鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 百年の恋も冷めた瞬間!

 (0コメント)

31: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/07 11:56:35 ID:VwFSqbEG
じゃあ昔の冷め話でも
若い頃、私は服装がわりと派手だった
当時好きだった人が地味で大人しめな服装が好きと言ってたんだけど
彼の好みでないのは仕方ない、でも人柄で好かれることもあるかもしれないし、と思って
とくに服装を変えることはなかった
その彼とは友達だったのでよく遊んだけど、会う度に
「まーたそんな短いスカートはいて」とか「Aちゃんみたいな服着たら?」
とか言われ続けて、好きじゃなくなることはなかったけど
ちょっとうっとうしいなとは思うようになってきた
ある日遊んだ帰り道でたまたま彼と二人きりになった時に
「私ちゃんは俺のこと好きなの?」と聞かれた
多分態度に出てたんだと思う
それで告白するなら今だと思ってそうだと答えると
「服装変えたら付き合ってあげてもいい」と言われた
「付き合ってあげてもいい」という上からな言葉にカチンときたんだけど
「普通は好きな人の好みの女目指すもんだ」と言われて一気に冷めて
「ごめん、今好きじゃなくなったから付き合わなくていい」と断って走って帰った

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

6: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06 14:46:36 ID:UC5885Hh
>>1

何年も前の話

当時私は一人暮らしをしていて、彼もよく遊びに来ては料理を出していたりした。
ある日カキフライが食べたいというので作ったら大喜び。
美味しい美味しいと食べてくれてこちらも気分良くなり、リクエストされてはよく出していた。
ちなみに私はあまり好きじゃない。というかどちらかというと苦手
でも食べられない事はないが、わざわざ食べようと思って食べるものではない。
食べられない程じゃないから何となく「苦手」という事を最初に言いそびれて
それからしょっちゅうリクエストされるもんだからついついその事を言えずにいてしまった

そんな感じに一年くらいカキフライを作り続けた。
そんなある日、また食べたいと事前に言われて自宅で用意していた時
また好きでもないカキフライを延々と作り続けないといけないのか
そしてこんな些細な事さえも彼氏に言えないくらい遠慮している関係なんだろう
とふと我にかえって冷めてしまった。
彼氏は全く悪くないのに

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

57: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/11(火) 23:56:16.74 ID:Vy9HexRT
お金のことなので荒れたらごめんなさい。

少し良いなって思っていた人からデートに誘われた。
でも自分は今就職活動中で、あまり派手にお金も使えないので
仕事が決まってから遊びましょうとお断りした際に、
お金のことは心配しないで!俺がだすから。と言われたので
遊びたいしOKをした。
ですが、いざ遊んでみると完全割り勘。まあ額も小さかったし
私も財布だしてたし、別にいいか。とか思ってた。でも帰り際の会話の流れで
『もし私が男だったらどうする?』と笑いながらいったら
『今までおごった分返してもらうわ』といわれて、
私は完全に割り勘だったと記憶しているしおごられた事もないんだけどこの人の頭の中では
おごってた事になっていたんだ。と思ったら、
なんだかよくわからないし、少し恐いし、冷めた。
最近ストーカー?みたいに連絡が多くて困っている。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

43: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/11(火) 15:09:48.03 ID:OHUqOL+M
職場の超イケメンの年下男性に猛烈にアプローチされた。
お姫様扱いと特別扱いをされ、周りからは勝手にカップルと見なされた。
私もちょっと好きかも…と思い始めた。
でも、彼が虐められっ子タイプの同僚の容姿の悪口を言い、 あからさまな嫌がらせや酷い虐めをしていたのを見てドン引き。
アプローチもこちらの都合や気持ちも考えない一方的なものだったし、
断ってもへこたれないゾンビみたいな根性を気持ち悪いと思うこともあった。
結局は「つれなくされているのにこんなに女性に尽くしている自分」が好きだったんだと思う。
接客業だったけれど、お客様に対しての裏表が激しすぎて、心根の冷たさが恐ろしいと思った。
嫌気が差して距離を置き、同僚を庇ったら、プライドを激しく傷付けてしまったらしく、
他の女性にアプローチを始めて私をあからさまに無視し始めた。
むしろスッキリしたが、業務連絡すら私だけは外したり陰険過ぎる仕打ちをしてきた。
彼はしばらくしたら、リーダーに選ばれてグループを持てるようになった。
彼はグループメンバーに私を真っ先に選んだらしい。
が、今度は私が虐めの標的になった。
私は体調不良も重なり退職したが、彼は手を叩いて笑っていたらしい。

ちなみに彼は重度のナルシストでブランド物しか着ない男だった。
美にこだわりが強かったけれど、彼はアイプチで二重にしていた。
美へのコンプレックスが人一倍強い自己愛さんだったんだと思う。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

42: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/11(火) 12:52:58.64 ID:RtCJY9og
何年か前の話。
5~600キロの遠距離確定だったので交通手段に時間に費用に大変だとコンコンと説明して付き合い始めたにも関わらず「こんな遠いと思わなかった」を連発。

たまにはそっちから電話してよって言ったら歯切れの悪い返事だったので忙しいのかと思ったら「電話代かかるやん」と。

一気に冷めて暫く連絡しなかったら向こうからも連絡が来なかった。
内容は忘れたけどメールしたら「久しぶりの連絡やな。結構寂しかったぞ」という誘い受け返信であーもうアカンわぁ…。と思った。

この記事の続きを読む >