鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

2017年08月

 (0コメント)

shutterstock_116386780
123: 1/2 2013/11/19(火) 09:57:46.29 ID:/NUXfpPo
うちの母親はタクシードライバーをしている。
というのも両親が離婚して、当時小学生&中学生だった私と姉を育てるため。
朝6時に家を出て翌朝6時に帰ってきて、その日は一日殆ど寝て、次の日また出勤。
とても大変な仕事だと思う。
だから私も一所懸命勉強しいい大学にいっていい会社にいって母を支えようと頑張った。
けれど大学院に進学したら「頑張りすぎ」で鬱になってしまい、ここ数ヶ月は自宅療養。
一人暮らししていた家を引き上げて実家に帰ったが、とても居たくない。
居たくない。実家に居たくない。実家を離れたい。
なんでこんな風に考えるんだろう?と時間をかけて考えてみたら、
「ああお母さんが私を独りにしたからだ」と気付いた。

母は、この十年間程で三人の男の人と付き合った。
再婚するかも~♪と連れてきたことがあるひとが三人というだけでもっといるかもしれない。
そして彼氏のできるたびに、弁当を作って届けたりデートだ旅行だと家を空けていた。
中学生のとき、風邪をひいているのに彼氏を優先されたこともあった。
中・高のお昼はコンビニだった。
夕飯は学校に行っている間に作られたものを独りで食べていた。
小学生のころから姉はバイト、母はデートで私は家に独りが殆どだった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

67d2df26
8: 可愛い奥様 2011/11/24(木) 00:50:29.27 ID:qN45KmTP0
ここだけの話なんだけど、私はお金にだらしない… 
別に借金してるとかは無いんだけど、食費もかかるし、ネットでの買い物も大好き。 
他のスレで米代込みで夫婦二人なら2万5千円とかっての見たけど 
うちはゆうに2倍以上かかかってる(外食費はもちろん別) 
どうしてみんなそんな生活が出来るんだろう…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

f8a9d2ce
637: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)16:18:10 ID:H8Z5Ei2nC
一年くらい付き合った会社の同僚の男性に、「うちの実家来ない?」と言われて、ひどい目に合ったことがある。

彼と待ち合わせて、手土産下げて行って、玄関から笑顔で出てきたご両親に「初めまして、○○です」と挨拶。
が、シカト。
両親、彼にだけ「おかえりー」と。
「挨拶の声が小さかったかな?」ともう一度大きな声で言うと、睨まれた。
彼、全く気にしない模様。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

0e782e13
132: 名無しさん@HOME 2012/07/19(木) 23:50:15.41 O
妹がまともに仕事をしないで私に寄生しています。 
一応、2万円家に入れてもらってはいますが… 
家事もしないし、自分のペットの世話すらせず、一日中、ネット。 
腐女子で少ないバイト代は同人誌とイベントに浪費しています。 
以前、家賃の振り込みを頼んだら遣い込みされてました。 
好き嫌いも激しく、お菓子やパンばかり食べています。 
高い食材を使った料理なら食べますが… 
両親がいないので、家族は妹しかいないので、縁を切るわけにもいきません。 

最近は一日中クーラー使ってるので電気代が怖いです。 
かなりピザなので、暑いみたいです。 

私が口煩いせいか、最近は別居して生活保護受ける! 
と言い出す始末です。 

因みに妹は40です。 
私もバツイチで偉そうな事は言えませんが、どうにかマトモになって欲しいです。 
もう手遅れですかね…

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

gatag-00003515

824: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/23(木) 00:51:58 ID:E37YlODO
彼氏が「今日の夕ご飯はこれにしよう」と卵を10個買って私の家にきた。
何か卵料理でも作ろうとしてるのかと思っておとなしく見ていたが、塩を用意して「さあ食べよう。もうすでに茹でてある卵だから大丈夫だよ(はぁと」
とテーブルの上に卵を全部並べた。こいつ頭大丈夫かと思ったのもつかの間、彼が卵を剥き始めた。
すると卵からものすごい異臭が。彼が剥いた卵から出てきたのは孵化直前の鳥だった。
「うわああああああああああああああ」と叫んで飛び上がる私。すると彼氏が
「これはバロットって言うんだよ!孵化直前のアヒルの卵をゆでたやつだよ。アメ横でフィリピン人にのせられて10個買ってきたんだ。」
と言いながら次々と卵の殻を剥いていった。テーブルの上には刺激臭を放つ10羽の孵化直前のドロドロした鳥のようなかたまり。
彼氏が嬉しそうにひとつづつそれをむしゃむしゃ手づかみで食べていくすがたはまるで地獄絵図のよう。
食べ終わりゲップをした彼からはこの世のものとは思えないようなにおいがした。私はひとかじりでギブアップだった。
それから数日間は部屋に何かが腐ったような臭いがこびり付いてとれなかった。
バロットを日常的に食べてる国の方達には本当に申し訳ないんだが、あの光景を思い出すたびにだんだん彼への気持ちが冷めてしまったよ。

この記事の続きを読む >