鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 百年の恋も冷めた瞬間!

 (0コメント)

08

939: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/16(火) 01:58:25.05 ID:oS0jPlmB
バイト仲間だった元彼
彼の就活が忙しくなりしばらく会わずにいると「好きじゃなくなった」と電話で別れ話をしてきた
私はまだ好きだったが冷めたものは仕方ないと了承した
彼は地元に帰って就活をしていたため、いつ戻ってくるかわからないとのことだった
合鍵があるので相手の家に置かせてもらっていた私の荷物を引き取っておくと告げた途端、
「それ不法侵入だからな!警察呼ぶぞ!犯罪だ!分かってんのか!」と叫ばれた
そこまで言うかと驚きつつも別れたら他人だもんなと自分を納得させた
就活が終わり次第バイトには復帰するというので、その時に合鍵と荷物を交換しようと約束した
数ヵ月後バイトに復帰した彼に合鍵を返したが、彼は荷物を持ってくる気配がない
メールや口頭で時折催促しても持ってこず、終いには「気分じゃないんで~」とニヤニヤされた
彼への恋心は残っていたため、全く理解できないけど気分じゃないなら仕方ないよねと自分を納得させ続ける日々だった
その後、地元に帰るため彼が退職する際に友人が荷物のことを問うと「さあね~どうしたんだろうね~」とニヤけていたそうだ
私は先に退職していたので友人から後日その話を聞き、残っていた恋心も一気に冷めきった
先に冷められたのはこっちだが、私も冷めることができてよかったと心底思っている

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

34ad2353-s

903: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/15(月) 19:49:40.34 ID:/SMa0/QH
祖母が倒れて意識が戻ったら完全にボケてしまった。
容態は安定しているが、医師からは長くないと言われたので
今のうちにと実家(電車で二時間程)に帰る事になった。

すると彼も「一緒に行きたい」と
一応親には挨拶していたのでお見舞いに来たいと言うのなら、と行く事に。
しかしどうやら彼はお見舞いに行きたいのではなく単にプチ旅行が味わいたかっただけのようだった。
病院に着いたらいきなり「俺こういうの苦手だから~こっちで待ってるわ~」
とデイルームに引っ込んで
お見舞いが終わってからも「おいおい、おせーよ」と言われてイラっ

兄も一緒に来ていたのだが(初対面)流石に彼の態度を見かねて
実家に着いてから改まって
「○○君って言ったよね?こういうのって家族の事だからさ。
 わざわざ遠方まで来たのにそれはねえ。君もわかってるよね?」
みたいに厳しい口調で言った。
その時は彼はただ黙っているだけだったが
兄が去ってから「お兄さんかっけー!俺も家族って認められたよ!」
みたいに何を勘違いしたのか意図が全く伝わっていなく、そのわからなさ加減に冷め

その後もお客が来てるからと母が出したご馳走を旅行気分でノリノリで平らげ
家族みんなが祖母の話をする中一人完全に空気が読めないムード
一応その日は泊まってもらったが、(客間に通した)
帰ってから別れを告げた
説明したら「だっておれ身内に亡くなった人いねーからこえーよ」と言われて更に激冷め

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

ダウンロード (80)

862: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/26(水) 20:39:47 ID:JCpVaQ+5
大好きで大好きでお互いそろそろ結婚しようかなんていっていた彼に、
強く抱きしめられた時鎖骨にひびが入って冷めた。
私が華奢な女だったらまだしも、小ピザで医者も認める骨太なのに、
どんだけ力が強いんだよ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

08

473: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/08(月) 08:48:20.91 ID:6jZ7FjN5
当時付き合ってた彼女の家に行くときに「忙しくて昼から何も食べてないので、
途中で食べてから行く」と電話したら「すぐに会いたいから早く来て。食事は
用意しておくから」と言うので、なんていじらしいことを言うんだろうとか
思いながら車で彼女の家に向かった。

うちから彼女の家までは約150km。準遠距離恋愛といったところ。約2時間掛けて
彼女の家に着き、チャイムを鳴らしたら「開いてるよー」と声がしたので中へ。
出迎え無しかとちょっとガッカリしつつ、料理で手が離せないのかも?なんて
考えながら部屋へ行くと、「今ちょうど面白いことになってるんだー」と
PC画面から振り向きもせずに言ってる。見たら当時のニフティサーブで、詳しくは
忘れたけどすごく面白いことになっていたようだ。再びガッカリ。

とりあえず食事するかと思って「食事作ってくれてたの?」と明るい声で聞いたら
「あー、棚にカップ麺があるからー」って。そこでスレタイ。「ごめん、ちゃんとしたもの
食べたいから何か食べてくるわ」と言ったら「はーい」って。結局一度も振り返らなかった。

そのまま帰宅して別れた。別れるとき、理由を説明しても一切理解できず、他に女がいるんじゃ
ないかとか遊びだったんでしょうとか、すごく大変だった。どんどんどんどん冷めて、今では
当時に付き合っていたことさえ黒歴史。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

10000

340: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/06(土) 01:42:33.69 ID:PhLBT8bg
仕事関係で出会って一目惚れしてした人
自分から連絡先を聞いて暫くしてからデートにこぎつけた
当日現れた彼は陸上自衛官みたいな服装
それだけでも引いたのに、手首のとこに何か変なものをつけてる
私から聞く前に「これ重り入りリストバンド。鍛えてるから」と得意げに見せられた
「こっちもね」指さされた方をみたら足首にまで付けてた
上りのエスカレーターを逆走して下まで駆け下りて笑顔で手を振られた
1時間で解散して二度と関わらなくした
ちなみに仕事は体鍛える必要は全くない職種

この記事の続きを読む >