鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: DQN返し

 (5コメント)

3666

803: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/20(水) 01:30:06.89 ID:Ki7x1x29
彼女が赤ちゃん連れのお母さん(全くの他人)見て
「赤ちゃん泣いてるね、お母さんが家で怒鳴ったりちゃんとしてあげてないから泣くんだよ、ママもそう言ってた」
とか抜かしてめちゃくちゃビックリしたそう思ってても俺に言うなよ、母親もバカじゃねーの
結婚とか子供とか考えてた訳じゃないけどクソみたいな人間性がわかって冷めた通り越して嫌いになった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

052

43: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/15(水) 03:44:39.06 ID:mrBgqMjq
時間も忘れるほど話上手な人で好意を持った。
相手も好意を持ってくれたようで、カフェに行ったり飲みに行ったり。その間、会計は割り勘にしようとしても頑なに何度も断られていた。
(「申し訳ないから自分の分くらい出す」と言っても「海外では女性に食事代を負担させたりしない」「男のプライドが傷付く」等言われて嫌がられた。)

ある日、本当に突然、何の合意もなく、ホテルに無理やり連れ込まれそうになって拒否った。
怖くなって電話もメールも出ないでいたら、「また君と話したい」「会いたい」「30分カフェで話してくれるだけで2万円出す」「今度、福岡に出張。飛行機代もホテル代も出すから一緒に行こう」と、しつこいメール。

そもそも告白されてないし、正式に恋人にもなってないし、金出すとか言ってきてるし…身体目当て?
そう思って、純粋に相手に好意を持ってた今までの自分が馬鹿みたいに思えて、嫌になって、二週間ずっと連絡を無視してた。

そしたら今日、またメール着信。

「今まで奢ったお金返して。とりあえず、この前のランチ代1500円返してよ」

私は払うって毎回言ってたのに…。代金渡しても突っ返してきて嫌がって、毎回割り勘拒否ってたのお前じゃん!!!!! と、思ってスレタイ。

男見る目なかった。流されて行為しなくて良かった。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

04

277: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/15(水)23:02:20 ID:y6u
何処でも構わず乳ほりだして授乳する義弟嫁…
本人は気にしないどころか授乳シーンは尊い物で美しいものだと言い張ってきかない
曰く唯一無二の芸術だそうだ
朝青龍の癖して図々しい
そんな義弟嫁の授乳シーンを本人了承のもと写真に撮った
本人ノリノリでポーズとキメ顔
後日現像あがったそれを見せたら二度と人前で授乳しなくなって万歳
だるっだるの二の腕とぼっさぼさのプリン頭
乳だか贅肉だかに埋もれる義弟嫁そっくりの赤ん坊の全体的にどんよりした写真はさすがに堪えたらしいw
本人が作ったきめ顔も目付きのヤバイ人にしか見えないしねwww
こんな汚い絵面は断じて芸術ではないとやっと理解してくれたらしい


ただコトメちゃんと二人で画像多少弄ったのは内緒

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

529

17: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/19(月) 19:23:31.22 ID:o/FsHxUv0
デートの予定してたのに、待ち合わせ時間になってもこない、連絡もなくて、こちらから心配して連絡したら「スロットで当たりきてるからあと1時間は遅れる」ってさ
イラっときて「じゃあもう今日はやめよう、帰るね」ってラインして帰ったけど、彼から返信きたのは1時間後(スロットの当たりが終わった頃?)
ひたすら謝ってたけど、謝ってたけどさ、結局はずーーっとその間、私のラインも見ずにスロットしてたわけじゃん
今から会いに行くって言われても、都合良すぎだよ
私なんてスロット以下なんだから別れてもいいじゃんね、なに今になって慌ててるんだろw

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

images (93)
487: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/02/21(月) 08:26:24.91
お姑さんが最近断シャリにはまってらっしゃる。 
うちの庭の冬眠状態のグリーンネックレスと、まだ使っている子どもの砂遊びのオモチャをを私が留守の時に 
「汚らしかったから、断シャリしてあげたわ」と超笑顔で言われた。 
「有難うございます」とお礼を言った。 
「○月×日は友達と日帰り温泉に行ってくるから留守をお願いね」と頼まれた。 
その日、子どもは実家に預けて、お留守番はダンナと二人で行った。 
良い機会だから、大掛かりに家の断シャリを手伝ってあげよう、と発案したのです。 
数が多すぎて食器棚からはみ出した食器を整理、ゴミ置き場へ半分出した。 
壁と家具の隙間にぎっしり詰め込んであるレジ袋と紙袋(ほこりまみれ)も全部燃えるゴミ袋に詰め込んだ。 
擦り足で歩いてらっしゃるのに、この何重もの敷き物やカーペットや絨毯(シミ?模様?)も全部ひっぺがして断シャリさせていただいた。 
大形の家具もダンナと一緒にエッチラオッチラ配置換えさせて貰った。 
仕上げにピカピカにシンクや床を磨いて帰ってきた。 
帰り際、顔が映るくらいに光ったシンクを見てうっとり。 
ダンナにも「今日は疲れただろ? ありがとう」とねぎらってもらえた。 

その夜「誰があんなことしてくれって頼んだ!」とお怒りの電話が掛かってきた。 
ダンナが「大変だったんだぞ、あそこまでやるのは。なんで怒る?」と天然ボケをかましていた。 
正しい断シャリは他人の物は捨てない、触らない、とわかっていたのにやりました。 
電話が切れてから「これで子どもを連れて遊びに行けると思ったんだけどな」 
「当分顔も見たくない」と言われたよ、とダンナは悲しげでした。 
グリーンネックレスの復讐のつもりだったのですが、ダンナと一緒にやったら、 
「こんな良い機会はないから、とことん手伝ってくれ」といわれ大層大がかりな復讐になってしまいました。 
ダンナは心の底から親孝行のつもりだったようです。 
この仕打ちにお姑さんが嫌がる事をわかっていた自分に、是非「正統なるドキュン嫁」の称号を与えてください。

この記事の続きを読む >