鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: DQN返し

 (0コメント)

2
129: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/25(木) 13:33:11 0
しばらくどうしようかと思ってたけどもう身バレしてもいいや。
「嫁子さん、お料理が苦手みたいで…孫が生まれたと大丈夫か心配で…」
「お掃除も嫌いみたいで…アレルギーとか…その…」
「洗濯物の干し方もちょっと…でも私が言うと角が立つでしょう?」
他いろいろいろいろ、トメは近所やトメの習い事先に
まるで私が家事一切ダメな嫁のように言いふらして回ってた。
そのせいでトメ世代が私に家事を教えてあげる!って迫ってきてうざい。
私は人並みに家事はできるし、そもそも料理に至っては調理師免許持ってる。
ひけらかさないだけ。
ご近所に家事のことを言われたら
「お義母さんは自分とそっくり同じじゃないと不安みたいです。
私が調味料をしまっておく位置も自分と一緒じゃないとダメみたいで…」
ってトメがおかしいみたいに言うことにしてる。
実際調味料の位置でも
「こんな使いにくい位置…ううん、嫁子さんだからね…仕方ないよね」
ってすごい気に障る言い方されるからあながち間違いじゃないし。
ウトと旦那は何が問題がちっともわかってないから当てにならない。
だからトメが嫌いだし、トメには挨拶はするけどあとはだいたい生返事か無視してた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

data-01
600: おさかなくわえた名無しさん 2015/01/26(月)17:02:46 ID:SvS
業務中、仕事用のメアドに上司の不倫相手から地雷メールが来た。
一斉送信で、その上司に関わっている人ほぼ全員に来た模様。
何十通も来た。内容はエロ音声動画メールラインetc。
上司と不倫相手とのやり取り付きで。内容を見たけど、

・不倫相手に愛してる結婚しようなどと頻繁に言う
・奥さんや奥さん実家、子供に対するえぐい悪口三昧。
・一生一緒に生きよう、僕の子供を産んでくれ
・不倫相手が妊娠すると「おめでとう頑張って育ててくれ」
・不倫相手が結婚するんじゃないのかと問うと「無理」
・不倫相手エコー写真を送ると「気持ち悪いもん送るな」
・切れてる不倫相手に「秘密の本当の家族になろう」
・不倫相手流産してジサツ未遂、上司に電話くれとメール
・上司「俺は今自分の子を失った悲しみで動けない」
・不倫相手別れを切り出すが、上司「妻とは離婚する」
・不倫相手、お見合いの予定を断る。上司喜ぶ。
・不倫相手二人で暮らす用のマンションを借りる提案をする
・上司、物件の希望をガンガン言う
・物件を借りたようだが上司は来ない
・文句を言う不倫相手に上司「色々考えたがやっぱり妻が好き」

以下上司の名言が続く
「体だけの関係で良い覚悟が君にあるなら会ってもいいよ」
「こんな事ばかりしていたらいけないよ」
「早く良い男を見つけなさい、子供が産めなくなるよ」
「君とは時々会って話すくらいが最高、妻子は特別な存在」
「妻のどこが君よりいいかと言うとね、~~~」

などなど、メールやラインの写メ+動画でドバッと。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

120229-4
712: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/12(土) 15:01:09.84 ID:6PvB+ELi
普段はまとめの閲覧ばかりで文章力ないですが失礼します。
あまりすーっとしないかも。
簡単に書いていきます。

数年前、トラックが多い深夜の高速道での出来事です。
平日だったので一般車は少なく、道も空いていた。
トラックを毎回車線変更して追い越すのがめんどくさいので右車線を走行していた。
目的地まであと1時間を切った頃、後ろから一般車が追いついてきた。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

no title

646: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/16(火)19:48:56 ID:IfU
今日の午後、小腹がすいたので、マックのドライブスルーに行った
飲み物はあったので、ハンバーガー単品を注文
受け取りの時に「ポテト無料クーポン」をもらった

この記事の続きを読む >

 (23コメント)

priorityseat
346: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/26(木) 18:56:41 ID:YW9GoYlg
長いです。

昨日母とバスに乗った時の話。
母は障害者で足が悪いので普段は叔父に運転してもらって出掛けるんだが(自分は免許持ってない)、
今日はちょっと遠くのショッピングモールに長時間の用事があって叔父も出掛けてたので、バスで行き帰りする事にした。

帰りのバスがちょうど学生達の帰宅ラッシュとダブってしまって、めちゃめちゃ混んでいた。
座席は全部埋まってて、優先席には茶髪、ミニスカ、ガッチリ化粧睫毛バサバサな女子高生二人が座ってた。
うわー…と思いつつ、体に負担がかかるから母を立ちっぱなしにさせるのは嫌で、
とりあえず女子高生に「足が悪いから席を譲ってくれないか」って話しかけた。
そしたらその女子高生、

「はぁ?なんであたし達が席譲んないといけないわけ?」

とかぬかしやがった。
ムカついたが母に障害者手帳を出させて、それを女子高生達に見せて「貴方達が座ってるのは優先席だから」と言った。
そしたらやっと席を立ってくれたので(ブツブツ言いながらだったけど)、「ありがとうございます」って言って窮屈な思いをさせないように母は座らせて自分は立ちっぱ。
女子高生二人ももちろん立ちっぱなしな形になるし、悪い事したなぁと思った矢先、二人が仰天発言連発。
少し離れた位置で吊り革に捕まりながら、こっちに聞こえるデカイ声で

「あーあーダリィ~」
「つか、障害とか関係無くね?」
「だよねー!先に座ってた奴の勝ちじゃん!」(意味わからん)

まぁここまではギリギリ我慢出来た。

この記事の続きを読む >