鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 雑談

 (0コメント)

双子09
399: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 00:41:31.23 ID:7ZEq5paj.net
3年前くらい、回転寿しに家族(両親、兄弟)といった時、自分そっくりの人を見かけた。
本当に、私でも絶句するくらい私。漫画か!って思うような話だけど、マジで衝撃。
しかも着てる服も似たような系統。猫背具合も、表情も自分でいうのもおかしいけど、瓜二つ。(髪の長さも同じくらいだけど、その人はパーマで綺麗にしてた)その人は彼氏?と来ているみたいだった。
家族はゲラゲラ笑ってドッペルゲンガーだの言うけど
ちょうどその年は厄年で、一週間以内に死ぬんだと気が気じゃなかった。
その2ヶ月後、立て続けにタクシー、大型トラックと生身で衝突したけど、打撲だけで済んだ。
両親は「双子なんて産んだ覚えはない、今いる兄と弟だけがあなたの兄弟だ」と言ってた。
あんまり似てるから挨拶くらいすれば良かったね~なんて言ってたけど、あそこで会話したらもしかしたら事故で死んでたのかと思うと、あれで良かったのかもしれない。
うちの不躾な兄弟がチラチラ見てたから向こうも気付いてたかもしれない。てか生活圏が被ってるならまた会うはずだよね。
ただ唯一の差は、あの人は彼氏っぽい人がいたけど私は喪女だということだけ

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

momiji
89: 名無しさん@おーぷん 2015/02/22(日)12:59:49 ID:fqf
女同士の友情って結婚してから壊れる事多いよね。

うちはうち、外は外って事がどうして判らないんだろうと
思う事がよくあるわ。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

2011112515220909e
156: 名無しさん@おーぷん 2015/08/28(金)12:49:22 ID:Zed
20年近く前、夫の転勤に伴って、とある地方都市に引っ越した。
住み始めてしばらくして、駅の近くに小さな公園に、いつもお婆さんがいることに気づいた。
車で通りかかるたびに、なんかあの人いるもいるなぁと不思議に思ってたんだけど
ある時深夜に通りかかったら、お婆さんが公園のベンチで寝ていてびっくりした。
思わず、近くの交番に行ってお巡りさんに言ったら
「はいはい、大丈夫です」みたいな反応されるだけで、????となりながら帰宅した。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

images (66)
406: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)11:41:54 ID:oby

私はいわゆる放置子だった。
お父さんは気が付いたらいなくなってて、お母さんとふたりで暮らしていた。
お母さんはだいたいいつもお酒臭くて、ときどき男の人を連れて帰ってきた。
男の人が来ているときは、雨でも夜中でも外に出されてつらいけど、
その後は、しばらくお母さんの機嫌が良くなるから助かってた。

小学三年生の冬、お母さんに彼氏ができた。
今までの男の人と違って、家に何回も出入りして、いる時間も長かった。
外に出される時間が多くなって、とても困った。

子供がいていい場所って案外ないんだよ。
特に夜中だと、すぐに大人に声をかけられて
「おうちは?おとなの人は一緒じゃないの?」
って聞かれる。最悪保護されて家に連絡される。
そうするとお母さんがとっても怒って三日くらい怖い。

結局、公園のすべりだいの中が夜中の居場所になった。
風がよけれて、人目につかなくて、トイレもある。
家を出されるときにちゃんと毛布と手袋を持っていくのがコツ。
できたら、なにかお菓子やパンをもらって出ていく。
ちょっとづつかじって食べると時間がつぶれて楽。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

4290d512-s
593: 1/2 2013/09/14(土) 00:51:04.18 ID:recbYG3q
足の痛みの原因が、骨が多かったってことだ! 
最初に痛んだ時期が成長期で親に「成長痛」だと言われ納得してた。 
でも一人じゃ立てなくなって、整形外科へ。 

レントゲン写真見て、お笑いする医者。 
「あなたねw 普通の人より骨多いんだよwww 
ほらここww(レントゲン写真指して)薬出すからww塗ればいいよw」 
で、サロメチールみたいの処方されて終わり。 
母に「何だったの?」と聞かれ、「ここの骨が多いんだって」と 
自分の痛む部位を指したら、母にもあった。 
帰宅後、家族全員にそのことを告げたが、みんなその骨あるのw 
でも、痛むのは私だけ。 
当時はネットも無かったし、それ以上調べるにも「家庭の医学」が限度。 
とりあえずサロメチール塗って安静に。 
そのうち痛まなくなったが、度々ぶり返すたびアイシングなどしていた。

この記事の続きを読む >