうということで一応警察に一言通達。

幸い何かの契約をしたり購入させられたりした人は居らず、我が家にはおっさんが撒き餌として使っていた結構な量の粗品が残されていった。

近所の老人を救ったことで褒められたが、同時に仮病の使用でこってり絞られた。

こういう詐欺まがいの業者?ってどこにも居たんだろうか?現代では手口が更に巧妙化してそう。

うちは多分比較的新しくスペースがあったのとどう確認したかは不明だが祖父しかイない所を狙われたっぽい。

この記事の続きを読む >