鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 百年の恋も冷めた瞬間!

 (2コメント)

180: 1/2 投稿日:2009/09/11(金) 02:03:17 ID:AYSUoCB30
スレ読んでたら懐かしくなったので投下。

私子 当時大学1年生。喪女
チキ男 元同級生のイケメン他大生。私子の初彼。ブログ繋がりで再会→付き合う。
別子 アホの浮気相手(アホ的には多分こっちが本命で私子が遊び)

私子とチキ男は付き合い始めて2ヶ月、チキ男のサークル合宿を境にチキ男からの連絡が疎遠に。
結局、「学業・サークル・バイトが忙しいのでやっぱり私子に時間割けない」と電話で振られた。
小中高とリア充で口の巧いチキ男はそんな理由でもそれっぽく話し、すっかり騙される私子。
その時は「喪女で十分な魅力がなかった私が悪い」と思い、チキ男に言われるままにすんなり別れた。
とは言え大分落ち込んでしまい一週間で激痩せ。
→心配した周囲から最後にちゃんと会って気持ちの整理をつけろとアドバイスされ、チキ男に連絡
→気まずいのが嫌とうだうだ言って会いたがらないチキ男
→更に落ち込む私子(当時ほとんどゾンビ状態だったらしい)

更に数日後、チキ男のブログで新着記事があがる。未練タラタラの私子はやめておけばいいのに閲覧。
記事は『同じサークルの別子とらぶらぶですぅ(はぁと』な内容。


私子 (゚Д゚ )ポカーン


ちなみにチキ男は頻繁にブログを書くタイプではなく、私子との交際期間中も私子に関する記述は一切なし。
あくまで『チキ男の生活>>>彼女』が別れた原因と信じきっていたので
混乱した私子は自分のブログで「踊り子な自分pgr。欝だ死のう」的な発言。
それを見たチキ男から私子携帯にメールがきた。以下内容。

「私子が俺のブログ見るのわかってたのにごめんね…m(_ _)m でも死ぬなんて言わないでっ!(>_<。)」(ほぼ原文のまま)

ここで私子ブチ切れ。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

862: 1 投稿日:2009/12/17(木) 21:21:56 ID:+8s5DzeBO
さらっと数年前のを書く
さらっと暴力あり

俺…21才学生
彼女…22才学生
後輩A…20才
バイトの後輩達

とあるファーストフードでバイトしてた頃
同じバイトの一つ上の子(上原さくらと中島美嘉を混ぜた感じ)に告られて付き合い始めた
店のバイトの中じゃ可愛い方で後輩Aに羨ましがられた事を覚えてる

その後、マネージャーがドジなバイトをイジメてたのに反発してケンカ
辞めて別のバイトを始めた

バイトが変わったのもあり
それに併せて彼女の趣味=彼氏とベッタリってのが嫌で
1週間に7回会ってたのを3、4回にした

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

925: ◆2LEFd5iAoc 2007/07/28(土) 23:45:47 ID:ewRHZlBK0
遅れましたが投下させていただきます。

当時のスペック
俺人・自分
マキ・彼女仮名

俺めったにキャバとか行かないんだけど、
付き合ってた子と別れたばっかりな上に当時クリスマスで寂しかったから、後輩連れて飲みにいったんだ。
後輩が「浜崎あゆみ」に似てる子いるっていうから見たくてね。
まあ、似てなかったんですよ。
そんなもんか~とか思ってた所に遅れて来たのがマキ。
始めキャバ嬢は髪の毛巻いてたり派手な化粧するイメージが勝手にあったもんだからマキを見て「えっ?」と思った。
第一印象がキャバっぽくないな~と思った。
笑う顔が可愛くて俺がじーっと見てたら、俺を見て「何ですか?」とか言って笑顔。
そこで俺やられました。

その日はそのまま帰ったんだけど、また違う日に後輩と一緒にそこの店行ったんだ。
マキがまた俺についてくれて「この前もいらしてくれましたよね」とか言ってくれてね。
そこでアドレス交換した。
俺は店に行かなかったんだけど、毎日メールしてた。
マキも長文を返してくれたりして、俺に付き合ってくれてて、ある日夜中に遊ぶ約束した。
俺んちで映画でも見ようってことになったんだ。
ムードないかもしれないけど、当時新作だった「Catch me if you can」を借りて俺んちへ。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

457: 恋人は名無しさん 2006/05/15(月) 22:35:02
簡潔に書きます。
あれは私が22歳、彼氏が25歳の時だった。
彼氏が転勤で隣の県へ。
2ヶ月くらいしてから彼氏の誕生日があったので行こうと思った。
彼に聞くと仕事だから来てもらっても相手に出来ないと言う。
日曜だしそんなに遅くならないだろうと思い内緒にでプレゼントを持って夜の9時くらいに着くように彼の元へ行った。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

101: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/09(火) 13:45:48
2週間前、元婚約者の二股が発覚し、話し合いに。「二人とも好きだ、別れたくない」
という彼に呆れ、「で、どうするの」と言うと激昂し、言い放った言葉がこれ↓
「お前なあ!そんな根性で俺と結婚できると思ってんのか!?もし今向こうと
 別れてお前と結婚しても俺はまた繰り返すぞ?そんな覚悟もなく俺と結婚
 しようだなんて100万年早いぞ!それに耐えられるだけの根性もないんだったら
 結婚は無しだな。」
そんな根性つけなきゃならない結婚なんかいらんと言い返し連絡を断ったものの
未練というかモヤモヤ感が残ってた。ちょっと乱暴だけど頼れて優しい人だと
思ってたのになとかウダウダ考えてた。昨日、元婚約者から
「反省したか。今なら許してやる。でも向こうと別れる気はないからな」
という趣旨のメールが届き、何か吹っ切れたというかブチ切れた。
一応録音しておいた話し合いの時の会話が入ったテープと、メールを彼のご両親に
見せ、婚約はなかったことにしてほしいと言って帰ってきた。ご両親は「私達の
育て方が間違ってました」と土下座する勢いで謝ってくれて恐縮してしまった。
どんよりした気分の中、さっき届いたメールがこれ。

件名:なんちて☆なんちて☆
本文:2週間ちゃびちかったでちゅか?ゴミンゴミ~ン☆
   この前言ったことはずぇーんぶ!うっぴょーん☆★☆
   やだなあ本気にしちゃうなんて。でもそれだけ俺への思いが
   強いってことだよね!
   俺の奥チャマになれるのは私子しかいないって!!信じて!!!
   今日パパがアパートに来て、泣きながら殴るんだ。私子ちゃんに
   謝れってね。
   何ならタトゥー入れてもいいよ!「私子命」ってね☆

何か、力が抜けた。というかどうでも良くなった。
パパ?いつも「親父」って言ってたよなあ。
こっちが本当の彼なのか?
きっと、結婚しなくて良かったんだよな。まだ混乱してるけど、
1年後くらいには、そう思えるような気がする。

この記事の続きを読む >