鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: これはひどい

 (3コメント)

29ae5630

369: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/03(木) 07:37:49.38 ID:urqwB+qQ0
私の就職先が決まった途端、
院進学予定の彼氏がヒモになる気まんまんでプロポーズしてきて速攻別れた。

元彼の両親は早くに結婚して、先に就職した彼母が彼父就職まで養ってたらしい。
私両親も父が仕事独立して数年間は共働きで母実家同居してたらしいし
まー事情に寄ってはそういうパターンもあるよね、と流していたんだけど。
「キミなら彼母や私母みたいに俺のことを支えてくれる(キリッ」とか言われて引いた。
同じようにっていうなら、内定取るか、独立出来る実績と資格取ってからにしろよ…。
現実的に私の初任給じゃ生活キツイだけど、そこは私親に援助してもらえば解決らしい。
1時間くらい「何言ってんのコイツ・・・?」という言葉しか浮かばなかった。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

6940

28: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/16(日) 19:41:26.48 ID:/o5Xi85Q0
普段は共働きなら家事分担は常識!とか言ってたくせに、いざ結婚話が出てきたら
収入が少ない方がメインで家事をやるべき、男女平等なんだから収入で決めるのは当然、
とか言い出した。彼氏30代前半・私20代半ばで7歳差、彼氏のが収入多いのは当然じゃん。
定年はあなたが7年早いよね。その期間はあなたが家事全部やってくれるってこと?
月数万円分の家事と数十万円分の家事は違うんだから、それなりの要求はするよ!
毎日床も窓もお風呂も家中ピッカピカにして、懐石料理並みのご飯を手作りするんだよね?
と言い返したら、年取った俺をコキ使う気なわけ?とキレたので、さっさと別れた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

445c8038-s
352: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/06(金) 12:54:58.19 O
彼氏がいつの間にか妹とくっついていた。 
二人でデートしてたのを目撃し、どういうことだと近くの喫茶店に連れ込んで問い詰めたら 

彼「お前は一人で生きられるだろうけど、こいつは俺が守ってやらなきゃダメなんだ。 
こんなことになっちゃったけど、お前を好きになって付き合ったことは後悔してないよ。 
お前のおかげで運命の人に会えたんだから……」 
妹「お姉ちゃん、ごめんね。でも私、この人じゃないとダメなの。 
お姉ちゃんには悪いけど、この人への気持ちを諦めたら絶対後悔する。 
その代わり、お姉ちゃんの分まで二人で幸せになるから! 
優しいお姉ちゃんなら、絶対いつか運命の人に会えるよ」 
と、ドラマみたいな台詞をぶつけられた。 
思い出したくなくてもたまにこの場面が浮かんでくるので、今でも内容をハッキリと覚えてるのが悲しい。 
今なら、ある程度は冷静に対応できるかもしれないけど、その時はキョドって 
「あ……いや、好きになったものはしょうがない、のかもしれないけど、 
でも、せめてあんた(彼)さあ、私に別れるって言ってから付き合って欲しかったっていうかその、 
けじめぐらいつけるべきなんじゃないのかな~?違うの?」 
みたいなことしか言えなかった。彼も妹も「それはその通りだ、ごめん。」みたいなことだけ言って終わり。 
それから、確か三年後に二人は結婚した。今、私の実家の近くに住んでいる。子供が二人いるらしい。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

8d07a57a-s
484: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/23(金) 04:08:24 ID:CLkBypwZ
下がってますが投下。

成人式で地元に集合した。他県の大学に通っていた私は久々の帰省。 
式が終わり、翌日小学校の同窓会が行われるらしく一つ返事で参加OK。 
何人か先生も参加するとのことでwktkしていた。 
当日参加先生を見ると小5の頃の担任S先生発見。

彼は贔屓が激しく(クラスの中心になるような子、可愛い子だけちやほやしてた)すぐキレる先生で、贔屓の目から外された生徒からはかなり嫌われていた人だった。 
自分も除外視されていたほうではあったが昔の事だしまあいいか、みたいな感じだった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

18130ee5-s
398: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/06(金) 16:36:34.13 O
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った 
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた 
ら、彼女がいると紹介された 
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」 
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり 
「Aくん。もうこの人と友達やめな」 
と言い出した 
「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」 
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた 
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」 
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした 
「どうしてそんなこと言うんだよ」 
その言葉にB子は 
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」 
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた 
返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら 
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」 
とB子に言った 
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」 
途端に泣き出すB子 
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」 
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった 
「やだ~!!Aくんいっちゃやだ~!!」 
と後を追い掛けるB子 
もう何も言えずため息つくしかなかった 
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に 
「ずっと変わらず友達でいてくれ」 
と言われた 
B子のことを聞くと 
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい 
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた 

この記事の続きを読む >