鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: これはひどい

 (3コメント)

390: 名無しさん@HOME 2012/03/30(金) 07:17:19.89 0
うちの義兄嫁は私と違って、美人でオシャレで、可愛いタイプ。 
でもってすごく優しいし、ウトメの愚痴を言い合ったりしてた。 
(夫も義兄もウトメに対して壁になってくれてるし、普通ウトメなので、それで問題なし) 

夫と義兄は5歳近く年齢が離れていて、義兄と義兄嫁が付き合いだしたのが高校生の頃。 
夫はブラコンから猛反発→義兄嫁のことが気になりだす、優しい→なんか好きになり、 
当時、小学生ながらに本気で超優しい義兄嫁のことが好きになったらしい。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

683: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/01/06(金) 08:17:05.08 ID:hK/pgWvmO
「正社員になって釣り合う立場になったら、正式にプロポーズする」と言ってくれた彼。 
その一週間後に突然音信不通になり、会っても無視され、結局、六年付き合った末に唐突に切り捨てられた。 
後から人づてに聞いたところによると、正社員に内定したので、今まで見向きもされなかった受付の女の子から強くアプローチされたらしい。 
自分は心身ともにぼろぼろになり、退職して故郷で再就職。彼は去年婚約したらしいと噂で聞いた。 

この記事の続きを読む >

 (21コメント)

裁判員「満場一致で死刑です」裁判官「わかりました、判決は無期懲役とします」裁判員「」
1: 名無しさん@鬼嫁日記 投稿日:2014/06/03(火) 19:38:11.53 ID:xQnlF8f/0
裁判員熟慮「死刑判決」をひっくり返すプロ裁判官の“論理”…「先例主義ならロボットが裁けばいい」憤る遺族

故郷の兵庫県稲美町を離れ、千葉県松戸市のマンションで暮らしていた荻野友花里さん
=当時(21)=の運命が暗転したのは、大学卒業を5カ月後に控えた平成21年9月だった。
マンションに侵入した竪山辰美被告(53)に胸を包丁で刺されて殺害され、部屋に火を放たれた。
強盗殺人罪などで起訴された竪山被告の裁判員裁判の1審千葉地裁は23年6月、死刑を選択。
事件前後に別の強盗致傷を繰り返していたことなどを重視した結果だった。
だが2審東京高裁は昨年10月、死刑判決を破棄、無期懲役とした。
理由は、1人殺害で計画性がない場合は死刑とされない「先例の傾向」だった。
「裁判員は被告の人間性を見極めて死刑と判断したのに、専門家が相場主義でひっくり返した」。
友花里さんの母、美奈子さん(61)は憤る。

『死刑は特に慎重に』

裁判員裁判の死刑判決が破棄された例は過去3件。いずれも東京高裁の同じ裁判長が担当した。
うち1件の別の強盗殺人事件で裁判員を務めた女性が口にするのは戸惑いだ。
公判で弁護側は無罪を主張し、女性は「絶対判断を間違ってはいけないと万が一の可能性も精査した」
というのに破棄という予想外の結論に。
「思考停止というか放心状態というか…。全てがよく分からなくなった。もう封印したい」と嘆息した。
2審が先例に言及した背景には、執行すれば取り返しのつかない死刑は、
特に公平性を踏まえて慎重に検討すべきだとの意識がある。最高裁司法研修所も24年7月、
過去の量刑判断を尊重するよう求める研究報告を示した。プロの裁判官が長年検討を積み重ね、
定着している「死刑適用基準」を重視する考えだ。
一方で「先例主義ならロボットが判断すればいい」(全国犯罪被害者の会の松村恒夫代表幹事)との批判の声が上がる。
機械的な尺度で死刑を破棄すれば、国民の健全な社会常識や生活感覚を反映させるのが狙いの
裁判員裁判の意義を損ないかねないのだ。

no title

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140525/waf14052507000005-n1.htm

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

wpid-6f5f4d1e6627357edd45712d975b17c7

1: 名無しさん以下、鬼嫁日記でVIPがお送りします 2014/05/27(火) 23:02:35.40 ID:3G5uCqRH0
頭をノコギリで切られたのにカットバンすらしてないのはおかしい
これでは自作自演と岩手も仕方ないとオモタ
なお親指の包帯の位置も違う模様
http://girlschannel.net/topics/143856/ 

この記事の続きを読む >

 (102コメント)

467: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/01/02(金) 11:40:19
一昨日喧嘩
メールで「あんたの相棒風呂に入ってるよ、かわいー」と、意味不明な内容。 


この記事の続きを読む >