鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 百年の恋も冷めた瞬間!

 (16コメント)

873: 恋人は名無しさん 2014/09/13(土) 01:57:13.01 ID:NYa0E84i0.net
8年も付き合った彼女が親戚に勧められてお見合いをしたこと 
行ったら別れるよ?と何度も忠告したのに結局行った 
俺の8年を返せ

875: 恋人は名無しさん 2014/09/13(土) 02:07:13.74 ID:/RxdVrKw0.net
>>873 
詳しい事情が分からんからなんとも言えないけど 
8年も付き合って婚約すらしてない状態なら見限られて当然じゃないの?

876: 恋人は名無しさん 2014/09/13(土) 02:07:47.43 ID:lax80R5R0.net
>>873 
8年も付き合ってプロポーズしなかったお前が悪い

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

137: 名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-06-03 14:01:43
俺28歳のフツメンで工場の技術者職。
嫁は25歳で専業主婦で子供なし。
俺が嫁さんにべた惚れで、猛アタックして
付き合うことができて結婚したって経緯がある。

嫁さんは俺に惚れられてるって自覚があるから、
ちょっとくらいわがままいっても許してくれるってことを心得てる。
それをわかってわがまま言われると釈然としないけど、
それでも俺は嫁さん大好きだからわがまま聞いちゃってたんだよね。

で、嫁さんは実家が大好き。
だから月に何度も嫁実家へ行くことが多かった。
嫁さんにとっては実家だから、
相変わらずわがままいいながらのんびり過ごしてるけど
俺にとってはすごく気を使う時間なわけだ。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

3: 匿名 2014-04-08 19:55:10
うちの家庭は悲惨だったよ。ちょっと語らせて欲しい。

俺 30歳
嫁 22歳
子供なし

嫁はずっと実家暮らしで家事をしたことがなかった。
同棲もしないで入籍したから、家事ができないとは聞いていたけれど
本当に毛ほども出来なかった。

年下で若くて可愛い嫁をもらったんだから、多少の事は目をつぶろう、
できなきゃこれから覚えていけばいいと思ってたんだ。
それでもまぁ最初のうちは出来ないなりに頑張っていた。
飯は濃いか薄いかだし、米炊きゃ固いかゆるいかだし、洗濯はぐちゃぐちゃだけれど
そのうち覚えていくと思ったんだ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

888: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/15(木) 11:14:07 ID:ZwIhs58G0
それはそれはくだらん修羅場だが。

俺…社会人 フツメン 
彼女…大学生 外見は可愛い(藤井リナみたいな)
順平君(仮名) 知らんがな

俺と彼女は付き合って二年。
元々彼女はミーハーなところがあり、芸能人に本気で恋し、またそれが本気で実現すると思っているようなやつだった。
まぁそれが可愛いと思っていた俺が馬鹿だったった話だが。
また、極度の飽き性であり俳優やら芸人やら点々と移動し、今は自分より年下であるジャニーズジュニアに現を抜かしていた。
日常会話に普通に登場させ、その順平君(仮)の魅力を語るのであった。

そんなある日、俺の元に彼女からメールが。そこには、

「とうとう順平君からデートのお誘いがvv
 アピってたかいがあったーvv」

などの決定的な浮気の証拠が。
が、しかし俺は「あぁ…またジャニーズの彼のことか…ヤバい、こいつ早くなんとかしなければ…」
と思いつつも放置。彼女からのメールはぱったりと来なくなった。
そして会社から帰ると、そこには正座した彼女の姿、と見知らぬ男性が。こちらも正座。

どしたの??

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

180: 1/2 投稿日:2009/09/11(金) 02:03:17 ID:AYSUoCB30
スレ読んでたら懐かしくなったので投下。

私子 当時大学1年生。喪女
チキ男 元同級生のイケメン他大生。私子の初彼。ブログ繋がりで再会→付き合う。
別子 アホの浮気相手(アホ的には多分こっちが本命で私子が遊び)

私子とチキ男は付き合い始めて2ヶ月、チキ男のサークル合宿を境にチキ男からの連絡が疎遠に。
結局、「学業・サークル・バイトが忙しいのでやっぱり私子に時間割けない」と電話で振られた。
小中高とリア充で口の巧いチキ男はそんな理由でもそれっぽく話し、すっかり騙される私子。
その時は「喪女で十分な魅力がなかった私が悪い」と思い、チキ男に言われるままにすんなり別れた。
とは言え大分落ち込んでしまい一週間で激痩せ。
→心配した周囲から最後にちゃんと会って気持ちの整理をつけろとアドバイスされ、チキ男に連絡
→気まずいのが嫌とうだうだ言って会いたがらないチキ男
→更に落ち込む私子(当時ほとんどゾンビ状態だったらしい)

更に数日後、チキ男のブログで新着記事があがる。未練タラタラの私子はやめておけばいいのに閲覧。
記事は『同じサークルの別子とらぶらぶですぅ(はぁと』な内容。


私子 (゚Д゚ )ポカーン


ちなみにチキ男は頻繁にブログを書くタイプではなく、私子との交際期間中も私子に関する記述は一切なし。
あくまで『チキ男の生活>>>彼女』が別れた原因と信じきっていたので
混乱した私子は自分のブログで「踊り子な自分pgr。欝だ死のう」的な発言。
それを見たチキ男から私子携帯にメールがきた。以下内容。

「私子が俺のブログ見るのわかってたのにごめんね…m(_ _)m でも死ぬなんて言わないでっ!(>_<。)」(ほぼ原文のまま)

ここで私子ブチ切れ。

この記事の続きを読む >