鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: (-д-)本当にあったずうずうしい話

 (3コメント)

441

693: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/15(土) 20:35:11 ID:RzeSPzNb
なんの集まりだったかは忘れたが、職場の同期で飲み会があった。
私は用事があったので事前に参加できない、と断ったが、
「はじめの五分でいいから、参加して、同期会なんだから」といわれて、
それもそうだな、と、本当にはじめの「乾杯~」まで参加した。
そのとき、口にしたのはウーロン茶とお通し。
で、退場するときに、自分の飲み代として一応2000円を置いてきた。
社会人一年目の私としては精一杯のお付き合いだった。
翌日。
「昨日は楽しかったよー。三次会までいったんだー。で、足りない分のお金、私が立て替えておいたから」
と。
は?
「六千円、お願いね」
は?
話を聞いてみると、三次会までの飲み会代を、私まで含めて割勘にしたらしい。
結局、ウーロン茶一杯とお通しで、合計八千円払った。

思い出しても悔しい。
つか、そこにはいない人まで、数に入れるか?

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

0cbe2242fc3278afa8df4ddee5e9fb5b
423: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/25(月) 01:00:17.46 ID:T1HGaoW3
かなり昔の話 
セコい彼氏に冷めた 

一緒に100均のお店を見てて、彼も欲しいものがあったらしいけど「財布を車に置いてきちゃったからちょっと払っといて!」 
って頼まれた。210円のもの。 
会計を済ませて車に戻ってから、彼に商品を渡して210円ちょうどある?って聞いたら、「はぁ?払えってマジで言う?」ってまるで私がごうつくばりみたいな言い方しながら「はいよ、どうぞ200円!」と小銭を投げつけられた。 
ールを打って、着拒した。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

052

707: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)18:20:17 ID:p7l
職場の同僚オバサン。
私はスマホ、オバサンはガラケー持ち。
ガラケーって言ったってメールもネットもできる機種。
ただ、ネットのやり方がわからないから使えないので、メール使用程度のプランで、パケホーダイ的なものにしてないらしい。
休み時間に私がスマホでいろいろ調べてるのを見て、オバサンは自分の知りたいことも調べてくれと言ってくる。
私がスマホを手にしてて尚且つ時間があるときならいいけど、持ってないときや急いでるときにも「これ調べて」と言ってくる。
ちょこちょこ頼まれるのですげーめんどくさくて、オバサンのガラケーでも調べられるから、自分で調べてくれと言ったら、
「私のは使い放題じゃないからお金がかかる、あなたのは使い放題でしょ?」と。
使い放題って言ったって、職場はWiFiないからオバサンの検索でLTE通信量増えて月末には重くなるし、
料金は変わらなくても、それを調べる手間、さらにはその調べた結果をオバサンに説明する手間、私の時間が掛かってるって説明し、
ガラケーでもネットできるから使い方教えるって言うのに、「調べてもらったほうが早いからいいわ」と、私の話を全く聞いてない。
「もう頼まれても調べません」と宣言したら「えー?それくらいしてくれてもいいのに」って言われた。
図々しい。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

120719-4
702: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2005/09/11(日) 00:44:54 ID:mKIKEl1k
父の死後、隠し子が二人いたことが判明した。 
顔も知らぬ兄たちよ、父は借金しか遺していないのに遺産を要求してくるな。 
負債でよければくれてやる。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

20110116212316619
966: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/07(火) 13:32:30.51 ID:GYyaHtRn
コンビニ夜勤中、「スマホの電池が切れたから充電させて!」と若い女が来た。
でもうちの店では禁止事項なのと、そういうことを許すと他の客にも示しがつかないので丁重に断り、公衆電話の場所を教えた。
すると女は納得した様子で引き下がった。

と、普通はこれで終わる話だったんだが…数十分後、そいつの親だというBBAから電話があった。

「娘が友達とはぐれて困ってるのに(←初耳の事情)何でそれぐらいしてくれないの!」
「震災で助け合いが重要な時期なことぐらいわかってるでしょ!」
「私の近くの店ではやってくれるのに!」
「私、(コンビニチェーンの)上の人知ってるんですよ!」
「あなたどういう教育受けてるの!」

と、自分勝手なご高説を夜中の三時過ぎにも関わらずギャンギャン捲くし立てるBBA。
とりあえず面倒なのでうわべだけ謝り倒したが、途中、

「その充電やってくれる近所の店って、てめえがキチガイだって分かってる仕方なくやってやってんじゃねえの?」

という言葉が喉まで出掛かったがどうにか堪えた。ここまでのモンスターに遭遇したのは初めてだった。

この記事の続きを読む >