鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

カテゴリ: 育児

 (7コメント)

677

368: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/19(月) 09:30:35.10 ID:v5dmFb48
家族で飛行機に乗った時のこと
子はまだ2歳児なので、終始抱っこなんだけど、搭乗して、夫が座席に座った途端ものすごくナチュラルにイヤホンをつけて本を読み出したことにモヤモヤ
一人旅かよ!本人にも、「最初から子供の相手する気ゼロなの?w」と言ったらハッとした顔して謝ってわかってくれたから別にいいけど、こういう時に育児に対する温度差が出てしまう

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

104

554: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/26(土)14:25:26 ID:W6J
流れ豚義理で書く。

私は運動神経は並。本当に並。
何をやっても真ん中くらいの順位になる。
そんな私から生まれた2人の子供だが、上の子も並。
まぁ別に気にもしてなかったんだけど、下の子は違った。
男の子なんだけど、親目線からしても運動に関してのセンスがかなりあるほうだと思う。
ちなみに主人もまともな運動は部活くらいしかしたことがなく、少し短距離走が早い程度。

・3歳の頃、義親に預けて二時間程買い物に行き、帰ってきたら補助輪なしの自転車を乗りこなす。
練習することもなく、補助輪外してすぐに普通に乗ってしまったらしい。

・5歳で跳び箱を7段飛ぶ。
体操教室のコーチ曰く、怯える素振りが全くなく加速MAXで飛んでしまうらしい。

・運動会のかけっこもぶっちぎりの1位。

さっきまで補助輪付けて自転車こいでた息子が、快速で補助輪無しの自転車で出迎えてきたときの衝撃は結構なものだった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ind9875ex
326: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/27(土)22:28:59 ID:qEJ
今夜は嫁さんが同窓会で出かけていない
息子も6歳になったことだし、そろそろこの気持ちがわかってくれるだろう
今が頃合いか?
というわけで、普段の料理と違って父ちゃんの真の力を開放する!

ヒャッハー!漢飯(おとこめし)だぁ~!
肉!、何がともあれ肉!鉄板焼きだ!
安い肉だけど事前に筋切りしてジップロック湯煎したステーキ!
当然焼き方は血のしたたるレアだぁ!!...と思ったけど幼児にはまだ早いか?もうちょっと焼くか
野菜なんて無駄無駄無駄! 漢の晩餐には相応しくない!
ただし、牛角風塩キャベツは別だ!父ちゃんの秘密の隠し味はしいたけ茶だ
そして〆は父ちゃんが独身の頃から改良を重ねて来たガーリックライス!
結婚する前の母ちゃんもこれで落としたんだぜ!

はははははっ!どうだ息子よ、これが男の料理だぁ!!!




って感じでハイテンションだったんだけど、子供を風呂に入れて寝かしつけた
今酔いが醒めたw
嫁さんに怒られないように洗いものの後、テーブルの油跳ねを拭いて
部屋の中ファブリーズしているところw

息子よ、男は最高だけど男はつらいのだ

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (46)

695: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/04(金)21:56:26 ID:cHK
愚痴です。
3歳娘が偏食酷くてつらい。魚も野菜も肉類もあまり食べれない。
そんな娘が「ミートボール食べたい」言ったから
頑張って作った
お腹すいたーって急かすもんだから炊きたてのご飯諦めて
冷凍ご飯チンして急いで用意したのに全然食べない。
食べなよ。って声かけると「もうっうるさい」って言われて
挙句の果てには「もういらなーい。ご馳走さま。おやつ欲しいー」
ミートボール手をつけないで終わる。
ブチ切れた。苦労して作った晩御飯を食べないとは何事じゃーって
もうおやつやらん!って怒鳴る。
娘ギャン泣きで謝ってくるけど、イライラ止まらなくて部屋に引きこもった。
味もおかしくないはず。下の子一歳はもっともっとって催促するし、
旦那も美味しいって言ってくれる。
何だろう?何がいけないんだろう。
小さい頃からアレルギーが怖いもの以外は食べさせてきたんだけど、
2歳位から多くのものを拒否される・・


ああ・・こうやって世のお母さん達は頑張っているんだよね。
私も小さい時偏食酷かったってお母さんから言われたなあ。
ごめんねお母さん。貴女の苦労を今身に染みてるところだよ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

150404278122_TP_V
56: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/14(木)16:04:48 ID:4hM
デブ過ぎて娘に怪我をさせてしまったことがある
とても不甲斐ない話なんだが娘が小さい頃は身長173センチで100キロ以上あるデブだった
会社の健康診断でちくちく注意されていたがあんまり気に留めてなかった
娘がプーさんみたいって喜んでくれてたから調子に乗ってデブのままだった
だがある日俺が帰ってきた時に「おとーさーん」と娘が飛びついてきた
受け止めてやろうとしたんだが反応が遅れて娘を腹肉で弾いてしまった
弾かれた娘は運悪く後ろにあったテーブルに頭打ち付けて流血沙汰
びっくりするくらい出てきた血に一瞬で血の気が引いた
嫁に泣きながら怒られ泣き喚く娘を背負って病院へ駆け込んだのが本当に修羅場だった
本気で痩せなければとその時遅まきながら決意して数年がかりの地獄の減量生活送ったのも修羅場だった

この記事の続きを読む >