鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

2014年09月

 (6コメント)

385: 名無しの心子知らず 2013/06/14(金) 13:53:36.00 ID:VCM3q6+A
自分は被害を受けてないし、周りにはとても言えない内容だけど
絶対に絶対に基地だと思うので書かせて下さい。

学生時代の女友達Aは、お互い近い時期に結婚妊娠出産して
住んでる地域も近かったのでなんとなく仲良くしてた。
ある時から、A旦那が浮気してるっていう相談を受けるようになった
子供も小さいしそれ以外は不満が無いから離婚はしない、
そもそも自分が妊娠以来セックス拒否してるから文句言い辛い、
というような内容で、私としては何とも言いようがなかった。
A旦那は次々に付き合う女性を変えるらしく、
それでテンション保っているので家庭自体は円満だと。
円満なの…?と心配すると、金銭面でも助かってるって言う。
どういう事か聞くと、慰謝料請求してるんだって。
旦那が彼女に飽きてくる頃を見計らって彼女に内容証明を送る。
相手はビビって払ってくる。旦那もプリと上手い事別れられる。
これを繰り返しているそうだ。
慰謝料ってね、100万とか言うと払わなかったり揉めたりするけど
50万くらいならサクッと払うんだよ。コツがあるの。
とAはいう。これはA旦那も勿論分かっている事だけど、
二人で共謀してるわけでは無く、その件に関しては家庭では不問、
貰った慰謝料を寄越せとも言われないそうだ。
だからそのまま家計に入れてるって。
今まで(結婚して5年)に一千万以上せしめているそうで、
Aにとっては「主婦の臨時ボーナス」扱いなんだって。
旦那が浮気してるの耐えてるんだからこのくらい良いでしょって。
こういう家庭もあるよねって。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

965: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/07/08(木) 10:56:31
昨晩、離婚を決めた。
10年以上連れ添ったのに、結末は呆気なかった。

浮気をした嫁には何の未練もないが、子供達の事を考えると切ない。
子供達は小学生なので、争っても親権は取れそうにないので諦めている。
(面会を充実させたほうが得策と判断した)

ただ・・・
俺と一緒に買った仮面ライダーのカードを大事そうにする息子を見て、トイレで泣いた。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

693: 愛と死の名無しさん 2013/12/28(土) 19:10:51.91
自分の結婚式

自業自得なんだけど20代前半で職場不倫
奥さんにバレて相手は離婚、私は退職、相手は左遷。
奥さんが手回しすごい人で、私の親戚にまで話がまわってしまった。
奥さんはとにかく私の何もかもを調べ上げてた。
怖くて言われるがままの額の慰謝料払って、何もかも捨てて引越しした。

新しい土地で出会いもあり、結婚が決まった。
結婚相手や新しい職場の人には
「ストーカー被害にあったので引越しして昔の知り合いとも連絡をとっていない」
と説明した。

結婚式当日、奥さんからの祝電が読み上げられた。
普通の文面だったけど、見つかったとか驚きよりも
逃げられないんだという絶望感で泣いた。

結婚相手とかは昔の知り合いの電報に感動して泣いたんだと思われてる。

「たとえ、それがリモコンの赤外線からの接続でも。ネットに接続したらあたしはあなたにたどり着くよ」
っていうような事を言われたけど
オタクストーカーキモいって、不倫相手と当時は笑っていた。

きっとこの接続も監視されてる。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

11: 名無しさん 2014/04/20(日)13:11:39 ID:NAAJpN3ql
夫に毒を盛った事がある。

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

330: 名無しさん@HOME 2014/01/25(土) 12:36:36.59 O
旦那が浮気して離婚した。
ちょうど旦那親の介護が終わってから離婚を言い渡された。

四十代後半のオッサンが二十歳そこそこの子に言い寄られたのがそんなに嬉しかったのか、
「彼女は妊娠してる、いさぎよく身を引け」と偉そうにほざいてた。
「若い子は心も体もピュアだ、俺も彼女といると若くなれる」
「若いって素晴らしいぞ。お前にはないものだ」
「お前みたいなおばさん相手じゃもうたたないんだよ」
私は旦那より年下だし旦那が初めてだったんでこの罵りざまにはショックだった。

高校生と中学生の息子二人はどう育て間違ったのか、
「男の浮気は本能」「若い方がいいのは仕方ない」
「家事育児介護にかまけて女子力衰えた」と旦那寄り。
男尊女卑気味な土地柄と家庭ではあったけどまさかここまでとは…悲しかったが、
小学生の娘二人は「パパもお兄ちゃん達も頭おかしい!汚い!」
と泣いてくれたのであっさり持ち直せた。

この記事の続きを読む >