鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 雑談

 (1コメント)

20140420-021860063-00-view_thum500
22: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)10:56:17 ID:DBi
学生時代に芸能人の同級生がいたんだが、体が弱くよく教室の隅っこで座ってた。

それのどこが神経分からんのかというと、体調が悪いのに保健室に行かないんだよね…自分の机で
けだるげに座ってるだけ。
女子高だから割と休み時間とかうるさくおしゃべりしてるのね、だから体調が悪いなら保健室に行く方がいいと思うんだ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (2)

96: 名無しさん@HOME 2017/03/25(土) 10:48:57.63 0
夫婦の共通の貯金について相談です

結婚歴…もうすぐ丸1年
お互い30歳の夫婦です
現在お互い毎月5万円ずつ共通の貯金にお金をいれています
ですが去年は冠婚葬祭、車の車検などがありそこまで貯められず、100万弱ほどしか貯められておりません
自分の正直なところとしては、嫁にもう少し毎月の貯金額を増やしてもらいたいと思っています

現在家計は、
自分…住宅ローン(修繕積立金、管理費含)9万
車の保険料1万
貯金5万円
嫁…それ以外
貯金5万円~

という感じの振り分けです。
嫁の仕事は毎月決まった給料という訳ではないため、最低限5万円で、稼ぎが良かった月にはもっと入れるという約束だったのですが、
プラスで入れてくれたのは結局一回だけでした。(その月は20万円入れてくれた)
自分は手取りが23~25万で、家計の他に携帯代と奨学金もあるため手元にそんなに残りません
嫁は「経費も自分持ちだから私もそんなに余裕がある訳ではない」と言いますが、明らかに自分よりは余裕がありそうです
先月嫁が確定申告をしてて、額面で800万円を超えた源泉徴収票を持っていたので驚いてしまいました
自分は額面450万なのに、こんなに家計の負担が大きいことに不公平感を感じています。

せめてあと2万円入れる金額増やしてくれるだけでも年間24万円貯金額増える訳ですし、
多めに設定してキツい月だけ減らす方が溜まるんじゃないかと提案しても納得してくれません

どんな言い方をしたら嫁に納得してもらえるでしょうか

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

聞こえないふりをする男性
285: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/09/15 03:31:35 ID:sCZ9sCzt
最近耳が遠くなってきて、周りから 
「難聴になったんじゃないの?」って言われるほど聞き返したり、 
テレビの音を大きくしたりしていて自分でも気になっていた。 
耳垢は自分でキレイに取っていたし、やっぱりこれはおかしいと思い 
耳鼻科に行って、小型カメラみたいなので左耳を覗いたら 
耳垢は全部取ったと思っていたのに、耳栓みたいに耳垢がギッシリ詰まってた! 
医者にも「こりゃ聞こえないはずだわ」と言われて 
ピンセットで取ってくれようとしたけど、固くなりすぎて取れない。 
これ以上は鼓膜をキズつける恐れがあるからって、 
耳垢を柔らかくする薬みたいなのを耳に入れられ、待つこと15分、 
もう一度ピンセットで取ってもらうと ゴワァッ ジョワァッって 
水中から陸に上がった時のような音がして、急にライブ会場にいるみたいに 
周りの音が大音量で聞こえるようになった。 
しばらくは慣れなくて手で耳ふさいでたw 
特に紙のカサカサする音が鼓膜に響いてすごかった。 
こんな体験生まれて初めてですた。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

77723857b81b2f3836fd3a28c5d8600e
397: おさかなくわえた名無しさん 2006/08/15(火) 17:03:45 ID:AMv+ccc0
歯医者で、運良く優しい先生に当たってしまって 
治療も痛くないし、歯の神経抜くのに時間がかかる上に 
歯を削るんで顔(目から鼻まで)にタオルかけられて、 
スカート履いて行ったから歯科助手が親切にもひざかけみたいのかけてくれて 
治療中にも関わらず暖かくて口開けたままウトウトしてしまった・・・

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

0110

474: 名無しさん@おーぷん 2017/02/22(水)13:14:02 ID:FmL
幼稚園の時からお互いの親が仲良く、何かにつけて一番近くにいた元彼女。
久しぶりに実家に帰省したら
母から彼女が結婚して娘も生まれて立派にお母さんしてるよって話を聞いた

自分と彼女は中学から大学の途中まで付き合っていて、なんとなくこのまま結婚するんだろうなと思ってはいたものの
大学の途中辺りで他を知りたい衝動が抑えきれなくなり自分から彼女に別れを告げた
このまま何も変わることなく彼女やお互いの両親ぐるみの時間をすごすことも間違いなく幸せだったとは思う
だけど一度他を知りたいと思った気持ちが抑えられず日増しに彼女や、自分の親さえも疎ましく思えるようになり
理由を正直に話して別れたと同時に逃げるように家を出た

それからは一人暮らしをして大学とバイト、彼女とは全然違うタイプの子と付き合った
親の顔がチラつかない付き合いは言い方は悪いが楽で、楽しい時間をすごしたと思う
元彼女のことを思い出すこともほとんどなくなっていた。

数年ぶりに実家に帰省したとき、母に彼女が結婚したこと、立派に母親やってること
そのことを聞かされ、母から彼女と彼女の娘と俺の母が笑ってる写真を見せてもらった時に自分でも引くぐらい涙が止まらなかった
未練なんてなかったはずなのに、彼女のことも母のことも疎ましくなって別れを決めたのは自分なのにこの涙の理由がわからない
母は何も言わずにお茶をいれて別の部屋に移動していった

この記事の続きを読む >